常に指名が入っている売れっ子風俗嬢もいますが、極稀です。通常は待機する時間の方が長い場合がほとんどです。待機中の風俗嬢はいつ指名が入るか分からず、待っていなければいけませんし、指名が入ったらすぐに準備をしなければなりません。
接客と待機を繰り返す風俗嬢ですが、効率的な待機部屋での過ごし方はあるのでしょうか?

待機時間は寝る風俗嬢が多い

風俗嬢はお客さんが来なければ仕事がありませんので、その間は待機部屋で過ごさなければいけません。上手く待機時間を有効活用することが風俗で稼ぐポイントです。それでは、風俗嬢はどのようにして待機部屋で暇を潰しているのでしょうか。
仮眠をとっているタイプの風俗嬢は多くいるでしょう。風俗の仕事は体力を使います。短時間に集中して働くことになりますし、もちろんサービスに神経も使います。プレイに慣れないうちは余計に疲れやすいです。体力に自信がある女性であっても精神的な疲労は抑えられませんから仮眠ができる環境があれば、休んでおくのは確かに得策でしょう。
また若い頃に風俗を経験して、何年もブランクがある方は要注意です。再び風俗に出戻りした場合、当時の感覚で仕事をしてしまうと体力が続きません。体力を過信しないようにし、上手に待機時間を上手く使いましょう。
ただし、仮眠をとる際に注意したいのが身だしなみです。横になると髪の毛がぼさぼさになったり、顔がむくんだりしてしまいます。携帯用の寝癖直しなどをしっかり用意しましょう。
また、照明がきついようであればアイマスク、話し声が気になるようであればイヤホンや耳栓を準備しておくと安心です。

集団待機とはどういった環境なのか

風俗業種で最もポピュラーなジャンルがデリヘルです。固定の店舗を持たない形態のため待機所は集団待機となることが比較的多いです。また、待機部屋は事務所を兼ねていることが多くあります。はじめてデリヘルで働く場合には驚いてしまうかもしれませんので、覚えておきましょう。
集団待機とは一つの広い部屋で出勤している複数人の風俗嬢が待機をするスタイルです。もちろん、ギューギューに押し込まれているわけではありません。余裕のある広さですから、窮屈さは感じないでしょう。ただ、周囲にはキャストがいますから、最低限のマナーを守らなければなりません。
さらに注意したいのは音の問題でしょう。
電話はほかの女性にとって気になる音ですので、外に出るなどの工夫をしましょう。また、室内は禁煙となっていることがほとんどですから、タバコを吸う場合には所定の場所にいくようにしましょう。私物の管理も注意が必要です。同僚とはいえ、普段は会話をするような関係ではありませんので、他人と思っておく方が良いでしょう。慣れてくると、油断をしてしまうかもしれませんが、念のために貴重品は必ず肌身離さず管理することをおすすめします。もし、モノをなくしたときに無用なトラブルを避けることにもつながりますので、ルールとしている事務所もあります。
風俗で働く女性の多くは、同じお店の女性と仲良くなることはありません。そのため、「集団待機は他の人と話さないといけないから気まずい」と考える必要はありませんので安心してください。もちろん、逆に情報収集や殺伐とした雰囲気が苦手と言う方もいると思いますので、待機所の雰囲気について気になるようであれば面接で聞いてみるのも選択肢でしょう。

個室待機とはどういった環境なのか

デリヘルなどの無店舗型風俗店でも、最近では個室待機が増加しています。個室待機とはカーテンやパーテーションで仕切られた個人用のブースがあり、その中で待機をするスタイルです。これはネットカフェのブースと同じようなものと考えましょう。
周囲を気にする必要がありませんので、ひとりでのんびりと待機ができるのがメリットです。個室待機であれば仮眠も快適になります。このブース内の設備はお店によって異なり、テレビやDVDプレイヤーが設置されていることがあります。もちろん、簡易的なものであれば持ち込みもできますから、ひとりで時間をつぶすのであればストレスはありません。
個室待機を好む女性が大半ですが、個室の設備を用意する店舗側でも難しく、現状は少ないのが実情です。複数の風俗店を経営する大手風俗グループの場合は設備が整っていることも多く、個室待機であるケースも珍しくないです。
お店によっては、ネットカフェ待機や自宅待機が可能な場合もありますので、面接の段階で確認をしておきましょう。

店舗型風俗の待機について

デリヘルやホテヘルはお店にプレイルームがありませんので、指名を待つ女性は待機部屋で待機をしています。しかし、店舗型ヘルスやソープランドは店内にプレイルームがありますので、女性は部屋の中で待機をするのが基本です。風俗嬢一人一人に部屋が与えられていますから、周囲を気にすることなくリラックスできます。集団待機が苦手な女性は店舗型を考えるのも良いでしょう。
とはいえ、プレイルームで待機中に部屋を散らかすのはNGです。接客をする場所ですから清潔感を保つように心がけ、臭いがするようなものを広げたり、お菓子を食べ散らかしたりすることには注意してください。また、プレイルームが喫煙できるかどうかは事前に聞いておくようにしましょう。
ずっとプレイルームで時間を過ごさなければなりません。ソープランドであればある程度の広さがありますが、店舗型ヘルスは非常に狭いプレイルームもありますから、かえって落ち着かないこともあるかもしれません。状況に応じてスタッフに確認を取ったうえで外へ数分出るといったことを許可してくれるケースもありますから、臨機応変にリフレッシュしましょう。

人に迷惑をかけなければ問題無し

待機中は基本的に人に迷惑をかけなければ何をしても問題ありません。そのため、マンガを読んだりゲームをしたり、さまざまな暇つぶしができます。最近はフリーWi-Fiの飛んでいる待機部屋も増えているので、スマートフォンで動画を観ても良いでしょう。ただ、楽しむ場合は必ず忘れずにイヤホンしましょう。学生の風俗アルバイトであればレポートや課題を進める方もいます。
コンビニ弁当やパンなどで食事をとることもできますが、ニオイ問題が発生します。香りの強い食べ物は周囲に迷惑をかけてしまう可能性がありますので、注意しましょう。
風俗では基本的にキスがプレイに含まれているので、キツイ匂いはお客さんに嫌がられてしまいます。そのため、カレーライスや餃子など臭いの強い食べ物は避けましょう。
また、プレイルームでの待機であれば歯を磨いても空間にニオイが残ってしまいます。指名が入るタイミングも読みづらいため、サンドイッチやおにぎり、パンといった手軽なものに留めておくと安心です。

ブログやツイッターを更新する

せっかくの空き時間ですからブログやツイッターの更新をするのも選択肢の一つです。Wi-Fiを完備した待機部屋は多いので、手軽に更新することができます。ブログやツイッターをチェックして女性を指名する風俗ファンは多いので、これらの更新は稼ぐ上で欠かせないことなのです。
例えば、出勤時にツイートをする習慣をつけていると、予約までの時間が短くなるかもしれません。また、出勤日自体を告知していれば、先にスケジュールを埋めて効率的に稼ぐこともできます。こういった工夫は収入にも直結しますから、マメに行っていきましょう。
そして、何を書いて良いか分からないという方もいますが、そんな時はどうしたら良いのでしょうか。そこで最もおすすめの方法は、プレイ後にプレイの感想を書くことです。「プレイの感想をブログに書くからチェックしてね」とお客さんに伝えましょう。これによってブログを読んでもらえます。そして、自分のことを書かれることは嬉しいものなので、再び指名してくれる可能性が高まります。ただし、ブログ内でお客さんが特定できる内容は絶対に避けてください。

指名が入ったらどうするのか

待機中はあくまで待機。お客さんがついたらお仕事の開始です。この際に、改めて身だしなみ以外にもチェックすべきポイントがあります。ニオイは、特にタバコを吸う女性は注意してください。必ずマウスウォッシュでうがいをしましょう。そして、服や髪の毛にタバコのニオイがついていることもありますので、消臭スプレーでニオイを消しておくほうが無難です。細かい部分で評価を下げてしまってはもったいないでしょう。

まとめ

一般的に集団待機と個室待機の二種類があります。集団待機は大部屋で一斉に待機をするもので、個室待機はネットカフェのブースのような場所で待機をするシステムです。それぞれの特徴がありますので、覚えておきましょう。また、面接の際はどっちなのかを確認しましょう。待機中は周りへの迷惑が及ばなければ規制はありません。ニオイや身だしなみには十分注意しながらリフレッシュの時間を確保しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする