ソープの面接は30分くらい?落ちる時はもっと早い?

どんな仕事でも面接に行くときは緊張するものです。
面接に行く前にある程度の情報がわかれば安心します。

風俗の仕事でソープの面接は一体どのくらいの時間がかかるのでしょうか?
採用か不採用かはすぐにわかるのでしょうか?
今回は風俗でもソープでの面接についてアレコレ検証してみました。

ソープ店の種類って?

質問ソープの面接ですから、ソープ店にはどんな種類があってまたどんな違いがあるのか見てみましょう。
まずランク別では高級店・大衆店・格安店に分かれています。
そしてコンセプト別では人妻/熟女系・コスプレ系・カジュアル系・ぽっちゃり系・巨乳系・SM系などがあります。
ランク別のそれぞれの違いを簡単に説明します。

*高級店:風俗の王様の中でもトップに君臨している高級ソープ店は在籍女性も提供されるサービスもお客が支払う料金もどこよりも抜きん出ています。
接客時間は120分が普通で女性の採用基準もかなり高くなっています。
*大衆店:高級店に比べお客はリーズナブルな料金でそれなりのソープ嬢とプレイができます。
高級店ほど要求される接客内容も厳しくないので高級店よりはずっと気軽に働くことができます。
*格安店:他の2店と比べ接客時間も短くお客が払うプレイ料金も一番安くマットやその他のプレイも省略されてベッドプレイのみのところも多くなっていて、初心者の女性が働きやすいお店と言えます。
お客がついているお店は回転率も高くソープ嬢は数をこなして稼ぎます。

ソープでのプレイ内容について

石鹸ソープの場合はお店のランクによってプレイ内容も多少変わってきますので、ここではそのソープで行われるプレイの数々について説明します。

ソープは「風俗の王様」と言われているように他の風俗との違いは本番がある点です。
これはランクに関わりなくすべてのソープでプレイは本番の性行為までが含まれています。
高級店
*即尺&即入:部屋にお客を迎えたらお客がシャワーを浴びる前にフェラチオしてそのままの流れでベッドに行って1回戦を済ませるのが高級店のプレイ方法です。

*お風呂&マットプレイ:お客の体をソープ嬢が洗います。
そしてお客が入浴している間にマットの用意をします。
その後マットで2回戦となります。
*高級店での本番はNS(ノースキン)でもOKで、スキン着用は任意でソープ嬢の判断に任せられています。

*2回戦が基本なのでプレイ時間も120分以上が一般的です。
大衆店・格安店
*最近はマットなしソープが増えています。
*即尺は以前は高級店だけのサービスでしたが今は有料オプションとしているお店が多くなりました。

*通常は最初にシャワーやお風呂でお客の体を洗うところから始まります。
*お客は本番でペニス挿入時にS着(スキン着用)が義務付けられています。
*プレイ時間は40~80分が一般的です。

面接の流れは?

*面接のアポを取ったら面接当日はほとんどのお店が最寄りの駅から送迎をしてくれます。
*最初にパスポートや免許証など顔写真が入った身分証明証の提示が求められて年齢確認があります。
*お店が用意したプロフィールシートに必要事項(氏名・住所・身長・体重・スリーサイズ・職歴・タトゥーや傷のあるなし・性的特技など)を記入していきます。
風俗の面接では履歴書を持参

する必要はありませんが、このプロフィールシートが履歴書の代わりになります。
*記入が終わるとプロフィールシートを見ながら面接官がいくつかの質問をしていきます。
性的なサービスに関してどんなプレイが得意かどんな嗜好があるかなども質問されます。
*ソープの面接ではその後に仕事内容の詳しい説明があります。

システムや支払い形態などが細かく説明されます。
*通常は採用されても面接時には講習はありません。
講習は実際に仕事に入ってから実施されます。
*昔は面接時に全裸になっての身体チェックがあったようですが、今ではボディチェックの場合は下着でします。

タトゥーや傷がないかどうかを調べられます。
高級店と大衆店ではほとんどの店でボディチェックをしています。
*面接後採用か不採用かはその場で通知されるのが一般的です。
中には「後日連絡します」というお店もありますが、その場合は不採用のケースの方が多いです。

採用が決まると⇒講習⇒体験入店という流れになります。

ランク別による面接内容の違い

ランキング*高級店:採用基準がかなり高い分、面接で採用可否にかける時間は高級店は一般的に長いと言われています。
お店の社長が面接をするケースが多く、富裕層が常連となっている高級店では社長自らが面接で世間話などをしながら女性の対応や受け応えを見て判断します。

面接時間は平均して1時間30分位です。
そして採用が決まってから店のシステムの説明やそのままパネル撮影に移行する場合もあります。
高級店の場合は講習は仕事に入ってからで、かなり厳しく接客やプレイ内容も含め細部に渡って教えられます。
*大衆店:大体平均して1時間位の店が多いです。

面接後の写真撮影まで入れてトータルで長いお店だと2時間以上かかるところもあります。
*格安店:採用率はかなり高く面接自体の時間は一番短く5~20分位が平均です。
余程のことがない限りはほとんど採用されるので、この後にシステムの細かい説明などがあります。
面接は決まった専門の担当者がいる店もあれば、店の社長がする場合と常務や店長がするなど店によって違います。

ボディチェックは特別に女性が担当するお店も最近は多くなっているようです。
面接が終わると全部の店ではありませんが2,000~3,000円の交通費が支給されます。

面接前に注意することは?

*必要書類-年齢確認のため写真入りの運転免許証やパスポートを忘れずに持参してください。

これは必ずどの店でも必要です。
その他住所確認のため住民票や住基カードを要求されることもあるので事前に確認しましょう。
*ボディチェックに備え下着に気を使ってください。
着古したものでなくできれば新品に近いものを着ていきましょう。

*待合室で待たされている間に別室からモニターチェックするお店もありますので、待っている間も見られているかもしれないことを意識しましょう。
*お店側が面接に来た女性に基本的に求めているのは本人のやる気と誠意です。
ですからやる気を持って真面目に仕事をする姿勢を示すことが大切です。
*ソープでも各店によって様ざまなコンセプトを掲げていますので、事前にお店のホームページを見てチェックして自分の特性が生かせるお店を選んで行った方が採用される確率が高くなります。

*ソープの面接では以前実技講習と称して面接官がそのまま性行為に及ぶケースがありましたが最近は減っています。
お店のホームページでそのようなことはないと明記しているところもあります。

まとめ

ソープの面接時間に関してはお店によってそれぞれ違います。

またその日に採用の可否を告げるお店がほとんどですが、中には「追って連絡します」というお店もあります。
その場合もだからといって不採用かというとそういこともないようなので、こればかりは本当に実際に行ってみないとわかりません。
ネットの風俗関連の掲示板には、経験者が書き込んだ店名入りの面接時間と採用・不採用などが書いてあるページもありますので興味があれば事前にチェックして見てください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする