ソープに応募するならどの方法が好ましい!?

どんな職種であれ職探しをしていて気に入った職場が見つかれば面接に行きます。
まず最初にすることがその面接に関してのアポ取りになります。

風俗の職探しでソープに応募するときもそれは同じです。
一般的にどのような形態で面接アポを取っているのでしょうか?
ここではソープ面接時のアポ取りは電話かメールかに始まって、応募方法や面接までの流れなど全般を検証していきます。

風俗の求人の方法は?

インターネット最初に風俗業界で仕事を探すとき一般的にどのような方法で探すのかをご案内していきましょう。
風俗での求人はインターネットで探します。
「風俗 求人」「風俗求人 スカウト」で検索するかあるいは風俗ジャンル別で検索するとそれぞれものすごい数のサイトがヒットしますので、まずはそこから探し始めます。
それでも膨大なヒット件数の中から自分にあった情報を見つけるのはかなり大変なので以下の方法を試してみます。

*求人情報サイトから検索してお店を見つける。
*スカウトサイトに登録してスカウトメールのオファーが来るのを待つ。
*直接お店のホームページの求人欄から応募する。

各求人方法

この項では上記でご案内した各求人方法の具体的な流れをご紹介します。
*求人情報サイト:全国規模の風俗の求人情報が載っている総合求人サイトです。
いちごナビ全国規模2,700件
高収入求人情報 バニラ全国規模2,200件
365日マネー女子宣言全国規模
2,800件
などがありますが、どのサイトもエリアを選んでそこから業種別やコンテンツ別、給与別など細
かい検索条件を入れて探すことができます。

気に入ったお店が見つかったら応募のページか
ら必要事項を記入して送信します。
*スカウトサイト:本名でなくても仮名で希望条件等記入して登録しておけば、あとはお店側か
らスカウトメールが来るのを待つだけです。

スカウトサイトでも求人サイト同様自分で探すこと
が可能なサイトもあります。
Qプリ全国規模1,500件
ぴゅあじょ全国規模2,082件
スカウトパラダイスMotto全国規模
1,000件
*直接ホームページを見て応募:こちらのケースでは各お店のホームページ「コンパニオン募
集」ページから応募する方法です。

お店の応募担当者に直接電話するかあるいはメールで質問して面接日等を調整します。
初めてだといろいろ不安で電話で面接アポを取るのでさえ
ちょっと怖いと感じてしまうこともあるかもしれませんが、電話の方が簡単だし、面接に行く上で聞きたいことも直接聞けて話は早いです。
またそのときの担当者が電話で感じがいいかど
うかである程度お店について判断もできます。
応募の担当者がそのまま面接担当というケー

スもありますので、電話での応対もきちんとしてください。
またそのとき丁寧に応対してくれるかどうかもしっかりチェックしておきましょう。

求人サイトを使うメリット

Ok, Goodこれだけインターネットが普及して日常の様ざまなケースで頻繁に使用されるていることを考えるとどんなビジネスであれ、サイト上で嘘を書くのは以前よりも難しくなっています。
今ではどんな情報も瞬時のうちにネット上に現れ、不都合があったときの炎上も早いですから、そう簡単に嘘偽りを掲載できなくなっています。
風俗の仕事を探すときは職安のような公の場で探したり知人に頼んで探したりもできませんので、やはりネットを通して探すのが一番です。
そんなときに風俗求人サイトを利用して探すのはとても便利です。

まず幅広く探せること、自分の希望しているジャンルが見つけやすくなっていること、決めるのに細かい情報をネットで見ることができるなどがメリットとして挙げられます。

スカウトマンの時代は終わった

昔は風俗嬢といえば繁華街を徘徊しているプロのスカウトマンにスカウトされるケースが少なからずありましたけれど、スカウトマンの数は年々減少しています。
スカウトにはお店から15~20%バックが支払われ、スカウトで入店した女性は雑費で5%くらいは毎回スカウト代として余分に引かれるそうです。

いずれにしても現代はこれだけネットが普及しているのですから、仕事探しもそれを使わない手はありません。
ネットを大いに活用しましょう。

ソープ面接から入店までの流れ

ここでは働きたいソープが見つかってから面接までこぎつけて入店するまでの一連のプロセスをご紹介します。

*まずはお店に連絡して面接日を設定してもらいます。
そのときに必要書類やお店への行き方などを聞いておきます。
ソープの面接ではお店から最寄り駅へ迎えの車を出してくれることが多いです。
特に東京吉原ソープ街は一番近い駅からも歩いて10分以上かかるので普段ソープ嬢たちの送迎をしていなくても面接時は迎えに来てくれるお店が多いようです。

*面接日時が決まったら当日は遅れないようにしっかり時間厳守していきましょう。
最初は特に肝心です。
*お店につくと始めに写真付き身分証明証の提示が求めれて年齢確認がなされます。
それが済んだらお店側が用意したプロフィールシートにいろいろ記入していきます。

ソープに限らず一般的に風俗店の面接では履歴書を持参しない代わりにこのプロフィールシートが履歴書代わりになります。
風俗の場合は身長・体重に加えスリーサイズや性的な質問(性的嗜好や性的特技など)の答えも記入するようになっています。
答えがすぐに書けるように事前に頭に入れておきましょう。
*ボディーチェックはほとんどのお店で下着でのチェックをしています。

これは服を脱いだときの感じを見るためとタトゥーや傷跡などのチェックのためです。
*仕事内容やお店のシステム・給与体系などの説明があります。
*そのまま採用されて体験入店のケースもあれば、「採用可否は後日」のケースもありあくまでもお店次第ですが、全体的には採用の場合はその場で不採用の場合は後日連絡というケースが多いようです。

面接での注意事項

面接ソープの面接を受けるにあたって注意すべきことをあげてみましょう。
*服装は派手すぎず地味すぎず、女を売る職業ですからぢらかというと女性らしさが出せる服
がいいですね。
化粧は濃すぎないように、でもしっかりとしていきましょう。

*ボディーチェックに備え見栄えのする下着を付けていきましょう。
できればブラとパンティセットになっていてセンスのいいデザインのものを。
初めての面接でボディチェックは恥ずかしいかもしれませんが、でもお店側からしたら必要なことです。
*笑顔を忘れずに。

リラックスして面接に挑みましょう。
*質問にはハキハキと大きな声で答えましょう。
*自分の売れるもの、何かセールスポイントがあったらしっかり強調してください。
ここで遠慮などしていたらダメです。

*なぜソープの仕事がいいのかその理由をはっきりと言いましょう。
それが給与面であれ仕事内容であれ、その理由で自分がソープで働きたいのでということを明言してください。
*土日出勤ができたらその方がベターですから、面接時に週末出勤可能を言ってください。

まとめ

ソープの面接だからといって特別構えることはありません。
自然体で面接に挑めたらそれが一番です。
そしてまたもし1店目で採用されなくてもめげずに次の店舗に挑戦してみましょう。
求人サイトを見ればわかりますけれど、風俗業界では年中どこかしらで必ずコンパニオンを募集していて、常に扉は開かれていますから安心してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする