リスカ常習犯の風俗嬢は大体かまってちゃん

リスカをする風俗嬢は多いものですが、ちょっと注意をしてみると特定の特徴を持っていることがあります。
見るからに「メンヘラ」という特徴だけではなく、意外にも感じられる特徴を持っていることもあるので、簡単には見分けられません。

リスカ常習者はかかわりを持つと周囲にも影響を及ぼすことがあるため注意が必要です。

メンヘラで真面目?風俗にいるリスカ常習者の特徴

チェックリスト風俗嬢に多いリスカ常習者や過去にリスカをしたことのある女の子たち。

リスカというと、「メンヘラ」で精神的に常に不安定であるイメージを思い浮かべますが、意外とそんな分かりやすい特徴を持っている人は少ないものです。
どちらかと言えば、その反対の顔を持っています。
しかし、ふとした瞬間にリスカ常習者の特徴が見えることがあります。

分かりやすい特徴は傷跡

リスカをする風俗嬢を見分ける最も分かりやすい特徴としては、リスカの傷跡があります。
手首や腕などに横に入った傷はリスカ特有の傷となります。
しかし、実際には長袖で隠していたり、目立ちにくいテープなどで隠していることが多く、見つけることは難しいかも知れません。
風俗嬢同士よりもお客さんの方が裸を見たり、至近距離で肌を見ることも多いため、発見しやすいでしょう。

社会性もあり仕事熱心で真面目

リスカをする風俗嬢は、見た目でリスカ跡が見えなければ、会話や接する態度などからは発見できないかも知れません。
リスカをするのだから見るからに「メンヘラ」だろうと考えるのは間違いです。
一般的に多くのリスカ経験者の女性は、社会性もある程度あって、仕事熱心だったり真面目な人なのです。

会話もまともですし、反対に優しくてよい人という印象すら受けるかも知れません。
もちろん、風俗の仕事でも手を抜かず、丁寧に接客をします。

ちょっとしたことを深刻に捉えがち

リスカをしてしまう女性の特徴は、ふとした瞬間に出てきます。

普段は回りに内面を見せませんが、ちょっとした瞬間に不安定になったり深く思い悩んでしまうことがあります。
真面目さゆえに、どんどん悪い方へ考えを進めたり、つまらないことでも余計な不安を高めます。

明らかなメンヘラは少ない

リストカットをしてしまうのは、ストレスや辛い気持ちを人に隠れて緩和しようという気持ちが関係しています。

そのため、明らかにメンヘラと分かるような態度や仕草を見せる人はあまりいません。
反対に、他人には良い自分を見せようとしていることでリスカの衝動が出てしまうのです。

実は不安でいっぱい?リスカする風俗嬢の本音

吹き出しリスカをする風俗嬢は、見た目の特徴はあまり見られませんが、内心には大きな不安や精神的不安定を抱えています。
そういった底知れぬ不安を抱えている風俗嬢の本音を見てみましょう。

自分は商品だと分かっているが止められない

リスカをしてしまうことは、風俗嬢としての商品価値を傷つけています。

風俗嬢は男性から選ばれる商品でもあり、容姿を注目されがちです。
そのため体に傷があると売れにくくなります。
しかし本人にその自覚があっても、不安の方が大きければリスカを止めることができません。
大衆店だけでなく高級店でもリスカを繰り返してしまう嬢はいて、たびたび指導を受けることもあります。

風俗の仕事に先行きの不安を持っている

リスカを続ける風俗嬢の中には、自分の仕事に対して将来的な不安を抱えている人もいます。
風俗の仕事は不安定なうえに、人には言えずキャリアとしても使えません。
お金のためにやむなく始めた場合には特に、その不安感が大きくなります。

そんな不安感に耐え切れず、リストカットの痛みで感情を紛らわせます。
人間は体に傷をつけると痛みを感じないようにドーパミンなどの特別な物質が脳から分泌されます。
それによって一時的な苦しみが緩和されて不安感が解消されるのです。

ホストに熱を上げて風俗入りしたことを後悔

リスカをする風俗嬢の中には、過去にホストに入れあげて貢いでしまった経験がある人もいます。
ホストへの一時的な感情で、風俗入りしたことを深く後悔したり、過去を振り返ったりしています。
その後悔がリスカに走らせているかも知れません。

風俗の客にも精神的に依存

リスカをする女性の多くは、不安から逃れるために男性に依存したり、そもそも依存傾向が強い人となります。
そのため、リスカ跡のある風俗嬢は来店するお客さんの中に自分を気遣ってくれる人や気に入った人を見つけると、執着してしまうケースもあります。
交際を迫ったり振られて不安定になるなど、仕事でもトラブルの原因になりかねません。

メンヘラでリスカ常習の嬢を見つけたらどうする?

質問メンヘラでリスカをしている嬢は、見た目の特徴では分かりませんが、ふとした瞬間に分かってしまうことがあります。
そういった嬢を見つけたら、どのように対応をすればよいでしょうか?

できれば関係を持たないように

リスカをしている嬢は、表面的には優しく、良好な関係を築けそうに感じられます。

しかし、内心の本音は精神的に不安を抱えており、執着心も強いため、あまり深い付き合いをしないように心がけましょう。
あまり情緒不安定な子と一緒にいると、こちらも気がめいってしまい、病んでしまうこともあります。
実質的な感染などはありえませんが、知り合いがリスカをしているのを見て自分もやってしまうなど、気分的にうつってしまうことはあるものです。

下手な干渉は迷惑に

リスカ嬢にとっては、同僚の嬢からの気遣いや働きかけがかえって迷惑に感じられることもあります。
いろいろと気遣われても本人にとっては単なる干渉に過ぎなかったり、反対に追い詰められているかも知れません。
また、普通の女の子であればなんでもない会話でも、リスカをする嬢によっては嫉妬心や挫折感、自己否定を強める原因となる可能性もあります。
家族の話をすれば自分の家族と比較し、恋人の話をすれば自分に恋人がいないことを嘆くでしょう。

何を言っても逆効果で彼女の気持ちを助けることはできないと考えておきましょう。

心配なら店長か男性スタッフに言いましょう

リスカをする嬢は、客とのトラブルのリスクもありますし、自分も巻き込まれる恐れもあります。
そのため、放置しておくのも怖いので何らかの対応が必要です。

気になったら、自分で直接対応するのは避けて、店長や男性スタッフに相談しておきましょう。
店長なら指導やシフトの入り方などを調整してくれるはずです。

心を開くのは医師の仕事です

医者リストカットの傷跡を見つけてしまうと同情してしまい、助けてあげたいと思うかもしれません。

しかし、1度メンタルに問題を抱えてしまい、リストカットを繰り返しているような状態になったら、素人が手出しをしても無駄です。
もし本当にその子を助けてあげようと思うのであれば、専門のお医者さんに見せることが必要となります。
自分が声をかけたり、優しく接して心を開こうとは考えてはいけません。
ミイラ取りがミイラになる可能性もあります。

まとめ

風俗嬢でリスカをする人の特徴は、分かりにくいこともあります。
リスカする人には良い人も多く手を差し伸べてあげたいようなタイプも多いものです。
しかし、あえて関係を深くすると自分までメンヘラ状態になるリスクもあります。

風俗業界ではストレスも多く病みやすいので、下手に関わりあって自分を追い詰めないように注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする