中級ソープは風俗嬢のレベル差ってバラバラ?

ソープで頑張ってお金を稼ごうとしたときに、まず考えなければならないのは、どのお店で働くかということですよね。
でも、実はソープは基本的に4つに分類できることをご存知でしたか?
それは格安店、中級店、高級店、超高級店の4つです。

それぞれにお客さんの層も違えば、お客さんのニーズも、したがって提供するサービスやもちろんそれによって得られる女の子の収入も違っています。
でも、その中で、ほどほど大変だけれど、ほどほど稼げる、という収入と大変さのバランスが1番ありそうな中級店が、実は今1番稼ぎにくい、と言われていることもご存知ですか?
ここでは、その中級店ソープの風俗嬢が稼ぎにくい、ということは本当かどうかといったことを検証してみます。

中級ソープとはどういう店か

中級ソープはその名の通り、格安店と高級店の間に位置しますが、実際にどれくらいの料金と値段なのか、そしてどの程度のサービス内容が求められているものなのか、ということをご説明します。

料金とコース時間

時計まずお客さんの払う「総額」がどれくらいか、という比較です。
総額というのは「入浴料+サービス料」のことで、女の子にはこのサービス料から雑費やお茶代などが引かれた残りがお給料として支給されます。

・格安店:3万円未満
・中級店:3~5万円
・高級店:6~10万円
・超高級店:10万円以上

次にコース時間ですが、基本的には以下の通りで、これ以上お客さんが望めば延長料金になります。
・格安店:40~60分
・中級店:90~100分
・高級店、超高級店:110~130分

サービス内容

格安店、中級店、高級店と超高級店では、コース時間が違うので、できるプレイ内容も違います。
またたとえば同じフェラチオをするのでも、格安店と高級店ではその仕方が違うなど女の子のサービスの内容も違ってきます。
まず格安店の場合は、短い時間で本番をしなければならないので、マットプレイや椅子プレイはなく、ベッドでのプレイのみになります。

ソープと言えば潜望鏡や泡洗い、という印象もありますが、これも省略するお店がほとんどです。
ですので、女の子はお客さんに「責めてもらう」ことがほとんどなので、楽と言えば楽です。
中級店はこれにコース時間が伸びてマットプレイが加わります。
だいたいマットで1回、ベッドで1回の計2回の本番をするのが普通です。

潜望鏡や泡洗いなどのプレイもしますが、いわゆる「即即」と言われる、シャワーを浴びずに部屋に入ってすぐにフェラチオ、お風呂の前に1回本番、という「即尺・即ベッド」はありません。
高級店の場合は、まずその即即が必須です。
またアナル舐めや足舐め、さらには女の子がOKすればコンドームをつけずに生で本番をして中出ししてもらうNS(NO SKIN)のプレイをする場合もあります。
そのNSは格安店、中級店ではほぼありません。

ですので、高級店は料金も高く、したがって女の子の収入も多いですが、求められるテクニックやサービス内容はとても高く、お仕事の内容もハードです。

中級店で働くメリットとデメリット

Good, Bad以上で中級店でするお仕事内容はだいたいお分かりいただけたでしょうが、改めて中級店で働くメリットとデメリットを整理しておきます。

中級店で働くメリット

・即即、生本番、中出しがない
・コンドーム着用なので病気の心配が少なく、ピルも飲まなくていい
・高級店ほどの容姿、テクニックはいらない
・高級店のような礼儀作法、会話術などが要求されない
・入店しやすい(面接で不採用になることが少ない)
・本数がこなせるので、頑張れば稼げる

中級店で働くデメリット

・最近、高級店で働けるレベルの女の子や、高級店で働いていた女の子が「高級崩れ」として流れてきているので競争が激しい
・マットプレイがあるので体力が必要
・最近は中級店はお客さんの入りが減ってきている
・意外に客層が悪い。
ガッツキ客が多い

このように中級店にはメリットもデメリットもあります。
それを理解したうえで、ソープ未経験の女の子が中級店に入店した場合に稼げるかどうか、ということについて、次にご説明します。

中級店は稼げるの?

お仕事が大変な割に収入が少ない

中級店の客層は意外に悪いと書きましたが、それは以下のような理由からです。
中級店に来るお客さんで増えてきているのが、格安店よりも高い料金を払っているのだから、ということで中級店なのに高級店並みのサービス内容を求めたり、何回も本番をやりたがったり(ガッツキ客)する人たちです。
中級店で働くのであれば、そういうズレを理解して、ある程度そのういうお客さんに対応しなければなりません。
でなければリピート客をとって、安定して稼ぐことができません。

さらに、中級店ではマットプレイをしなければなりません。
これは慣れるまでは、かなり疲れたり、筋肉痛になってしまうハードなお仕事です。
そういう意味で、中級店では格安店でよりは収入の「額」はいいですが、お仕事の大変さやストレスなどとのバランスで比べると、果たして「稼いでいる」と言えるかどうかは微妙なところです。

高級崩れと格安店上がりに挟まれて、お客さんを奪われる

中級店で働く女の子には3種類あります。
1つは、直接中級店に入店してくる女の子です。
そしてもう1つは、即即やNSなどのプレイをしたくない、もっと気楽に働きたい、といって高級店から移ってきた女の子です。
その中には高級店にいたけれど齢とって中級店に移ってきた女の子も入ります。

そして3つめが、高級店で採用されるほどの容姿はなくても、サービスで勝負してよりたくさん稼ぐために格安店から移ってきた、ハングリーな格安店上がりの女の子です。
高級崩れの女の子は高級店で働いていただけあって、テクニックもありますし、もちろん容姿のレベルも高く、上品な接客ができるのですぐ人気が出ます。
また、格安店上がりの女の子は稼ぐために身体を張ってサービスするのでこちらも人気になります。
中級店で働くということは、この2つに挟まれて、その中で自分を差別化させていかないといけないということなのです。

でなければフリー客が回ってきませんし、ということはリピート客もつかず、結局「お茶嬢」になって稼げないということになってしまいます。
このような理由から、中級ソープの風俗嬢は周のレベル差があり過ぎて稼ぎにくい、ということが言えるのです。

中級店で稼ぐにはどうしたらいいのか

お金 金では中級店に入った場合、どのようにしたら稼げるようになるのでしょうか。

自分の容姿を磨く

格安店には人妻系、ぽっちゃり系、ロリ系などいろいろなコンセプトがあります。
ですので自分の容姿に合ったお店を選べますが、中級店では高級崩れの女の子が基準になるので「容姿が優れていること」そのものがなければ指名してもらえません。
ですので、自分の容姿を磨くことがポイントです。

そのためには、派手ではない、自分の魅力を生かすメークのテクニックを磨きましょう。
また、きちんと美容院に行ったりブラッシングやヘアケアに気を付けて髪の手入れにも気を付けましょう。
さらに、容姿がいいというのはスレンダーということですので、ぽっちゃり気味であればダイエットや筋トレをしてくびれを作ることが大切です。

上品な女性を目指す

格安店ではギャルっぽい女の子のニーズもありますが、中級店、高級店で求められるのは上品な雰囲気で、清楚なお嬢さん風です。
ですので、適度に肌を露出した、優しい色使いのファッションを選びましょう。
さらに、立ち振る舞いも大切です。
笑う、座るなどの時に下品にならないように、ていねいに動きましょう。

また、言葉遣いもあまりフレンドリーにならずにきちんと敬語で話せるようにしましょう。

サービス内容を高級店並みに

さらに1番の売りはやはりソープである以上、サービス内容です。
それをできる限り高級店に近づけましょう。

まず、即即はぜひすることです。
可能ならばNSもできると、一般的にはコンドームをつけてプレイするよりも指名が増えて1.5倍稼げると言われています。
それが無理であれば、マットプレイのテクニックを磨くことです。
お店で講習があればぜひ利用しましょう。

それによって「高級店よりも安く、高級店内並みサービスが味わえる」女の子という口コミが立てば、必ずリピート客もフリー客も増えて、稼げるようになります。

まとめ

いかがですか。
確かに中級店は、高級崩れと格安店上がりに挟まれて稼ぎにくいですが、頑張って自分の売りを作って差別化できればしっかり稼ぐことも可能です。

もしも中級店に入店することを考えているのであれば、それを目指して頑張りましょう。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする