高級ソープは高い下着が基本!細かいところにも気を使う

あなたは仕事の時にどんな下着をつけていますか?

購入する時に気にしているポイントはありますか?
高級ソープ店では大衆店と違って特に下着に力を入れています。
男性から見たらどんな違いがあるのでしょうか?
ソープ嬢、男性両方の目線で考えていきましょう。

下着の値段気にしてる?

財布下着はソープ嬢にとってはなくてはならない仕事着です。
しかし絶対に必要でありながら数が多すぎて良く分からないという女の子もいるでしょう。

あなたは仕事用の下着を買う時に値段をどうやって決めていますか?
ソープ嬢の間では「仕事着だから数を用意する」という意見が割と多くあるようです。
安くて可愛いデザインであれば、使い捨てのような感覚でいつも新しいものが使えますよね。
実際にブラの上からお客さんに胸を揉まれたりすると、繊細な生地は傷みやすくもなってしまいます。

安くても流行の可愛いデザインのものはたくさんあるので安心です。
対照的に、仕事中は値段が高いものしか付けないという高級ソープ嬢もいます。
仕事着=勝負服だからという考え方であれば当然そのようになってきます。
高級ソープ店ではランジェリーのルールが設けられている所があります。

「黒はダメ」「Tバック必須」「ガーターベルト必須」といった条件のことですが、たとえこのような理由がなくても自ら高級なものを用意する風俗嬢は意識が高い傾向があります。
というよりも、普段から意識が高いから下着を含めた全身の隅々まで手入れをしているということのようです。
実際に下着が高級で髪や肌が荒れているソープ嬢などほとんどいません。
それだけ体にお金をかけ手入れをしています。

逆に安い下着だけでいいやと思っているソープ嬢は、意識がちょっと低めのようです。
激安店はそれでも良いかもしれませんが、そうでないなら気にしたほうが良いと言う意見が多くあります。
というのも、安い下着はたとえ男性でも見て分かるからです。
実はある程度男性にも分かるのですが、「どうせ分からないだろう」「手抜きがバレていないだろう」「見ていないだろう」と思っているところが意識の低さなのです。

安い=意識が低いからダメということでは必ずしもありません。
しかし下着はソープ嬢にとって仕事着なのです。
この仕事着を「勝負服」ととるか「作業着」ととるかで意識が変わっていきます。
たとえ風俗のお仕事をしていなくても「高級下着は女に自信を持たせる」と言われています。

肌に近いところに身に着けるものは、それだけ自分が出やすいのかもしれませんね。

お客さんに見られている?

虫眼鏡お客さんに下着を褒められたことはありますか?
「その下着可愛いね」そう言ってもらえると嬉しいですよね。

しかしそれ、本当に褒め言葉でしょうか?
お客さんの中には褒め言葉として使う人ももちろんいますが、「どこを褒めて良いか分からないから言っている」という人もいます。
また「場が和むし女の子を喜ばせたいから言う」というような気を遣って言うお客さんだっているのです。
実はお客さんだって下着を見ればある程度の高級感や安物感は分かっています。

「男性だから分からないだろう」というのはあくまでまだ若い場合だけであり、経験の少なさから来ている考え方です。
しかし高級ソープともなれば、年齢層もぐんと上がり、富裕層であれば目も肥えている男性が多くいます。
女性の高級下着を毎日見るような生活ではないものの、男性は毎日見ていないゆえにインパクトとして覚えています。
前に着ていたものであれば覚えている可能性があるのです。

そして高級店に通うお客さんは、アパレル関係や美容関係のお仕事をしている場合も大いにあります。
ただの下着フェチで覚えているわけではないのです。
美意識の高い世界で働いているお客さんであれば、やはりパッと見た下着の印象である程度の値段が分かるのは自然なことなのです。
このようなお客さんは「この子は下着の可愛い子だなあ」という印象ではなく「この子は下着にも気を遣って前と同じものは絶対につけていない。

熱心で良くできた子だなあ」と言う印象となります。
仕事ができるというイメージとなるため、多くの女の子たちが思っているような表面的な考え方ではなく、もっとディープな印象を持っています。
そんなことを考えているなんて、安い下着を付けている時に気付いたら恥ずかしいですよね。
お店によって客層が分かれるように女の子の考え方も分れてしまうのは、ある意味双方に合致があってしょうがないのかもしれません。

しかし男性はあくまで視覚的な動物なのです。
つまり見た目から入る情報が多いため、下着は気を抜けないアイテムなのだと覚えていた方が良さそうですね。
そんな目の肥えたお客さんを唸らせる高級ソープ嬢は、やはり大切にしているお客さんの前では同じ下着やドレスを付けません。
お客さんがその女の子に一目置いているように、女の子も下着でさりげなく相手を気遣い、お客さんを大事にしています。

やはり思っていることは伝わってしまう、ということでしょうか?
この逆にはならないようにしたいものですね。

下着はどこのブランドがいい?

下着ではどこのブランドがソープ嬢に人気なのでしょうか?

定番のブランドをご紹介します。
安カワ代表は誰もが知っているアモスタイルやピーチジョンです。
アモスタイルは柔らかい色で可愛いデザインが豊富、ピーチジョンはお姉さん系の少しオトナっぽいデザインがあります。
安くてセクシー系ならラヴィジュールが人気です。

ひょう柄などセクシーでワイルドなデザインが多くあります。
どれも2000円代から販売されており、20代を中心に絶大な人気を誇っています。
高級ランジェリーはというと、セクシー系ならサルート、可愛い要素が入ったものならパルファージュ、個性的なデザインならスタディオファイブが定番です。
高級ランジェリーブランドの中でも最高級と言われているのがトレフルです。

一般的な女の子から見れば憧れの下着ですね。
もちろん新人ソープ嬢にとっても同じことです。
しかしビギナーさんならなおさら、先行投資として使ってほしいランジェリーですね。
高級ブランドの価格帯はコーディネートで1万円代からとなります。

「絶対に高級な物しか付けない」と思っていても、やはり安いことに越したことはありません。
同じブランドであれば、ネットで探してみるのも手でしょう。
ネットモールに出店している大手のショップであれば価格が抑えられており、一般的な値段の20%以上も安く買える場合があります。
その分を新しい1枚に回せれば嬉しいですよね。

賢く探してみるのも良い手ですよ。

高級店ならランジェリーの気遣いも必要

やはり高級ソープに勤めているのであれば、高級な下着は必須となります。
逆に言えば高級な下着をつけるだけで自分がワンランクアップするのです。

これほど簡単な印象を良くする方法はありません。
今すぐ出来ることなので、高級ソープ店に勤めているのであれば今すぐやるべきですね。
やはり下着は仕事着であり勝負服なのです。
あなたは月に1回か2回しか会わないけれど相手が素敵な男性であれば、その姿を目に焼き付けませんか?

好きなタイプならちょっとしたことでも覚えていますよね。
男性から見ればその相手のひとりが高級ソープ嬢なのです。
「今日はこんな下着で似合ってたな」「髪がキレイだったな」と思っていても次も同じだったらがっかりしてしまいそうです。
この気持ち、逆の立場で考えれば分かりますよね?

「前と同じ服だけど他に持ってないの?」
と相手に思ったことのある人なら、同じことを思われているのだと気付きましょう。
反対の目線で考えれば、「下着はただ高級であればいい」という考えも間違いだと分かるはずです。

自分に合っていてキレイに見えるデザインであることが大切です。
たとえがっちり高級でなくても、高級そうに見えるデザインであることが重要です。
センスが問われるのでぜひ目を鍛えておきましょう。

まとめ

ソープ嬢は服で着飾って接客サービスをすることは出来ません。
だから身体が商品と言われているのです。
しかし商品をキレイに魅せるのは努力次第となります。
髪や肌の手入れをするのと同じくらい、商品を引き立てる下着にも力を入れておきましょう。

プレイが上手になるには時間がかかりますが、下着は誰でも今すぐできる簡単なレベルアップ方法です。
高級ソープ嬢なら最低限の努力として押さえておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする