関西地方のオナクラは危ない!?

関西で女性の強みを使って稼ぎたいという場合、オナクラはどうなんでしょうか?
稼げるなら、オナクラをやってみたいけど、稼げないなら他の稼げる方法を考えなければいけません。

関西人の特徴と関西のオナクラの現状をチェックして、効率よく時間をお金に変える方法を選びましょう。

関西でオナクラは流行らない?

関西でオナクラの仕事をやってみたいという人は、まずはオナクラの関西での人気具合をチェックしてみましょう。
関東と関西など、エリアによってはそこに住む人たちのタイプも違っており、風俗のサービスに求めるものも違います。

求めるサービスがない風俗店では稼げません。

本番主義でサービスに不満が

男性 女性 シルエット風俗を利用する関西の男性の特徴としては、本番主義であり、本来のサービスにはないものすら求める傾向が挙げられます。
関西の風俗では、過剰サービスを行う傾向が強めになっており、お客さんの方も本番できないヘルスなどで本番を強要したり、S着(スキンをつけてもらって接客するスタイル)なのにノースキンでサービスを受けようとするなど、ある意味歯止めが利かないこともあるようです。

そんな関西の男性を相手にするには、オナクラでは難しいことも多いようです。

オナニーに金払う関西人なんていない?

オナクラとは、基本的にはオナニーをする男性を見てお金をもらうという仕事です。
男性は可愛い女性にオナニーを見てもらって、性的な興奮を得ます。

しかし、関西の男性はこれくらいのことでは満足することは少ないと考えた方が良いでしょう。
他のエリアではともかく、オナニーを見てもらってお金を払う人は関西では少ないのではないでしょうか?
オナクラの性質上、オプションを解禁にしたところで出来るサービスは限られています。
本番主義とはいっても、実際に本番するわけにはいきません。

そのため、オナクラで満足させるのは、大変なこととなるでしょう。

濃い目のオプションつけないと指名なし

関西人を相手に風俗店で仕事をしようという場合には、需要のある濃い目のサービスをつけることが必要です。
場合によっては、自分が難しそうなオプションまでできないと稼げないかも知れません。

オナクラであれば、稼ぐためにはフェラ程度は求められると思っていた方が良いでしょう。
本来ならヘルスやピンサロの仕事内容のものが、関西のオナクラでは求められることがあります。
基本的には、やはりオナクラのサービスだけではムリがある、と思っていた方が良さそうです。

手こきオプ入れれば素人のお小遣い程度にはなるかも

オナクラで稼ぎたい、あまり過剰なサービスはできないという場合には、せめて手こきくらいのオプションは付けておきましょう。
そうすれば、お小遣い程度にはなるでしょう。
ただし、その場合には基本の条件として「可愛くてスタイルが良い」ことが必要です。
可愛くてスタイルさえ良かったら、素人っぽさを売りにしてソフトサービスで稼げる可能性はあります。

ただし、もちろん「抜きなし」は関西では通用しません。
手こきオプション程度はつけて、やっとお小遣い程度の場合も少なくないことを自覚しておく必要があります。

関西のオナクラで稼ぐためには?

お金 金関西のオナクラでは基本的に、あまり稼げないイメージが強くなっていますが、中には稼いでいる人もいます。

難しいことですが、頑張る覚悟と資質がある人はチャレンジして見ても良いでしょう。
どうしてもオナクラで働いて稼ぎたいという場合には、指名を返せるようになることが必要です。

関西人を手玉に取れ!

指名を返せるようになるためには、過剰なサービスでお客様にしっかりと満足してもらうか、人として愛されてしまうことが必要です。

過剰なサービスをプラスすることで、関西の人は「儲けた」と思います。
性的な満足感ももちろんありますが、この「お得感」を楽しむ向きもあると考えた方が良いでしょう。
そのため、別にがっつりと濃厚なオプションを受け入れたり、本来のサービス内容にないことをどんどんやる必要はありません。
ちょっと得したと思わせることで、関西人を手玉に取れる自信がある人は、心理戦で気に入られるように頑張ってみましょう。

こればかりは資質が元になり、ノウハウよりも関西出身者、在住者などの関西への理解がものを言うかも知れません。
そのため、出稼ぎは分が悪そうです。

稼ぐ嬢は個別に過剰サービスも

関西方面で稼ぐためには、個別に過剰サービスを受け入れている嬢もいるようです。

お客さんごとに、「この人は金払いがいい」「この人はケチ」といった区別をして、金払いの良い客にはオナクラでは行わないようなサービスをこっそりと行っていることもあります。
こうした行為は、一部の嬢が行うと他の嬢にも求めるようになっていくものです。
そのため、過剰サービスがはびこるようになっていますが、すでにこの傾向は止めることができないため、稼ぎたいなら同じことをするしかありません。

関西で稼ぐならオナクラはやめた方が…

関西のオナクラの現状としては、よほどの資質(顔、スタイル、性格など)が整っていないと厳しいといえそうです。
また、オプションもしっかりとつけて、過剰サービス気味に接客することも必要となるでしょう。
関西でオナクラをやりたいのであれば、バイト程度にしておくか、サービス充実で頑張るしかありません。
自分には稼げないなと思ったら、他の風俗バイトを探すことも考えておきましょう。

関西で稼ぐならせめてエステに

マッサージ関西で稼ぎたいのであれば、同じようなソフトサービスの店でもせめてメンズエステを選んだ方が良いかも知れません。
メンズエステであれば、オナクラと同じく抜きはありでもハードなオプションではなく技術で稼げます。
しっかりとエステ技術も身につくし、基本的には「触られない」接客もオナクラと同じです。

当然、関西のエステでは過剰なサービスを求められることもあるでしょうが、オナクラよりは単価も高く、稼ぎやすくなります。

オナクラでもエステ並みのサービスが

オナクラのサービスの基本は、「服を脱がない」「見るだけ」「触られない」などですが、関西のオナクラでは「見るだけ」ということはないと思っていた方が良いでしょう。
ほとんどの場合、稼ぐにはオプションが必要となり、エステ並みの、もしくはそれ以上のサービスありきで成り立っています。

そのため、わざわざオナクラを選ぶ「メリット」があまりありません。

関西のオナクラで稼ぐのは難しい!

関西エリアで風俗サービスを行って稼ぐことは、難しい傾向にあります。
容姿も良くてハードサービスが可能な嬢なら稼ぐことはできますが、それならばオナクラを選ぶ理由がありません。

本番主義の関西では、基本的にソフトサービスの店や出来るオプションが少ない女の子は稼ぎにくくなっています。
ややケチな人が多い土地柄も風俗で働く女の子が稼ぎにくい原因といえそうです。

まとめ

関西エリアのオナクラは、基本的にはあまり稼げないと考えた方が良いでしょう。

本番主義の関西では、お金を払ってオナニーをするという考えを持つ人は少なく、もっとハードなオプションを望んだり、同じお金でも高いサービスを求めようとします。
そういった環境で男性のお客さんと渉り合う自信がない場合には、オナクラではない性的サービスのお店を探した方が安心です。
出稼ぎなどで関西を目指して、稼ごうとするのも難しいかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする