風俗求人広告はどこをチェックすればいい?営業サイトも観覧必須?

最近では風俗求人をインターネットで探す時代になりました。
クリック一つで自分の好きな店舗情報を検索できるのは便利ですが、リサーチする店舗が多すぎて情報の波に飲まれてしまう女の子も多いでしょう。

しかしここで投げてしまうと悪徳店舗で働くことになりやすいので、下調べは入念に行う必要があります。
風俗求人広告は嘘が多く、「面接交通費支給」という釣り金や「女の子第一主義」といった胡散臭い語句がならんでいます。
風俗嬢として生きていくためにはこのような詐称広告にひっかからず、自分にとって有益な情報を拾うリテラシが必要になってきます。
また求人サイトだけではなく、お客さん向けの営業用サイトをみると、嘘で塗り固められたその店の本質を覗くことができます。

今回は風俗求人広告のチェックポイントや、営業用サイトのチェックポイントを解説します。

風俗求人広告はお店の集客力を示すバロメーター

パソコンまずは風俗求人広告について解説しましょう。

風俗業界は経営者の質によって面白いように売上が変化します。
とはいえ風俗の主役はキャストなので、経営者は知恵を絞って質のいい女の子を集めます。
優れたキャストがいる店は、必然的にお客さんもあつまるので、いかにいい女の子が集められるかが風俗経営者には求められます。
経営者は企画や宣伝で他店に負けないように、知恵を絞って集客と求人に膨大な労力と広告費を投じています。

もし資金難で風俗求人に資金をまわせない店舗はどうなるでしょうか。
パチンコのボッタクリ店のように、新台も入らなければイベントも開催せず、お客さんが全く集まらない閑古鳥のお店になってしまうでしょう。
風俗店もそれと同様に、新人を入れてイベントを定期的に開催しながらお客さんを常にワクワクさせる必要があります。
まずあなたが風俗働く場合、ネットで店名を検索して、上位に表示されるお店で働きましょう。

そうじゃない店舗は、集客力も資金力もない悪徳店の可能性が高いからです。
あることないこと嘘をついたり、誇大広告で誘惑してくるのは、ライバル店に勝つための経営戦略なのかもしれません。

風俗求人広告のチェックポイント

虫眼鏡では風俗求人のどこをチェックするべきでしょうか。
あなたが風俗で働く場合、まず自分がお店にたいしてなにを求めているのかハッキリさせる必要があります。
条件第一であれば都内のほうが稼げますし、身バレが不安なら勤務地で店選びをしたほうがいいでしょう。
講習が苦手な女性であれば講習ナシの店がいいでしょうし、子供がいる場合は託児所ありの店がいいですし、人間関係が苦手であれば個室の待機所がある店、このようにお店と自分のニーズを一致させる必要があります。

風俗求人をみると「託児所あり」「講習一切なし」「個室待機」など、お店のタグに色がついていますので、それをチェックしていけば自分の希望するお店を絞ることができます。
それ以外にチェックすべき項目を2つ紹介します。

未経験者は募集しているか

初めて働く場合にまずチェックしておくべき項目は未経験者を募集しているかどうかです。
一般的な職業だと経験者が優遇される世界ですが、風俗では不思議なことに未経験者のほうが価値が高い業種です。
そのため優れたお店は未経験者を優遇してくれます。
ところが稀に経験者オンリーの求人があるのです。

このようなお店はキャストに本番行為を要求している悪徳店舗の可能性があるので応募は見送ったほうがいいかもしれません。

サポート体制は充実しているか

また、初心者であれば懇切丁寧にサポートしてくれる店舗を選ぶほうが安心して働くことができます。

お問い合わせには迅速、電話対応も丁寧、安心度と信頼性の高い店舗を選びましょう。
それとお店の求人に表記されている電話番号をチェックしてください。
信頼できる店舗はきちんと固定電話を表示しています。
このようなお店は信頼性も高く、サポート体制も丁寧なことが多いです。

一方で悪徳店はいつでも逃げられるように携帯電話だけを表記していて、電話対応も乱雑だったりします。
もちろん携帯表示の店舗でも信頼性のあるお店もありますが、傾向として信頼度が弱いのは否めません。
高収入を優先してしまい、信用できない店舗で働くとあとで公開することになります。
まずは安全に働けるサポート体制の充実した店舗で働きましょう。

営業用サイトのチェックポイント

パソコンまた営業用サイトもチェックすると、求人情報だけではわからない様々な情報が取得できます。
営業用サイト(お店のホームページ)のチェックポイントもみていきましょう。

お店は存在しているか

まずはお店の名前を検索して営業用サイトがきちんとあるかサーチしてみましょう。
悪徳店舗はダミー求人を出しているので営業用サイト自体が存在しない場合があります。
オナクラ求人などはほとんどがダミー求人だといわれており、ソフトサービス系店舗はハードなサービスに導くための架空店舗が多いのでリサーチしてみましょう。

キャスト一覧をチェック

そしてキャスト一覧もチェックしましょう。
その店で働く場合、並んでいる写真の現役キャストがあなたのライバルになります。
お客さんはその写真の中から誰を指名するか選ぶので、あなたは彼女たちと指名合戦にまずは勝つ必要があるのです。

あなたの容姿、スタイルは彼女たちに上回る魅力がありますか?
そもそもあなたはそのお店のコンセプトにマッチしていますか?
また、コンセプトが全く違うお店で働いても指名は獲得できませんので、自分にあったお店選びが必要です。

人気嬢のオプションをチェック

基本的に営業用サイトは男性目線で作られているので、指名の多いキャストがどんなオプションをしているかみることができます。
(例)まどか 22歳
可能オプション
即尺/バイブ/ローター/パンスト/パイズリ/即プレイ/コスプレ

このようにナンバー嬢のオプションをみることで人気嬢がお客さんをリピートさせるためになにをこなしているかがわかるのです。
また、「この人はごっくんできないんだ、よし私はそれをウリにしよう」とキャストの弱みを自分の武器にしていくことができるのです。

利用料金と求人広告の日給を比較する

また、「日給○枚!」と誇大広告をだしている店舗は、営業用サイトをみることで本当に稼げるかどうかチェックできます。

たとえば60分15000円コースと表示されている場合
バック率が50%のキャスト→給料7500円
バック率が60%のキャスト→給料9000円
バック率が70%のキャスト→給料10500円

このように一人あたりどれくらいもらえるかが営業用サイトから把握できます。
つまり何人接客すれば求人にある日給に届くのか、だいたい計算ができるということです。
普通の出勤時間では到底到達できない日給を書いている場合、嘘求人である可能性が高くなります。
このように、営業用サイトからでもお店の信頼度や給料が透けてくるので、チェックしてみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。
風俗求人広告と営業用サイトのチェックポイントについて解説しました。

風俗で働くのは多くの女性がお金が目的です。
ただし高収入だけで選んでしまうと、働いてから嫌な思いをすることになります。
ネットには嘘の情報も溢れ返っていますが、ちょっと調べれば見抜くこともできます。
もし右も左もわからない場合、他店舗経営してる大手グループへ面接に行きましょう。

大手は様々なコンセプトの店を扱っているので、あなたに見合った一番稼げるお店を紹介してくれます。
稼げる優良店を探すには、多くの嘘の中から真実を見抜くことができるリテラシが求められているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする