ソープのランク別高級、大衆、格安の違いや長所と短所

ソープランドにはお店ごとにランクがあり、高級店や大衆店といった違いにより給料に差が出てきます。
他にもサービス料、入浴料、基本的なプレイ内容、コースによる時間の違いなどがあるのです。

高級店

あらゆる面においてレベルが高い

お金 金高級ソープランドは全ての点においてレベルが高く、風俗嬢に求められるサービスの質や接客スキル、利用料金の高さやバックの総額など他のランクのお店とは比べものになりません。
1本で4万円以上ものバックが発生するため、それに合う働きが出来なければ採用してもらえないのです。
ソープで必要なサービスであるマットプレイから椅子まで一通り出来なければならず、真面目に働く気がない風俗嬢には向いていないでしょう。
見た目の良さも求められるので、せめて普通以上の容姿を目指して下さい。

巨乳で身長がある大人っぽい嬢はどの風俗店でも採用されやすいようです。

ハードサービスが基本

高級店は他のどの風俗店と比べてもハードサービスが基本となり、それをこなせる人でなければ働いていけません。
具体的にどのようなサービスかというと、即即は当たり前、NSでの本番行為と当たり前となります。
基本サービスとして即即が含まれているので、部屋に入ってすぐ生フェラをすることが多いでしょう。

NG指定は出来ないため注意して下さい。
お客さんによっては臭いや汚れで酷い場合がありますが、高級は利用料金が高いので不清潔な人はあまりいないはずです。
NSでの本番行為は性病や妊娠のことを考えると恐ろしいでしょう。
しかし、性病に関しては、お店の方で検査を徹底的にしているので心配ありません。

妊娠は個人で防ぐしかないので、ピルを飲むなど対策をして下さい。

本指名

Choice本指名の数も高級店はかなり重要視される要素です。
利用料金が1回8万円以上と高額になるためあまりフリー客が訪れず、稼ぐなら毎回自分を指名してくれるリピーターを獲得しなければなりません。
ただし、同僚は皆高級店ということもありサービスの質、容姿のレベル共に高いので、接客スキルで差を付けるしかないでしょう。

よほどの美人であれば見た目だけでお客さんを得られるチャンスはあります。
いかにお客さんを満足させられるのかが勝負となるのです。
本指名客を獲得するおすすめの方法は、他店からお客さんを引き連れてお目当の高級店へと移籍すること。
高級店で指名客を得ることが難しいのであれば下のランクのお店から引き連れていけばいいのです。

大衆店

一通りのソープのサービスを覚えておく

高級店よりも下のランクである大衆店ではありますが、とりあえず一通りのソープのサービスを覚えておくことをおすすめします。
なぜなら、ちょうど中間レベルのソープ店の扱いとなるため、高級店に近いサービスを売りにしているところもあれば、高級店より手軽なことを売りにしているお店もあるからです。
そのため、どこのお店でも採用してもらえるように一通りのソープのサービスを覚えておきましょう。

どのようにしてサービスを覚えればいいのか不安になる必要はありません。
入店をするとお店の方で指導してくれるはずです。
大手が経営しているグループ店の場合は、女性講習員が詳しく1から丁寧に教えてくれるでしょう。

S着店が多い

高級店はNSでの本番行為を売りにしているお店ばかりで、バックが高いソープ店でG着で働きたいのであれば超高級に勤めるしかありませんでした。

しかし、超高級は超と付く通りに全てにおいて高級以上のレベルを求められます。
芸能人並みの可愛くて綺麗な容姿に、どのようなお客さんであろうと必ず満足する性的サービスの質、誰であろうと楽しんでくれるようにことを運ぶ接客スキルなど、非常に高いレベルになるでしょう。
このように超高級で働くためには選ばれた一部の者でないといけませんが、大衆店であればそこそこのバックを手にしつつS着で働けます。
大衆店は基本的にS着が多いためそれを目当てに高級で働けるレベルの嬢が在籍しているほどの人気です。

そこそこいるフリー客

高級店はあまりフリー客が訪れないため稼ぐのであれば本指名客を増やすしか手はありません。
では、大衆店はどうなのかというと、お店を利用する半分くらいはフリー客となっています。
そのため、最初は本指名客がまったく付かなかったとしてもフリー客だけで十分に稼げるでしょう。
仕事に慣れてきたらフリー客を徐々に本指名客に変えていけばいいのです。

また、入店してすぐに新人期間というものがあり、入店したばかりの新人嬢に対してお店は優先的にお客さんを回してくれます。
出来ればそこで本指名客を獲得するようにして下さい。
真面目に一生懸命に取り組んでいれば問題なく何人かの本指名客を獲得出来るはずです。
もし増やせない場合は、いったい何がいけないのかをきちんと見極め改善していきましょう。

格安店

財布フリー客多い

格安店は利用料金の安さからフリー客が多く、本指名客ではなくフリーの指名で稼いでいる嬢も多く存在します。
フリー客が多いということは、とりあえず出勤さえすれば仕事をもらえることを意味しており、ランクが低いからといってお茶になりません。
指名を返せないからソープは向かないと思っている人は格安店ではたらくことを考えて下さい。

フリーのお客さんが多いということは、嫌な人や苦手なタイプから指名をもらったとしても適当な相手をして乗り切れます。
相性が悪いお客さんに当たった時は、次もまた指名をもらわないように努力をしましょう。

バック安い

フリー客が多く仕事は多いですが、1本1本の単価が安いことが格安店の特徴です。
1本のバックは1万2千円ほどで、更に安い激安店だと8千円となり1万円を切ってしまいます。

高級店であれば1日に2,3人の相手をするだけで10万円以上を簡単に稼げるでしょう。
しかし、格安店だと9人以上の相手をせねばならず10万円稼ぐのは難しいのです。
少ないバックでも仕事量でカバーするか、求められるレベルが高い反面それに合わせてバックが高いお店で働くのか決めて下さい。

体力勝負

上記で紹介した通り、稼ぐためにも1日に多くのお客さんを相手にしなければならないので体力がなければなりません。

若い嬢であれば問題なく多くのお客さんの相手を出来ますが、30歳以上になると年齢的に苦しいものになるでしょう。
格安店や激安店と同じように人妻店もバックが安く、熟女でありながら1日に何人もの相手をしなければならないのです。

客質悪い

とにかく客質が悪く、がっつき客や本番行為を強要してくる人ばかりで嫌になります。
特に、本番強要をしてくる悪質なお客さんはかなりの数存在し、「次もまた指名するから」などと甘い言葉で巧みに騙してNSに持ち込もうとするでしょう。

雰囲気に流されて1度許してしまうと次も次もと調子に乗るので気を付けて下さい。
何を言われようと絶対に断ることが大切で、もし無理矢理襲ってくるようなものなら直ちに店員に助けを求めましょう。
大きな声をあげれば気付いてくれるはずです。
大声を上げられそうにない場合は、隙をついて部屋の外に逃げ出す手もあります。

とにかくお客さんから距離をはかるのです。
がっついてくるお客さんは、時間内に何回戦も求めてきます。
また、高級店並みのサービスを強要し即即をしてもらうとするお客さん、時間を過ぎても求めてくる人などもいるそうです。
ルールを守らないお客さんに対してきちんと注意をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする