熟女専門風俗店は採用条件が緩くて求められる人物像も高くない

男性は総じて若い女性が好きなので、風俗の世界では女性の若さが重視されます。
しかし、若くなければ風俗で働けないわけではありません。
風俗店の中には熟女専門風俗店もあり、ここでは30代、40代の女性であっても問題なく働けます。

ただ、熟女専門店は利用客の年齢層が高いため、女性に求められる役割は通常の風俗店とは異なっています。
ここでは、熟女専門店の特徴や客層について説明し、熟女専門店の採用条件や働く場合に求められる事柄について紹介したいと思います。

熟女専門店の特徴とメリット

Ok, Good熟女専門店は30代、40代の女性が所属している風俗店です。
利用客は中高年齢層の男性が中心で、派遣型のデリヘル店に多い傾向にあります。

熟女専門店は大衆店、格安店に分類されるお店ですが、年齢を問題にされずに採用される数少ない風俗店で、アラサー、アラフォーの女性にとって有力な選択肢となっているのです。

30代、40代の女性でも所属できる熟女専門店

熟女専門店はその名の通り、熟女な女性、すなわち30代から40代の女性を中心に集めている女性です。
風俗では一般的に若い女性が有利で、年齢は風俗業界において重視される採用条件の1つですが、熟女専門店は中年女性でも問題なく働ける数少ない風俗店の1つとなっています。
熟女専門店は業種としてはデリヘル店に多く、人妻店と呼ばれる場合もあります。

ただ人妻と言っても、必ずしも既婚女性でなければならないわけではなく、婚姻歴の有無は関係ありません。
風俗ではお店は男性の支払うサービス料に応じてランク分けされますが、熟女専門店では、大衆店や格安店に分類されるお店が多くなっています。

利用客は中高年齢層の男性が中心

男性熟女専門店に所属している女性の年齢層は、風俗全体で見てみるとかなり高めに位置しています。
男性は総じて年下の女性を好む傾向にあり、中年女性を好むのは中高年齢層の男性たちが中心です。

そこで、熟女専門店の利用客は中高年齢層の男性がメインとなっています。
男性は加齢によって能力に衰えが生じるので、中高年になると若い男性のように身体的に貪欲ではなくなります。
若い男性ではサービス時間内に何度もプレイしようとガツガツしている場合がありますが、中高年な男性が相手の熟女専門店であれば、ガツガツしたお客さんを相手にすることは少なく、身体的な負担はそれほど大きくありません。
また、若い男性に比べると中高年の男性は落ち着いた大人な男性が多く、接客面でのトラブルも少ない傾向にあります。

熟女専門店では、さほど体力が求められないので、若くない女性でも十分に対応できるのです。

40代でも働けるが最大のメリット

熟女専門店最大の特徴が、アラサー、アラフォーの女性であっても採用されることです。
風俗業界では、女性が年齢を積み重ねてゆくと賞味期限切れ扱いされ、戦力外の存在となってしまいます。
しかし、熟女専門店であれば40代になっても働けるのです。

これが、熟女専門店最大のメリットです。
風俗では出勤スケジュールが組みやすく、空いた時間に少しだけ働くこともでき、数本仕事を取れればまとまった金額が稼げます。
家事、育児などで忙しい主婦やシングルマザーな女性であっても、空いた時間にちょっと働くことで、お金を稼げるようになるのです。

熟女専門店の採用条件

チェックリスト熟女専門店を利用する男性客は、孤独な中年男性が多く、寂しい思いをしている場合が良くあります。

そのような男性客の相手をする熟女専門店では、外見とともに内面も重視される傾向が強くなっています。
特に、業界経験の有無は重視されません。
また、稼がなければならない具体的な理由のある女性は頑張れると判断されるため、高く評価される傾向があります。

アラフォーまでは大丈夫な場合が多い

標準的な風俗店では、年齢が容姿と同様に重要視されますが、熟女専門店は年齢制限がもっとも緩い風俗店です。

ただ、一口に熟女専門店と言っても、若妻系のお店もあれば、高齢女性がいるお店もあり、どの年齢層の女性を採用しているかについてはお店のコンセプトによって異なります。
在籍女性の年齢層は、風俗店のホームページを見れば確認できるので、求人に申し込む場合にはあらかじめチェックしておくと良いでしょう。
ここで、気をつけなければならないのが50代の女性が在籍しているお店です。
このようなお店はいわゆる激安店なので、バックが相当に低めに設定されており、思うように稼げない可能性があります。

採用される女性の年齢上限については、女性の容姿も関係するので面接を受けなければわからないという面もあります。
ただ、一般に熟女専門店であればアラサーは問題とされず、アラフォーの女性でも大半のお店で大丈夫とされています。

業界経験の有無は関係ない

風俗の世界は身体で奉仕する仕事なので、特別な経験や技量が必要だと思われがちです。
たしかに、テクニックを重視するお店であれば、業界経験のある女性が重宝される場合がありますが、熟女専門店ではあまり技量や業界経験の有無は問題とされません。

風俗業界初心者の女性であっても、普通に採用されるのです。
実際、40歳を過ぎて初めて熟女専門店で風俗デビューを果たしたという女性も実は多くいるのです。
その一方、業界経験がマイナスに働くことはありません。
業界経験が長い女性であれば、男性を気持ちよくさせるツボを抑えているので、テクニシャンとしてきちんと売り出してもらえます。

基本的に熟女専門店では経験の有無が採用に影響することはないので、誰でも安心して応募できます。

稼ぐ理由のある女性は採用されやすい

お金面接で重視されるポイントの1つに、働く動機があります。
確固とした動機のある女性は真面目に頑張り抜くことができるのに対し、動機に乏しい女性はすぐに辞めてしまう可能性が高いので、動機が重要視されるのです。
ここで、稼がなければならない理由がある女性は高く評価されます。

たとえば、借金を抱えていて返済しなければならないとか、シングルマザーで子育てのためにお金が必要というような理由です。
このような理由があれば、お店側も納得して女性を採用しやすくなるのです。
そこで、稼がなければならない具体的な理由がある場合には、面接において積極的に説明し、頑張って働けることをアピールすべきなのです。

思いやりの心がある女性は高く評価される

熟女専門店の利用客は、中高年齢層の男性客が中心です。

独り身の男性も多く、そのような人たちは性的な欲求よりも、心の寂しさを抱えている場合が多くなっています。
通常の風俗店では何かとテクニックが重視される傾向がありますが、熟女専門店には男性の孤独感を埋めることができる思いやりの心が求められるのです。
独り身で寂しい思いをしている男性客の話し相手になってあげたり、不満や愚痴を聞いてあげる寛容さを持った女性であれば、多くのお客さんに恵まれ指名を獲得できるようになるので、熟女専門店に向いているのです。

まとめ

熟女専門店は30代、40代の女性でも所属できる風俗店です。

業種としてはデリヘル店に多く、格安店に分類される場合がほとんどです。
人妻店と呼ばれることもありますが、女性の婚姻歴は関係ありません。
熟女専門店の利用客は中高年の男性が多く、身体的に貪欲ではないので、体力的な負担は軽めです。
また、独居男性が多いので、男性の寂しさを埋めることができる思いやりの心を持った女性であれば、指名を獲得できて、稼げるようになります。

採用においては、業界経験の有無は影響せず、稼がなければならない具体的な理由のある女性であれば、高く評価されます。
ただ、採用される女性の年齢上限についてはお店によって異なります。
アラサーであれば問題ないものの、アラフォーになると問題とされる可能性もあり、面接を受けて確かめなければなりません。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする