風俗嬢がピルを服用する理由とメリット

女性が風俗のお仕事をするにあたり、気を付ける事といえば性病ばかりではありません。
妊娠もまた、風俗嬢が気を付けるべき事柄であります。
風俗嬢の中には妊娠のリスクを避けるためにも、ピルを常用している人もいます。

本番があるソープに限らず、デリヘル嬢であっても、ピルを服用しておいた方が、万が一のことがあっても安心して風俗の仕事ができるため、メリットがあります。

ピルの効能

薬実は避妊効果が非常に高く、万が一のことがあっても女性の体を守ってくれるピルを服用する風俗嬢は非常に多くいるものなのですが、実際どのような効能があるのでしょう?
経口避妊薬であるピルを常用することで、女性は常日頃から避妊をすることが可能となるだけに、妊娠のリスクの高いお仕事に就いている風俗嬢ほど、ピルを常用するメリットは大きいでしょう。

中でも低用量ピルと呼ばれる経口避妊薬は副作用が少ないだけに、より安全に服用できる代物です。
低用量ピルには避妊効果とは別に、生理痛や出血量の減少、さらには生理が定期的になるなどの効能があるため、風俗のお仕事をする時だけ避妊をするといった、スケジュールの調整と管理がしやすくなります。
ピルを服用することで妊娠のリスクを下げることが出来ることは周知の事実なのですが、そもそもなぜ妊娠し難くなるのでしょう?
女性がピルを服用すると、ホルモン環境が作られ、着床と排卵を抑制してくれるようになります。

つまり、ピルを服用すると、既に妊娠している時のような体になるということです。
それだけに、ピルを服用する際には服用のし過ぎに注意しましょう。
ピルを一度に大量に服用したからといって、効果が高まるということはありません。
それよりも、避妊効果を高めようと思うのであれば、定期的に服用するように心がけましょう。

ただし、妊娠のリスクこそ下げられるものの、風俗の世界で働いてる女性が避けるべきリスクは妊娠ばかりではありません。
クラミジアや淋病、梅毒のような性病のリスクも下げた方が良いのですが、ピルは妊娠のリスクは下げられても性病のリスクは下げられません。
それだけに、ソープやデリヘルなど、風俗の世界で働いてる女性は、普段よりピルを常用するだけでなく、性病対策としてコンドームを男性に着用してもらうように気を付けましょう。
ピルには避妊効果以外にも、生理痛の軽減、そしてニキビの改善などの効能があるのですが、ピルの種類によってはかえってニキビが増えてしまうこともあるので注意が必要です。

風俗嬢がピルを服用する理由

薬風俗といえばエッチなサービスを提供するお店のことを指すのですが、そこで働いてる女性だからといって、全員が全員、妊娠のリスクを負っているわけではありません。
例えばオナクラやエステ、さらにはピンサロのような風俗嬢ともなると接客中でも全裸になることがほとんどないため、妊娠に至るような事態は滅多にないです。
もちろん、一部の裏風俗と呼ばれるようなお店は例外ですが、法律を守っている健全なお店ならば、妊娠について警戒する必要はないでしょう。

では、どのような風俗嬢になると妊娠のリスクがあるのかといえば、まず仕事で本番までする可能性のあるソープ嬢がいます。
ソープ嬢は一応、本番をする時、コンドームを着用してもらうのですが、NSと呼ばれるような高級ソープ嬢の中には生で本番をすることがあるだけに、ピルの服用は必須となります。
さらに、S着のソープ嬢であっても、コンドームが裂けた時など、万が一の事があった時のためにピルを服用しておいた方が良いでしょう。
お仕事の中に本番行為が含まれないからといって、必ずしもピルが要らないということにはなりません。

例えばデリヘルのような本番が禁止されているお仕事だったとしても、興奮したお客さんに無理やり本番強要される恐れがあるため、万が一に備えてピルを服用しておいた方が安全です。
さらに、挿入しなかったからといって、必ずしも妊娠のリスクが0というわけではありません。
というのも、たとえ素股だけであっても、男性器と女性器との間の距離が近すぎる状態で射精をすると、その時の勢いなどが原因で妊娠をする可能性が少なからずあるからです。
他にも、お客さんの中には素股中に勝手に挿入してくるような男性もいるだけに、注意が必要です。

万が一、お客さんに生のまま挿入されたとしても、日頃よりピルを常用しておくことで、妊娠のリスクを下げることができるだけに、可能な限り服用しておいた方がもしもの事があっても安心です。

ピルを服用するメリット

風俗嬢がピルを常用するメリットとして、一番の利点はやはり妊娠のリスクを下げられることでしょう。
風俗嬢は基本的にお金を稼ぐために働いてるのであり、恋人を見つけるためではありません。

それどころか、プライベートでは彼氏、もしくは旦那がいることすらあります。
風俗嬢とお客さんが恋愛関係に発展することは、基本的にないといっても過言ではありません。
一部ではそういう関係になることもあるようですが、やはり全体から見ると少数派に属します。
風俗嬢とお客さんとの間に子供が生まれると、かなり高い確率で不幸な結果になりやすいです。

というのも、今でこそDNAで父親を特定することは可能ですが、それ以前までは誰が父親なのか特定できず、結果的に私生児になってしまう子供が多かったからです。
仮に父親が判明したとしても、父親自身が認知するとは限らないだけに、やはりトラブルになりやすいです。
そういった事態を避けるためにも、風俗嬢は万が一に備えてピルを常用しておいた方が良いでしょう。
風俗嬢がピルを服用するメリットは避妊ばかりではありません。

他にも、生理周期が安定する、生理痛を和らげるなどのメリットもあるだけに、生理が酷い女性が治療目的でピルを服用することもあります。
特に低用量ピルと呼ばれる経口避妊薬は副作用が少ないだけに、体質的にピルが合わないという女性であっても服用しやすくなっています。
ただし、喫煙をしている女性の場合、ピルを服用すると副作用が高まる恐れがあるため、ピルを常用する女性は禁煙しておいた方が良いでしょう。

生理周期とピル

カレンダーピルを常用するメリットの一つとして、生理周期が安定するというものがあります。
風俗のお仕事をしていると、時に生理痛などに悩まされることもあるでしょう。
いくら風俗のお仕事をして稼ぎたいと思っても、生理となって酷い生理痛に襲われたり、さらにはアソコから出血までするようになると、いくら風俗のお仕事をしたくても出来ません。
特にソープやデリヘルのような、お客さんの前で全裸になるお仕事をする女性の場合、出血が酷いと接客も出来ないでしょう。

その点、ピルを服用して生理周期を安定させることが出来ると、次の生理が予測しやすいだけに、シフトの調整やスケジュールの管理がしやすくなるというメリットがあります。
そのような利点もあってか、普段は昼職のある兼業の女性や生理痛が重い女性などが、生理周期を安定化させる目的でピルを服用することもあります。
なにしろ生理が不順だと、いつ生理痛に襲われるかわからないだけに、風俗店で働きたい日に限って生理になるなど、折角組んだシフトが台無しになることがあります。
その点、生理周期が安定していれば、昼職と風俗、それぞれの仕事を生理に悩まされることなく上手に両立させることができるでしょう。

プライベートでの妊娠のリスク

風俗嬢が妊娠するリスクは何もお仕事中だけとは限りません。
プライベートであっても、セックスをすれば妊娠するリスクがあります。
一応、風俗の世界では妊婦であっても採用してくれる風俗店もありますが、妊娠中に風俗嬢として働いてると流産などのリスクもあるだけに、止した方が良いです。

ピルを常用していると、風俗のお仕事をしている時だけでなく、プライベートで彼氏や旦那さんとエッチしている時であっても妊娠するリスクが低くなります。
それだけに、妊娠して風俗店で働けなくなるといった心配は無用になりますし、なにより認知の問題を避けられます。
というのも、風俗嬢が妊娠をすると、その父親が誰なのか彼氏や家族でもわからないといった問題が浮上するからです。
なにしろ彼氏とエッチして妊娠したというこは、お客さんとエッチしても妊娠する時期だったという事でもあるだけに、男性側からすればその子供の父親が誰なのか、判断がつきません。

このような認知のトラブルがあるだけに、風俗嬢として働いてる時期は、要らぬ誤解を避ける意味でも、たとえ相手が彼氏や旦那であっても妊娠は避けておいた方が賢明でしょう。
ピルを服用することで女性は避妊することができます。
その効果は風俗嬢として働いてる女性にほどメリットがあるだけに、風俗のお仕事をする予定がある女性は事前に低用量ピルのような、副作用の少ないピルを常備しておくと、万が一のことがあっても安心です。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする