オナクラの仕事内容と給料の目安

風俗業界で働く女性にも、かなりキレイな女性が多くなっているように感じられる昨今ですが、特にソフトサービスに属するお店はそのルックスを重視して採用基準を設けているお店が多く見受けられます。
業界随一のソフトサービスと謳われることも多いオナクラで働く女性は、そのソフトな仕事内容に比例するように容姿に対してシビアに感じられる基準を合格してきた女性ばかりです。
風俗業界への第一歩を踏み出しやすいイメージのあるソフトサービスですが、こちらの記事でオナクラの仕事内容と給料の目安を詳しくご紹介いたしますので、オナクラに興味のある女性は是非勤務先を選ぶ際の検討材料にしてみて下さい。

風俗業界に属するとはいえ、そのソフトなお仕事の内容に魅力を感じる女性も多くいらっしゃいますので、働きたいと思える要因がきっと見つかると思います。

オナクラの仕事内容

チェックリストそれでは早速、オナクラの仕事内容に関してご説明いたします。
オナクラはオナニークラブの略称で、その名の通りお客さんがオナニーをするために利用する風俗店となります。

働く女性はお客さんのオナニーを手伝ってあげることが仕事となりますが、基本的には脱がない・舐めない・触られないという「3ない」が大きな特徴として挙げられる、ソフトサービスの代表的なお店として利用するお客さんのみならず女性からも働きたいと考えられることが多いお店です。
基本プレイはお客さんのオナニーを見てあげるだけの仕事です。
ただ、その「見てるだけ」で稼げる女性は一握りだと考えるようにして下さい。
オナクラはいくつかのコースを選べるようになっているのですが、そのオナニーを見てあげるだけのオナニーコースは利用する料金が安く、その分求められる容姿のレベルが高くなる傾向にございますので、誰でも気軽に高収入を実現出来るという訳ではございません。

その他のコースに手コキコースや辱めコース、3Pコースに痴漢コースなどがございましてコース内容は多岐に渡りますので、多くのコースをプレイ可能としていた方が高収入に繋がると思います。
順を追ってご説明いたしますが、まずは最もオナクラにおいて利用されるお客さんが多い手コキコースから。
オナニークラブと銘打っておりますが、基本的にはこの手コキコースが最も需要が多くなりますので、最低限手コキだけはしてあげる必要があると思っておいた方が良いでしょう。
オプションを付けない限り自身が脱いだりすることはございませんが、手コキでお客さんの射精を促してあげることになります。

次に辱めコース。
M気質の男性が多く利用される傾向にございます。
お客さんに恥ずかしい格好、ポーズをしてもらいながら手コキをしてあげる形になります。
続いて3Pコース。

手コキをするかどうかはお店によって違いが生まれてきますが、含まれると考えておくようにしてください。
他の在籍している風俗嬢とお客さんの3人でプレイするコースとなります。
最後に痴漢コース。
こちらはイメクラの仕事内容に通じる部分が多くなりますのでオナクラで採用していてもあまり利用されるお客さんが多い印象はございませんが、もしコースがあった場合には対応できるようにしておいた方が良いでしょう。

通勤途中のOLや大学生、果てには高校生の制服に身を纏ってお客さんに身体を触られることになりますので、オナクラの仕事内容の中でも唯一お客さんから触られると覚えておいて下さい。
オプションプレイを追加しなければ基本、自身が手コキをしてあげるまでに留まるコースがメインとなりますが、お店によって若干趣が変わるケースもございますので、面接の際に詳しく聞いたり応募前にお店のホームページを見るようにしましょう。

オナクラの採用基準

握手給料の目安に関してご説明いたします前に、オナクラの採用基準に関して触れておきたいと思います。

上記で少しだけご説明いたしましたが、オナクラは通常の風俗店、ヘルスやソープよりもプレイ内容がハードでは無い関係から求められる容姿やステータスが厳しくなる傾向にございます。
極端な例となりますが、職場や学校で男性からモテるレベルであった女性でないと働くのは難しいと考えて良いでしょう。
また、若さも当然とはいえ求められることになります。
年齢に比べて多少若く見えるくらいの女性であった場合には不採用となる可能性もございますし、当然30代の女性が働くには敷居が高くなります。

20歳前後の女性がメインとして働けて、その上容姿に恵まれている女性しか働くことができないと考えるようにして下さい。
ぽっちゃり体型の女性や、見た目に恵まれているとは言えない女性、年齢を重ねている女性はオナクラでの勤務では無く別の業種での勤務を検討するようにしましょう。

オナクラに勤務した際の給料の目安

上記の内容を踏まえて頂きました上で、オナクラ勤務の際に受け取ることができる給料の目安に関してご説明いたします。

風俗店ですのでオナクラも他の業種同様、日払い手渡しの制度を用いているお店が大半となります。
そして、オナクラはソフトサービスとなりますので、ヘルスやソープといった一般的な風俗店よりも料金システムが安価な傾向にございます。
当然お客さん1人当たりに対して受け取れるバックの金額も少なくなるのがオナクラの特徴と言えるでしょう。
バック率が50%だったとしても、ソープでしたらお客さんが60分2万円支払っていたら風俗嬢の方は1万円受け取れることになりますが、オナクラだと60分1万円前後が相場となりますので、受け取れる金額は5000円となります。

その分リピーターも多くなる傾向にございますので、回転率が良く接客する数が多くなります。
中には20分から30分くらいの短い接客時間で終わることもございますので、デリヘルやソープよりも苦手なお客さんが来た場合に助かるケースが多いのではないでしょうか。
一日6時間勤務して6人のお客さんを接客したとして、平均してお客さんから5000円受け取ることが出来た場合には日給3万円となります。
オプションを追加した場合にはもう少し受け取れることになりますが、多少単価が悪くてもその分回転率とリピート率の高さでカバーしている部分が特色として見受けられますので、採用された際には稼げないという事態には陥らないように思えます。

オナクラのメリットとデメリットを理解した上で勤務するか決める

Good, Badオナクラの仕事内容と給料の目安に関してご紹介いたしましたが、オナクラでの勤務を決める際にはそのメリットとデメリットをよく理解した上で決めるようにしましょう。
メリットはプレイ内容がソフトであること、「3ない」、接客時間が短い点が挙げられます。
デメリットは容姿や年齢に対するハードルが高い、お客さん一人当たりの単価が安いとなります。

容姿に自信のある方は働きやすいと思いますし、そこまで単価を気にしないという方もメリットの方が魅力的に感じられると思いますが、反面性的サービスの質の高さで勝負したいという見た目に自信の無い方は働きにくい、もしくは働けない傾向にございます。
デリヘルなどは特に激安店だと多くの方が働けるような敷居の低さが見受けられますが、オナクラは高級ソープとまではいかなくても準ずるほどに敷居が高くなると思いますので、しっかりと自己分析を行った上で応募するようにして下さい。
何よりもソフトサービスであるという点に魅力を感じる方が多くいらっしゃいますので、倍率も高くなると思いますが、働きたいと思えた際にはその熱意を伝えるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする