デリヘル嬢の一ヵ月平均の給与はどれくらい稼げる?

細かい理屈を抜きに、デリヘルは一か月にどれくらい稼げるのかは、これからデリヘルで働こうかなと思っている女性にとって気になる所なのではないでしょうか。
風俗で働く理由は人それぞれだと思いますが、綺麗事を抜きに、やはり「お金」も大切なはずです。
そこで、一か月にどれくらい稼げるのかをいろいろな角度から探ってみるとしましょう。

デリヘルのシステム

お金デリヘルのお給料のシステムは基本的にお店で営業されている他の風俗と変わりません。
お客さんが選んだコースによって、時間、そして料金が変わりますが、その料金をお店と女の子とで折半します。
基本的には6:4が多いです。
これは割合になります。

女の子が6でお店が4なので、例えばお客さんが10,000円支払ったとすれば、女の子は6,000円。
お店が4,000円になります。
つまり、単純に考えてより多くのお客さん相手に接客すれば、それだけ稼げることになります。
ちなみにこの割合はホテルでも自宅でも変わりませんので、どこでお客の相手をしても変わりません。

また、この割合を風俗業界では「バック率」と呼ぶのですが、バック率に関しては女の子次第で変動します。
人気が出てきてお店にとって欠かすことが出来ない存在となれば、お店としては辞められたら困る存在となりますので、バック率を高くし、女の子にずっとお店にいてもらえるよう、配慮してくれます。
人気風俗嬢ともなれば7:3、あるいは8:2というケースもありますが、お店としても「それでもうちに居てくれ」ということです。
また、上がることはあっても下がるようなことはありません。

「全然指名を取れないから来月から5:5」ということはまずないので安心して良いでしょう。
そして、このバック率を元にすれば、一か月のおおよそのお給料も計算出来ます。
バック率を6で計算するとして、週に3日、一日4本と仮定すると、時間によっても変動するのは言うまでもありませんが、一本7,500円だとすれば、一日3万円。
一週間でおよそ9万円一か月で大体40万円弱という計算になりますね。

稼ぐための方法

お金一か月に40万円弱。
この数字が高いのか安いのかは各々の価値観次第になるかと思いますが、この数字は伸ばすことも出来ます。
先にバック率のお話をしましたが、バック率以外にも手に出来るお金があります。

まずは指名料です。
風俗はデリヘルに限らず、指名という制度があります。
お客さんが「あの子が良い」と指名する制度です。
指名せず、「誰でも良い」となればフリーとなります。

指名するかフリーにするかはお客さんの自由ですが、指名料は一般的には2,000円になりますので、安くデリヘルを楽しみたいお客さんとしてはフリーにする傾向がありますし、値段ではなく、自分の気に入った子と楽しみたいという人は指名します。
この指名料なのですが、こちらは割合ではなく、基本的に全額女の子のものになります。
つまり、先に一日4本と仮定して計算しましたが、4本すべて指名されたとすれば8,000円のお給料アップになります。
月額換算すると、およそ10万円のお給料アップです。

もちろん「すべて指名されれば」という仮定ではありますが、気に入った女の子は指名するというお客も多いので、決して「無理」「机上の空論」というほとではありません。

オプションにも注目

また、指名料と共に女の子のお給料、そしてお仕事に直接関わる部分としてオプションが挙げられます。
実はこのオプションもまた、女の子のものになります。

オプションは風俗店によって用意されているものが異なりますが、基本的にはNGに指定することも出来ます。
「お金にはなるけどこのオプションはちょっと出来ないな…」と思うものに関しては遠慮なくNGに出来ます。
但し、どんなオプションをサービスしてくれるのかという点で女の子を選ぶ男性客も少なくありませんので、がっつりお金を稼ぎたいのであれば、なるべくならオプションでのNGを少なくすべきでしょう。
仮にですが、3,000円のオプションを毎回利用してもらったとすると、先の仮定の計算で言えば1日4本なので1日におよそ12,000円のプラスになります。

月額換算すると12万円前後になります。
つまり、週に3日働いたとしても、指名もオプションもとれないデリヘル嬢と、指名もオプションもガンガンもらえるデリヘル嬢とでは20万円以上の差が出ることになります。

たくさん稼ぐためには

線グラフ同じように頑張っても、指名とオプションでここまでの違いが出るとなれば、さすがに「それらは別になくても良い」とは言い切れないのではないでしょうか。

むしろ人気デリヘル嬢としてたくさん稼いでいる女の子は、指名はもちろんですがオプションが多いのです。
お客さんとしても気に行った女の子にはたくさんのお金を落としたいと考えていますので、実際にオプションを遊ぶわけではないものの、オプション分は女の子のお給料に還元されることを知っていますので、遊ぶわけじゃないけどオプションを追加するのです。
いわばオプションをチップ代わりとして選ぶのです。
しかもオプションは一つだけしか選べない訳ではありません。

仮にですが、一回のプレイで3,000円のオプションを3つ選んでくれたとすれば、指名料とオプションだけで、何もない子よりも11,000円も高くなります。
この数字はさすがに「フリーでもオプションなしでも別に変らない」とは言い切れないのではないでしょうか。
ではこのように、たくさん指名をもらってオプションも使ってもらうためにはどうすべきなのか。
その答えは「より良いサービスをする」に尽きるでしょう。

良いサービスをしてくれるデリヘル嬢にならお金を惜しまないと考えている男性もいます。
そのような男性を掴み、自分の常連となってもらうためにはどのようなお客相手であっても手を抜かず、しっかりと楽しませることに尽きます。
見かけから、あまりお金を持っていないのだろうなと判断して手を抜いたものの、実はかなりの風俗マニアで常連には惜しみなくお金を落としてくれる存在という可能性もあります。
また、今の時代は風俗を利用する人の多くが口コミをチェックしていますので、口コミを見て遊ぶ女の子を判断しています。

そのため、口コミは良いに越したことはないのですが、良い口コミを掲載してもらうためには、結局は地道ではありますが目の前のお客を一人一人しっかりと満足させることです。
相手を見た目や雰囲気だけで判断するのではなく、どのようなお客であれ、そのお客の後ろにはより多くのお客がいることを頭に入れ、しっかりとサービスしましょう。
太客ではないとしても、指名数が増えればお店がバック率を上げてくれるかもしれませんし、指名数が多ければ人気が人気を呼ぶケースも出てきますよ。

まとめ

1か月にどれくらい稼げるのかは、やはり「自分次第」としか言えません。
先に数字を出しましたが、それらはあくまでも仮定です。
仮にですが、待機している時間の方が長かったり、なかなか指名をもらえないのであれば、お給料は少なくなってしまいますし、お店側としても力を入れなくなるでしょう。
さらにはお給料が低いと自分自身のモチベーションも下がります。

人気が出てくると自ずとモチベーションも高まりますし、モチベーションが高まれば無意識でも良いサービスが出来るものです。
これらを総合すると、より多くのお給料を稼ぎたいなら、目の前のお客一人一人と「真剣勝負」が求められるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする