オナクラに在籍する大学生は、稼げなくて不満に思うことが多いの?

風俗店で働く風俗嬢は大学生であっても稼げると地方から出稼ぎすることも多いのですが、高級風俗のように男性支払額が多くないと手取りは増えません。
オナクラはソフトサービスなので、男性支払額が少なく、在籍する風俗嬢は不満を持つこともあります。

風俗店の給料計算の方法

オナクラに在籍する大学生は、稼げなくて不満に思うことが多いの?風俗店の給料は男性客支払額の半分程度と言われています。
実際の給料計算はオナクラによって違いがあるので、面接で確認することが必要です。
ただ、肝心な男性客の支払額が少ないと手取り給料の金額は伸びません。
男性1人当たりの支払額が1万円以下なので、女性の手取りも5千円はないでしょう。

稼ぎたいと風俗嬢になった大学生にとって、オナクラに在籍することはあまりメリットがないと言えるかもしれません。

男性支払額の半分が目安

風俗店の給料は完全な出来高制です。
月給とか日給という考え方はありません。
そのため、お客さんがいなければ給料はないし、お客さんが多ければ手取り金額も多くなります。

ただ、1人1万円のお店でも女性への支払額は5千円でしょう。
一日の在籍時間にもよりますが、5時間程度の在籍時間なら日給2万円稼げたらラッキーと言えるのではないでしょうか。
もちろん男性客の支払額がもっと少ないと手取りも減るし、一日の収入も減ります。

オナクラは思ったほど稼げない

財布ソフトサービスの風俗だから安心して稼げると人気のオナクラも、大学生のアルバイトとしてはあまり割がよくありません。

他の風俗であれば日給5万程度は十分期待できますが、先ほど述べた通り、男性支払額が少額なので稼ぎようがないのです。
ソフトサービスとはいえ、男性の目の前でオナニーをして喘ぎ声を上げるのがオナクラの基本的なサービスです。
恥ずかしいのを我慢して稼げるからと頑張っている大学生の女性も少なくないでしょう。
でも、これでは期待外れだと不満を覚える女性も少なくありません。

ではどうするか?

では、オナクラに在籍している大学生の女性アルバイトはどうすればいいのでしょうか。
単に稼ぎたいだけなら、もっとハードなサービスのお店に変わればいいでしょう。
大学生のソープ嬢も実際にいらっしゃいますし、学園系のイメクラなら大歓迎されるでしょう。
しかし、ハードサービスの風俗店に抵抗を覚える女性も少なくないはずです。

お金を選ぶか、サービスを選ぶか、の2者択一の選択を求められます。

自分の許容範囲は?

ハードサービスのお店は稼げるもののリスクが高いです。
ソープであれば本番があるので、性病感染リスクが高くなります。
精神的に負担がかかることも確かです。

イメクラであっても裸になって男性に性的なサービスをすることになります。
つまり、ペニスを咥え、自分の口の中で精液を発射させるのです。
このようなサービスを自分が許容できるかどうかでしょう。
できるのであれば、お店を変えることをお勧めします。

ただ、そのようなサービスはできないというのであれば給料の不満はあってもオナクラに留まることをお勧めします。

別の店に変える

財布ハードサービスができるのであれば別のお店に変えれば給料は全く違うでしょう。
高級店と呼ばれるお店であれば、男性の支払額が多いのでかなり稼げるはずです。
ただ、オナクラでもお店の種類はいろいろです。

お店によってはイメクラ的なコスチュームでサービスをして料金が高いケースもあります。
このようなお店を探すことで、ハードサービスをしなくても多少は稼げるようになるかもしれません。
劇的に収入が増えることはないでしょうが、今のお店に不満を持つなら一つの選択肢になるかもしれません。

まとめ

オナクラで一人の男性を相手にしても2千円から3千円のバックでしょう。
在籍時間が長ければ稼げますが、下手をすると日給1万円程度にしかなりません。
大学生の中には不満に思い、他の店舗に変えることも少なくないのですが、ハードサービスが嫌な風俗嬢はそのまま留まることも少なくないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする