ソープでマイナンバーを要求されたけど、会社にバレたりする?

マイナンバー制度が施行されてから、風俗では身分証明のためにマイナンバーの提出が義務付けられることも多くなりました。
しかし、一般的にマイナンバーカードを使うことはまだまだ多くなく、テレビによって報じられた「マイナンバーは貴重な個人情報」というイメージばかりが先行して、どうしてもソープに渡すのは憚られるという人も多いのではないでしょうか。
そこで、ここでは風俗店にマインナンバーカードを提出することによって起こりうることについてまとめていきたいと思います。
特に、ソープにマイナンバーを渡す人が怖いという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

マイナンバーカードをソープ店に提出すると会社に働いていることがバレる?

秘密 女性マイナンバーカードを提出すると、ソープ店で働いていることがバレるという話をよく聞きます。
副業禁止の会社は少なくないですし、まして風俗店で働いているなら絶対にバレたくない、という人がほとんどでしょう。
しかし、しっかりとしているソープ店であればあるほど、マイナンバーの提出は義務づけられています。

ソープで働きたいけれど会社にはバレたくないという葛藤を抱えている人はとても多いのではないでしょうか。
結論から言うと、対策さえしっかりとしていれば、会社にソープで働いていることがバレるということはありません。
その対策法もそれほど難しいものではなく、確定申告をする際の用紙に、「住民税を自分で収める」とチェックをつけるだけでいいのです。
とても簡単ですね。

なぜこれで風俗で働いていることがバレないのかというと、会社に「風俗で働いている」という情報が行かないからです。
そもそも、マイナンバーによって風俗で働いていることがバレるのはこの住民税のせいだといえます。
というのも、全ての会社は基本的に住民税を給料が天引きする源泉徴収という仕組みがあるのですが、この価格は所得に依存しています。
しかし、もしその住民税が会社の与えている給料よりも高い場合、「おかしい」と勘ぐられてしまうのです。

よって、住民税を自分で確定申告をするのであれば、決して会社に風俗で働いていることがバレることはありません。

ソープ店などにマイナンバーを提出すると何か不利益はある?

番号きちんと確定申告をして、しっかりと税金を納めているのであればなんら不利益はありません。
もし不利益があるとするのなら、脱税をしている風俗嬢にです。

確定申告をしていない風俗嬢は、場合によってはマイナンバーから脱税を疑われて追加徴税をされる可能性もあります。
もし脱税をしているのならば、諦めて普通に税金を納めるか、もしくはマイナンバーの提出を行っていないお店を探すしかないでしょう。

ソープでマイナンバーを提出するのは義務?
風俗のマイナンバーについてのまとめ

マイナンバーをソープ店に提出した場合のことについてまとめました。
総合すると、法律に則って確定申告を行っていれば特に問題はありません。
ただ1つ注意することは、住民税は自分で納めればよいというだけです。
と、ここまでソープにマイナンバーを提出することを前提として述べてきましたが、この前提は決して成立するものではありません。

そもそも、風俗店にはマイナンバーを提出する義務がないことも多いのです。
というのも、マイナンバーの提出が義務付けられているのは会社と女性の間に雇用関係がある前提になっています。
書類上は、女性は「個人事業主」になっていることが多く、そのため、マイナンバーを提出する必要はないことも多いのです。
加えて、ソープ店は税金対策として「あくまでも場所を貸しているだけ」という書類上の手続きを行っていることも多く、マイナンバーを管轄する必要はありません。

まとめると、もしソープで働くときにマイナンバーの提出を求められたのであれば提出しても問題ありませんが、そもそも求められることも少ないのでそれほど気にする必要はないのです。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする