SMクラブはメンヘラが多い!?リスカ率高いって本当!?

SMクラブで働きたいけど、気になるところが…。
そうです、SMクラブってメンヘラが多いって聞いたことがあるんです。

実際同僚になる女の子にメンヘラがいたらどうしよ~!リスカ率も高いらしい…。
そこで今回はSMクラブのリスカ率、メンヘラ率についてお話しします。

やはり高いのか!リスカ率の真相は!?

カッター ナイフSMクラブはSッ気のある女の子とMッ気のある女の子のどちらも働いています。

なんとなくSッ気の女の子よりMッ気のある女の子のほうが、リスカ率は高いような気がしますよね。
では、リストカットをしている女の子の数は、実際のところどうなのでしょうか。
私の知る限りでは、Mッ気のある女の子の方が、リスカ率が高いことは間違いありません。
しかし風俗業界全体で見る限りでは、SMクラブだけが特に多いといった印象は受けません。

風俗嬢の中にリストカットをしている女の子はある程度いますし、それはどの業種に偏っているというイメージは全くないのです。
なんとなくSMクラブはリスカ率が高そうな気がしますが、なぜそうならないのでしょうか。

リスカ跡のある女の子は面接で落とされるの?

業種によって偏っていないのは、面接で落とされるお店がある一定数あるからじゃないかと考えるのは当然です。

それにお客さん目線に立つと、リスカ跡のある子はなんとなくメンヘラって感じがして、良い印象ではないのではないでしょうか。
だから面接で落とされる可能性が高いんじゃないのか、というのは当然思いつく結果だと思います。
実際のところでは、やはりリスカ跡があるのは、良い印象は受けません。
自傷癖というのは、認証欲求のうちの一つ、どうしようもない孤独や寂しさなどから生まれるものです。

メンヘラという言葉で片付けてしまうと簡単ですが、実際には精神衛生上のトラブルを抱えているということです。
お店側から考えると、やはりそういった女の子は雇いにくいというのが本音みたい。
風俗嬢でなくても、例えば、自分がお店側だと考えると、精神衛生上のトラブルを抱えた人をバイトとして雇うでしょうか。
その人の現在の様子にもよりますが、やはりマイナスであることは間違いありません。

面接を受けるのであれば、やはり隠したほうがよいのかもしれませんね。

リスカの傷跡、消えないのか。

質問リストカットの傷跡が今もある!という女の子もいるかと思います。
それは現在進行形でリストカットをやめられない人からリストカットを克服したけれども、その傷跡だけが残ってしまっている人から様々だと思います。

それでは、その傷は消せるのでしょうか。
程度にもよりますが、基本的には消えにくいのがリスカの傷跡です。
リスカというよりは切り傷というのは基本的に傷跡が残りやすく、目立ちやすいんですよね。
傷の深さや傷跡の方向によっては、だいぶ薄くなったりするんですが、それでもどうしても目立ってしまいます。

これはもう仕方のないことです。
仕方のないことは仕方のないことと割り切りましょう。
しかし、お金をかければ、整形外科手術である程度の修復は可能です。

それでは、隠すというのはどうでしょうか。
風俗で働きながら隠すのは意外と難しいんですよね。
特にソープや、ヘルスなど、全裸になるのが基本の業種ではどうしてもさらけ出さざるを得ません。
しかしSMクラブのメリットはある程度衣装を着ていても不自然ではないというところにあります。
例えば、手首を隠すためのリストバンドなどはSMクラブでは特に違和感なく装着できます。

そういった理由から少し多いような印象を受けているのかもしれませんね。

まとめ

SMクラブはメンヘラが多い?について、いかがでしたでしょうか。

風俗業はどうしてもメンヘラが多い仕事です。
特に自分に自信がない方や、愛されたいという欲求を抱えた方が自分を認めてもらいたいという理由で働いている側面もあります。
しかしそういった人ばかりでなく、キチンと自身を持って風俗という仕事に向き合っている人もいます。
リスカについては大きく気にせず、自分は自分という意志で働くと問題ないでしょう!

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする