オナクラでランカー嬢になるには、何が必要?テクニック?

これから「風俗嬢」として働きたいと考えている皆さん、それからすでに風俗店で働いている皆さん、オナクラのランカー嬢というのはご存知ですか?
オナクラというのは、「オナニークラブ」の略称で、その名の通り、「男性が女性を見ながらオナニーする」あるいは、「女性に見られながらオナニーする」という、特殊な風俗店です。
男性客は、女の子に触れることが出来ないお店が大半です。
オプションで「女の子から乳首責めを受ける」とか、「黄金水」が出来たりする場合もあります。

こうした特殊な風俗店の仕事は、プレイが発生しないので、極端に言えば「何もしなくて高額な収入を得る」ことが出来ます。
もちろん、何もしないというのは比喩であって、本来はちゃんと仕事はあります。
見られるだけではありません。
オプションで手コキもありますから。

でも、ホテヘルやデリヘルのように、ハードなプレイはありません。
そんなオナクラで働く女の子の中でも、指名ナンバーワンの人気嬢にもなると、ホテヘルやデリヘルで必死になって鬼出勤しているような風俗嬢よりも、はるかに高額な稼ぎが得られます。
魅力的ですよね。
では、そんな魅力的なオナクラで、どうすれば指名がどんどん取れるような、人気のランカー嬢になれるのでしょうか?

この記事では、そんな疑問や悩みを解消するためのことを書いていきます。

ランカー嬢になるには、「売り上げ額」が大事

棒グラフオナクラでナンバーワンになるにはどうすれば良いでしょうか?
そこに疑問を持つ女の子はたくさん居ると思います。

可愛ければ良いか?と聞かれたら、ノーという回答になります。
何を意識するべきかと言えば、まずは「売り上げ」を考えるべきです。
オナクラでランカーになるには、売り上げの金額が最重要なのです。

売れない女の子をランカーにして並べておいても、店側は何も得がありません。
つまり、オナクラでランカーになるには、そういう次元を意識しないといけません。
ランカーとは、いわゆる「売れっ子嬢」のことですから、売り上げに貢献できない女の子は、ランカーにはなれません。
ですので、いくら可愛くても、それだけじゃ意味がないんです。

では、売り上げを上げるにはどうすれば良いでしょうか?
テクニック?サービス?それとも他の何かでしょうか?

答えは、いかに男性を長く惹きつけることが出来るかです。
第三者が見て、可愛いと感じていても、オナクラに通う男性にとって、満足ができない存在だったら、テクニックやサービスを意識しても無意味です。
男性を魅了することができれば、指名やリピーターもどんどん付くでしょう。
つまりは、男性を魅了することを考えて、指名を付けることに繋げて、良いサービスを提供して、売り上げを上げていく、ということで、ランカーへの道が拓けるということになります。

本当のオナクラとは?オナクラの真実

質問売り上げを意識することは、もっとも大事なことですが、それよりも「オナクラ」を定義するものを考えてみましょう。
脱がない、触らせない、舐めないの三原則がオナクラです。

しかし、最近ではこの三原則は見事に打ち破られており、どれも出来ないことには、売り上げを高めることは非常に難しいのです。
また、昔は「パンティ持ち帰り」など、女の子側の負担が低い、ソフトなオプションばかりでしたが、近年ではほとんどが箱ヘルやデリヘルなどの風俗嬢の仕事と変わりません。
箱ヘルやデリヘルの風俗嬢の仕事と変わりがないということは、オナクラで働いてメリットが存在するかどうか、ということをまずは考えましょう。
オプションの一例を挙げると、「手コキ」「足コキ」「乳首舐め」など、箱ヘルでは一般的なプレイが、お金を支払えば出来るのです。

これらを実際にやってみると考えると、やっていることは風俗店と同じなので、精神的な負担が大きいのではないかと思いますよね。
実質的に考えれば、プレイ内容は同じであっても、それらがすべて「オプション」ということになりますので、このオプション料金さえ回収してしまえば、売り上げになります。
プレイ内容が嫌だったとしても、オプション扱いとなりますので、このあたりのプレイが出来れば、売り上げの足しになるでしょう。

オナクラで指名をもらって、リピーターを付けるには何が必要なの?

どの業種の風俗店でも同じことが言えますが、やはり大事なのは「人間性」です。
この人間性が良くなければ、お客さんは付いてくれません。
綺麗(カワイイ)けど、不愛想で要求を飲んでくれないような嬢なら、多分、どんな人だって付きたいと思わないでしょう。
ここで言う人間性とは、「笑顔を絶やすことがない」や、「会話中に相手を気遣える」や、「雰囲気作りのテクニックがある」です。

笑顔が溢れている嬢って、実はそんなに多くないのです。
表面上は笑っていますが、瞳の奥では何を考えているか分からない。
そんな張り付けたような笑顔を持った女の子はたくさんいます。
こういった愛想笑いをする女の子は、指名が付きにくいです。

お客さんと会話中に、お客さんがつまらないジョークを言ったとしても、それを上手く拾い上げて、ジョークが寒くならないような、気遣いが出来て、なおかつそれが相手に悟られにくい子は、リピーターがどんどん付きます。
でもこれって凄く難しいですよね。
なので、悟られてもかまいませんが、それが優しさに見えるように、笑顔は絶やさないことが大事です。
これらすべてを上手くこなせるようになって、ようやく「良い人間性を持った嬢」として認識されるでしょう。

意外とランカーを目指すのって難しいですね。

オナクラでランカー嬢になったら、どれくらいの収入があるの?

質問ナンバーワン嬢や、ランカー嬢の収入ってどれくらいか気になりますよね。
デリヘルや箱ヘルと比較して、どれくらい稼げるのかなど。

それでは、まずナンバーワン嬢の場合はどうでしょうか?
結論から言えば、年収で800万円~1,000万円くらいの幅で変動します。
驚くことに、デリヘルや箱ヘルで、鬼出勤して消耗している子たちと比べると、プレイ内容がソフトなものが多いので、精神的な負担は低いです。
ただし、ナンバーワンともなれば、自身への美意識は常に高く持たないといけません。

次に、ランカークラスの場合はどうでしょうか?
割とナンバーワンと差があって、年収で200万円~400万円ほどです。
箱ヘルやデリヘルと比べると、少なめに見えてしまいますね。
それでも、一般のサラリーマンと比べると、相応の水準で暮らせますね。

ではランカーじゃない場合はどうでしょうか?
年収で100万円~200万円くらいといわれています。
200万円までいけば、ランカークラスに何とか食い込めるのではないでしょうか。
つまり、ランカーになるには、それなりの売り上げが必要なんです。

オナクラは料金が低めに設定されているので、いかにオプションを駆使して、お客さんに飽きられることがないか、ということを考えてください。

まとめ

オナクラでランカーになるには、高い水準の売り上げが必要です。
売り上げを高く保つには、お客さんを飽きさせないことです。

飽きさせないためには、常に自身の美意識を高くもち、なおかつ出来ないオプションをなくしていくことが重要です。
また、オナクラは出来ないオプションが多ければ多いほど、お客さんに飽きられる原因にもなりえます。
指名してくれるお客さんを増やすために美を保ち、リピーターを付けるために、色んなことが出来る人になりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする