セクキャバって掛け持ちできる?リスクは?

風俗で働いているけど、もっと稼ぎたい!!今のお店だけじゃなくて、別の店でも働ければもっと稼げるのに!あるいは、昼職の収入だけじゃ食べていけない…夜のお仕事もしたい!そう考えている風俗嬢の方、多いのではないでしょうか。
でも実際、風俗の掛け持ちって可能なんでしょうか。

今回はセクキャバに着目してお話ししていきましょう。

風俗嬢の掛け持ち、風俗店的にはオッケー?

質問昼職と掛け持ちを考えている女の子も多いかと思います。
おそらく昼職はバイトでもない限り、会社規定で副業は禁止されていると思います。

しかし風俗店は基本的には掛け持ちを禁止していません。
昼は会社事務、夜はセクキャバ…という人も実際におられます。
風俗の求人情報をみるとわかると思いますが、掛け持ちOK!と堂々と書いてあるお店が多くあります。
つまり風俗店的には掛け持ちは何ら問題ないということです。

しかし全くもって問題ないというわけではありません。
昼職との掛け持ちの人には昼職と掛け持ちの人、風俗と掛け持ちの人は、風俗と掛け持ちの人でそれぞれ注意しておくべき点があります。
その注意点について説明しておきましょう。

昼職との掛け持ちの注意点は?

注意 マークこれに関してはとにかくバレないようにすることです。
身バレは掛け持ち風俗嬢にとって最も避けたい事態です。
身バレしないためにも勤務地と風俗店の距離感や飲み会などに使うお店との距離感は意識しておかなければなりません。
セクキャバだったら、飲み会のついでにちょっと…なんてこともあり得ますから、出勤日にもちょっと気を付けなければなりません。

ほとんどのセクキャバではお客さんを確認してから接客を始めるので、しっかりと確認していれば、同僚と鉢合わせることはないと思います。
しかしちょっとした気のゆるみなどからそういった鉢合わせが現実なったという話もよく聞きます。
十分に注意しておきましょう。

風俗とセクキャバの掛け持ちについて

風俗店が掛け持ちを禁止するならば、理由は一つ、お客さんを取られてしまう可能性があるからです。
風俗店は客単価が高い分、しっかりと集客できないとすぐに廃業になってしまいます。
つまり地域内のお店はすべてライバルといっても過言ではないでしょう。
ですので、同地域内での掛け持ちというのは少し難しいところがあるかもしれません。

吉原のセクキャバで働きながら、吉原の箱ヘルで働く…といった具合です。
さらにもしあなたが人気嬢であれば、掛け持ち先にお客さんを持っていかれるという危険もあるわけですよね。
セクキャバとソープといったようにまったく別業態であれば、問題は大きくありませんが、セクキャバとセクキャバのような掛け持ちだとその危険性は十分に考えられます。
そういった理由から掛け持ちを禁止するお店がありますので、掛け持ちしたいのであれば、地域を別の地域同士にすることや、別業態の風俗を選ぶことをおすすめします。

しっかり稼ぎたいのであれば、リスクはしっかりと考えて置き、もしものときにリスクが少ない働き方を選ぶようにすると万が一でも安心ですよ。

まとめ

セクキャバって掛け持ちできる?
についていかがでしたでしょうか。

実際に掛け持ちは可能です。
昼職との掛け持ちでセクキャバで働いている人も多く見かけます。
セクキャバだけでなく、キャバクラ、ソープ…多くの風俗で掛け持ちは行われています。
他店に迷惑をかけなければ基本的に問題ないので、身バレ、他店への迷惑を考えながら、いかにそうならないかを考えて、掛け持ちの店舗選びをするとよいでしょう。

掛け持ちすると収入の大幅アップも可能!ぜひ積極的に考えてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする