メンズエステの平均年収はいいのか?

貧困大学生が、学費と生活費を手軽に稼ぐために風俗嬢になる女性もいますが、マッサージを中心としてメンズエステまででとどまって欲しいものです。
理由は3ナイサービスで性的プレイがないからです。
出勤日数・客入りによって年収に差はでますが、接客努力によっては学生では十分な稼ぎができると思います。

メンズエステの平均年収はどのくらいなのか、見ていきましょう。

メンズエステの平均年収はどのくらいか?

メンズエステの平均年収はいいのか?エステと名前のつくお店はたくさんあって、性感エステ・回春エステなどいかにも風俗という感じのものから、アロマエステ・メンズエステなどまであります。
名前にエステとつけば、どれも同じサービスかと言えば違うのです。

エステシャンがする本当のマッサージがメインのエステと呼ばれるものから、性的プレイがあるものまであります。
性的プレイでは、手コキ・生フェラなどもあるので、正直これをエステと呼んでいいのかと思いますが、それでもエステと看板はついているのです。
エステであってもお客さんが支払う料金には差があります。
料金に差かあれば、当然あなたの稼ぎは変わってくるのです。

メンズエステのサービスで、マッサージがメインになっていて、オプションで手コキ・オールヌードサービスがあるところで、月間平均収入は25万から30万になっています。
年収ベースで300万から360万と考えていいでしょう。

大学生になぜメンズエステが向いている?

女子大学生がするのなら、性的プレイが全くないかあったとしても手コキぐらいまでしましょう。

お金が欲しい・遊びたいなどが理由ではなく、苦学生として大学を卒業するまでの期間働くことを目的にしているのだから、性風俗はオススメしません。
メンズエステのサービス内容は、あなたは制服を着てサービスをします。
お客さんから触られることや・舐めることはしません。
お客さんはひとりでシャワーして、紙製パンツをはいてベッドに横たわります。

お客さんのからだ全身(性器部分以外)をマッサージしていきます。
オプションサービスをOKにすれば、手コキ・オールヌードでマッサージなどがあります。
オプションはあなたがNGすれば、する必要はないです。
女子大生でメンズエステを進める理由がもうひとつあります。

それは、就職活動への影響です。
あなたが希望する就職先の男性がお客さんとしてくるかもしれません。
性的要素ができるだけないものを選ばないと、将来の就職に影響することもあるでしょう。

メンズエステのリスクは?

棒グラフメンズエステは、店舗型と派遣型があります。
マッサージをメインにしているお店は最近多くできていますね。
これはマッサージだけのところで、カーテンで仕切っているベッドでお客さんをマッサージするようになりますが、多くの女性と男性スタッフで運営しています。
メンズエステの店舗型はもっと密室に近くなりますが、それでもスタッフや同僚が近くにいるので、安心してマッサージできますね。

派遣型はホテルかお客さんの自宅でサービスするようになります。
スタッフは近くにいないので、トラブルはあなたが処理しないといけません。
制服を着てサービスするので、性風俗よりもハードルは低くなるのですが、それでも相手は男性です。
腕力ではあなたは叶わないでしょう。

お客さんがマッサージしている最中にその気になってしまうこともあるでしょう。
ペニスが勃起して紙製パンツを破ってしまうこともあります。
本番交渉や本番強要が絶対ないとはいえないのです。
あなたが、うまくお客さんをコントロールしないといけません。

まとめ

メンズエステの平均年収は、プレイ内容によってかなり差がでるようになります。
女子大生がメンズエステで働くのなら、性的プレイがないエステ店にしないと、就職活動に影響がでることもあります。
ご参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする