キャバクラで貧乳は働きづらい? カップが大きいほうが有利?

キャバクラをはじめとして、「女性」の部分を利用する職業で働こうとすると、どうしても気になってくるのが体型の問題ですよね。
太りすぎで悩むという人も少なくないと思いますが、逆に痩せすぎ、貧乳で悩んでいるという人も少なくないはず。
特に指名が稼ぎに直結してくるキャバクラでは、「貧乳だと人気が出ないのでは?」と考えてしまう人も多いようです。
そこで、ここでは貧乳がキャバクラで働こうとする際、何かしら不利があるのかどうかについてまとめていきたいと思います。

貧乳の女の子はキャバクラで働くときに不利なの?

キャバクラで貧乳は働きづらい? カップが大きいほうが有利?キャバクラは、いわば人気商売です。

男性にとって魅力的な女性であればあるほど稼げますし、収入も増えていきます。
では、胸というセックスアピールに乏しいぺちゃぱいの女性は、キャバクラで働く際に不利を背負ってしまうのでしょうか。
結論からいうと、「基本的に」そんなことはありません。
というのも、キャバクラに来るような男性はエロを求めるよりも会話による癒しを求めていることが多いからです。

なので、「あの子は貧乳だから……」と指名する上で敬遠されることはありません。
どちらかというと、貧乳であることにコンプレックスを持ちすぎて接客態度が暗くなってしまったり、お客さんの目を見て話さなかったりすることで収入が下がってしまうことのほうが多いでしょう。
なので、貧乳の女性がキャバクラで働く際には、自分の身体のことについて悩むよりも、いかにはきはきと明るく話すのかということが大切です。
しかしながら、貧乳が不利にならないのは普通のキャバクラの話。

お触りが当たり前のセクキャバのような職業では、面接の時点で貧乳が不利に繋がってしまう可能性があるでしょう。
というのも、セクキャバに来るお客さんはエロを求めてることが多く、その点微乳ないしは貧乳の女性は、指名の面で不利を背負ってしまうからです。
また、セクキャバのような職場でなくとも、貧乳の女性が気をつけなければいけないことも存在しています。
それがドレスの選択です。

キャバクラでは、ドレスを着用して仕事をするのが普通なのですが、その際にサイズを誤ると、胸がはだけて意図せず乳首が見えてしまうこともあります。
なので、ドレスのサイズを選択できるキャバクラでは、しっかりと自分のサイズに見合ったドレスを着用しましょう。

どうしても貧乳がコンプレックスなら胸を盛ることもできる

質問貧乳だからといって、何か不利益になるということはないという話をしました。

しかしながら、いざ入店してみたら全員がDカップ以上で、どう見ても自分だけ浮いている、という状況もままあると思います。
そんなときは、道具に頼ることも重要です。
今の時代貧乳が武器になることもありますが、自分が気になるようであればヌーブラをはじめとした商品で多少胸を大きくすることもできるでしょう。
カップ数を増やすのは、あくまで化粧のようなものなので、もし自分が気になるのなら着用してもいいと思います。

キャバクラで貧乳の女の子が働くときのまとめ!

繰り返しになりますが、ぺちゃぱいだからといってキャバクラで不利益を被ってしまうことは基本的にありません。
酔っ払ってきたお客さんに冗談交じりで胸のことを言われるかもしれませんが、そういった発言を気にせず受け流すのも接客術の1つでしょう。
働く場所が普通のキャバクラである限り、貧乳はそこまで気にすることではないということを胸に留めておきましょう。

大事なのは、はきはきと喋ることと、お客さんと楽しく会話をすることです。
痩せ身、貧乳の女性でもたくさん稼いでいるという人もいるということを覚えておき、自分に自信を持つのが大切でしょう。
世の中には胸の小さい女性のほうがずっと好きだという男性も少なくないので、自分の体型を気にしすぎないのが一番重要です。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする