マットヘルス嬢がクレジットカード持つと危険?貯金できない?

マットヘルスで働く女性は、貯金ができない人が多いようです。
稼ぎの良いマットヘルスで働いているのに、何故でしょうか?

実はその原因の一つに、クレジットカードの使い過ぎがあります。
いくら頑張って稼いでも、知らない間に無駄遣いをしてしまっていては勿体ないですよね。
今回はそんなマットヘルス嬢が上手くクレジットカードと付き合っていく方法や、貯金するための方法などをお伝えしたいと思います。

クレジットカードの怖さ

クレジットカードクレジットカードを持っていると、手持ちの現金が無くても買い物が楽しめます。

ですがカード払いにもデメリットがあり、いくら使ったのか分からなくなることが挙げられます。
人は現金を手にしないと、買い物をしている感覚が薄れるものです。
例え出費していると自覚していても「すぐに風俗で稼げる」という思考回路になるため、買い物に歯止めがつかなくなる女性が多いのです。
稼ぎの良いマットヘルスなら、日給2~3万円は稼げますのですぐに取り戻すことは可能です。

ですがそれを繰り返しているうちに、マイナスにはならないものの貯金ができない結果となります。

限度額を下げてみよう

クレジッドカードは確かに便利ですが、決済のほとんどが翌月になります。
使ってすぐ生活に支障が出るわけでもないので、限度額ギリギリまで使ってしまう人も少なくありません。
そこでオススメなのが、カードの限度額を引き下げることです。

例えば限度額を5万円に設定すれば、そのカードは月に5万円までしか使えません。
足りなければ現金で支払うようにして、自分がいくら出費しているのか自覚するように制限するのです。
何でもカードで済ませていると、支出の把握がおろそかになります。

延滞とブラックリストについて

No, 拒否風俗嬢であっても、今はクレジットカードを持てる時代です。

それにも関わらず審査落ちしてしまう女性は、すでにブラックリストに載っているかもしれません。
クレジットカードの支払を延滞すると、信用問題に関わってきます。
すぐに返済できるなら問題ないですが、何度も繰り返したり長期延滞すると
返済能力に問題があると判断されます。

一番怖いのが、いま現在使用できているクレジットカードも止められてしまうことです。
どの会社でも定期的に途上与信をかけていますので、複数のカードを持っていても
トラブルを抱えていれば全てに影響するので要注意です。

デビットカード審査について

デビットカードたとえブラックに登録されている風俗嬢でも持てるのがデビットカードです。

このカードでいくら使おうが、自分の預金残高の範囲内で引き落とされるだけです。
あくまでもデビットカードですが、クレジットカード同じように使うことができるので便利です。
デビットカードの嬉しいところは、自分の預金残高が担保になっているため審査はありません。
ですが審査の時、勤務先にアリバイ会社を記載するのはオススメできません。

例えデビットカードであっても、勤務先・・運営している会社名 / 電話番号・・勤務先の番号
このように少し区別して書くのがベターです。
先ほど限度額の引き下げについて書きましたが、デビットカードには利用限度額が
設定されていないものもありますので使い過ぎに注意してくださいね。

仮に使い過ぎても預金額が減るだけですので、自己責任でご利用くださいというスタンスです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
マットヘルスはバックが高いので、ラクに貯金ができるイメージがありますよね。

ですがクレジットカードが原因で、なかなか貯金できない女性が多いものです。
特に買い物をすることで、仕事のストレスを発散している風俗嬢は気をつけてくださいね。
すでに金銭感覚がズレていますので、少しずつ生活を見直してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする