ソープで働くのは危険?!性病の危険と関連性

性病とは、性行為を介して感染する病気の総称です。
どの風俗の種類でも性病の危険はありますが、特にソープは性病感染の危険が高いと言われています。

なぜ、ソープは性病の危険が高いのか?
性病とソープの関連性や性病対策などを簡単にですが紹介します。

性病についてのおさらい

ウイルス性病とは医学的な病名ではありません。

性行為をした際に感染・発症する性感染症の総称として呼ばれます。
クラミジア感染症や梅毒、淋病などが性病に分類されます。
これらの病気は細菌、ウイルス、カビ、寄生虫が原因とされ、粘膜から粘膜へと感染していきます。
感染経路は口腔内と性器、アナルを介します。

それらの粘膜に精液や唾液といった分泌物が付着することで広がっていきます。
その為、アナルセックスやフェラ、本番行為を行うだけで感染の危険があるわけです。
また、傷口からでも感染します。
手コキだけだったのに指を怪我していたせいで感染、なんてこともある為注意しましょう。

それと理屈でいえば眼球からも感染します。
ただ、ほとんど場合、目に分泌物が付着することはない為、軽視されてしまっています。
もし、精液が飛んだり目を舐められるようなことがあれば感染を疑いましょう。
性病は一部の例外を除いて自然治癒しません。

さらには、放置することで悪化し、最悪の場合死に至ります。
性病の多くは発症しても潜伏期間があり、気が付かず軽視しがちです。
昔は発症して亡くなってしまう人も大勢いましたが、現代医学では検査により早期発見し、治療することが出来ます。
性行為をして何か違和感がある様なら検査をして、感染していたら、他人に性病を移す前に治療をしましょう。

なぜ性病はソープに多いのか?

性病の感染経路の一つは性器同士の接触です。
その為、本番行為のあるソープが性感染しやすくなります。
オナクラなどのソフトな風俗に比べて格段に性病の危険性があります。

また、ヘルスも同様に危険です。
ヘルスは本番行為が無いと言っても素股など性器をこすり合わせる行為があり、性病の危険度は変わらないでしょう。
ソープとヘルスどちらも同じくらい性病の危険は高いですが、あえて言えばヘルスの方が高いです。
ヘルスはソープとは違いアナルセックスやアナル舐めを取り入れています。

その為、排泄物や腸から感染する性病の危険があります。
また、ソープではコンドームを使用しますが、ヘルスではほとんどコンドームを使用しません。
コンドームをすることで幾分かは性病予防できますが、それが無い分危険と言えます。
ただ、あくまでもヘルスの方が性病の危険が高いと言うだけで、ソープも十分性病の危険が高いです。

風俗で働く以上は性病の危険は無くならない為、定期的に性病検査などを行い、性病をうつされてもすぐに治療できるようにしましょう。

性病感染を防ぐためには?

性病は防ぐことのできない病気ではありません。
対策をすることで性病の危険を軽減することが出来ます。

コンドームの使用

コンドーム性病を防ぐ方法は粘膜同士の接触をしないことです。
しかし、それでは風俗として成り立ちません。
その為、粘膜同士の接触が無い様にコンドームなどを使用します。

たとえ本番行為をしても妊娠と同じように守ってくれます。
可能ならばフェラなどもコンドーム越しにできればいいのですが、それは難しいでしょう。
絶対に守れるというわけではありませんが、コンドーム無しと有りでは感染率が大きく変わるでしょう。

清潔に保つ

性病は体を綺麗にすること幾分かは防ぐことが出来ます。
性病の原因は体内に含まれるだけではなく、体表にも付着しています。
シャワーを浴びることで細菌やカビなどを洗い流し性病の危険を減らします。
また、傷口があればテープで保護し、便からの感染を防ぐため排泄するなど不衛生でない様にすることも大切です。

それと、ベッドやシーツが汚い様なら変えるなど環境も整えましょう。

免疫力を下げない

性病は外的に防ぐことも大切ですが、免疫力を高めて感染させない様にすることも大切です。
病気は、本人の免疫力が低いと体が病原菌に負けて発症します。

これは性病でも同じです。
疲れや体調不良なほど免疫力が低くなり性病に感染する危険が高まります。
睡眠や休憩をよく取ったり、抗生剤を飲んだりして免疫力が低くならないように注意しましょう。

目視する

性病は進行度によっては症状を目で確認できる場合があります。
口腔内や性器が赤く腫れていたり、イボやブツブツが出来ていたら感染症を疑いましょう。
他にも、悪臭が酷かったり、陰毛周辺が痒そうだったりしたら感染症の疑いがあります。
男性なら尿道口からの膿、女性ならオリモノの異常など自分でも性病の確認することが出来ます。

もし、事前に異変がわかる様なら性行為やキスなどの粘膜接触はしないようにしましょう。

性病検査

検査性病の殆どは感染症です。
その為、他人に感染させないようにすることも大切です。

多くの性病は初期段階では自覚症状も少なくわかりにくいものばかりです。
しかし、検査すれば性病かどうかは一目でわかります。
定期的な性病検査だけではなく、性病かもしれない人と性行為をしたら自主的に検査をしましょう。
もし、性病と判断されたら、他人に感染させない様に性行為を控え治療に専念してください。

初期段階なら性病は目立たず、誰にも気付かれずに完治できます。
性病検査はお金もかかり頻繁にやりたいものではありません。
しかし、自身やお客を守る為にも必ず行いましょう。

もし性病に感染していたら?

もし、性病に感染していたら病院に出向き治療しましょう。
性病は例外を除き自然治癒しない為、治療するしかありません。
放置しておくとより深刻になる為、判明し次第治療を開始しましょう。
また、性病感染者は他人に感染させないことも義務です。

不特定多数のお客を相手にする風俗嬢はもとより、大半の人は自分が性病かどうかはわかっていません。
検査をして初めて感染の有無がわかります。
その他、性病感染していても気が付かずに他人に感染させてしまうことは頻繁にあります。
他人から移されることは仕方ないとしても、自分からは他人に移さないようにしてください。

性病に感染した人ならわかりますが、感染が分かった瞬間は「冗談じゃない」「最悪」と思うはずです。
その気持ちを他人に押し付けないようにする為にも、感染中は性行為を控え完治に専念しましょう。

主な性病

ウイルス性病の中で特に有名な病気を使用開始めます。

これ以外にも沢山性病はありますが、せめて有名な物だけでも知っておきましょう。

クラミジア

国内の性病感染者が一番高いと言われている性病です。
主に10~20代の女性が感染しやすいと言われています。

発症場所によって咽頭クラミジアや性器クラミジアと呼ばれていますが、どれも同じ病気です。
原因は「クラミジア・トラコマティス」という細菌による感染です。
感染力の強い細菌で感染者と性行為をすると約50%の確率で感染します。
ただ、直接的な接触でしか感染はしない為、飲み物の回し飲みや浴槽などからの感染の心配はありません。

キスや性行為などに注意しましょう。
症状は感染場所が炎症します。
赤く腫れ、痒みや痛みを伴います。
ただ、初期段階では痛みなどは少なく、感染したことに自覚症状が殆どないのがクラミジアの特徴です。

重症化しない為にも初期症状に注意しましょう。
性器クラミジアの初期症状は痛みや腫れ、発熱の他に、男性なら尿道から膿、女性ならオリモノの増加などもあります。
他にもなんか違和感がある様なら検査をすることをお勧めします。

淋病

クラミジア同様に性病感染者が多い性病です。
全体の70%の感染者が男性と言われています。
男性感染者の方が多い為、複数の風俗店を利用していると多くの風俗嬢が感染の危険があります。
原因は「淋菌」と呼ばれる細菌です。

主に性行為での感染と言われていますが、感染者の使用したタオル越しの感染も報告されている為、間接的な感染の可能性もあります。
ただ、人体から離れると数時間で感染力を失うと言われている為、注意すれば間接的な感染は防ぐことが出来ます。
淋病の特徴は、感染すると20~40%の確率でクラミジアも合併するということです。
初期症状もクラミジアと似ており、膿や痛み、発熱などが挙げられます。

最悪の場合、不妊症の可能性もある為、初期症状の見落としが無い様に注意しましょう。

性器ヘルペス

ヘルペスは日常的にもある病気です。
ヘルペスの種類は全部で8種類あり、幼少の頃にかかる水疱瘡もその一つです。

原因は「単純ヘルペスウイルス」と呼ばれるウイルスです。
主な感染は、発症している感染者と性行為などを行うことで感染します。
ヘルペスの厄介な特徴は、一度感染してしまうと完全にウイルスを除去できないということです。
水疱瘡でもそうですが、感染することで体内に菌が残り免疫が生まれます。

性器ヘルペスも同様ですが、体内のウイルスが残ったままの為、体調の変化や免疫力の低下でウイルスが活性化してしまい再発してしまうことがあります。
また、女性器に感染している場合、出産と共に新生児に感染してしまうおそれがあり、帝王切開しなければならないなどのリスクが出来てしまいます。
症状は、痒み、ブツブツ、水ぶくれの症状が発生します。
また、リンパ線が腫れたり痛みを伴う場合もあります。

女性の場合尿道付近に感染すると、排尿時に痛みがあるなどの厄介な症状もあるようです。
ヘルペスは薬で抑えられますが、完治するわけではありません。
約80%の人は再発してしまうと言われています。
再発防止をする為に睡眠休息をしっかりと取り、体力や免疫力が低下しないような生活をしましょう。

梅毒

梅毒は、過去多くの国で発生し多くの人を亡き者にした危険な性病です。
当時は治療法も確立しておらず、発症したら助からない者が多い病気でした。
しかし、抗生物質のペニシリンのは登場でない毒は治療できる病気となり、多くの人々を救います。

現在でも梅毒は多く感染者を出していますが、治療できる病気な為、恐れる必要はありません。
原因は「梅毒トレポネーマ」という病原菌です。
感染力が強く、傷口やキスで簡単に感染します。
一応はコンドームで予防できますが、梅毒性の丘疹が触れるだけで感染した例もある為、完全に予防することは難しい病気です。

得意血液感染が多いです。
梅毒の症状段階は大きく4段階に分かれます。
段階が進むごとに症状は大きくなり、血液に乗って全身へ転移していきます。
腫れ、発熱、倦怠感、疼痛、しこりなどが症状として現れます。

殆どの場合は症状がはっきり出始める2段階目までに治療を開始しますが、それ以上放置すると細胞が破壊されてしまい、後遺症や死亡の可能性があります。
重症化する前の早期発見が何より重要な性病です。

まとめ

性病は性行為をしたからといって必ず感染するわけではありません。

しかし、だからといって性病を軽視してはいけません。
感染すればお金や時間が浪費されますし、その間風俗も利用できません。
人に知られれば恥ずかしいですし、最悪重症になる場合もあります。
ソープに関わらず風俗は性行為を目的としている場所の為、性病とは切ることのできない関係です。
少しでも性病のリスクを下げる為コンドームを使用したり、感染を広げないようにする為定期検診を行いましょう。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする