温泉コンパニオンになりたいなら高齢者への接客ができないとやっていけないって本当?

近年話題になっているのが少子高齢化や男性の草食化による風俗客の平均年齢の上昇。
このためシニアの風俗客の扱いが上手でないとこの先稼げる嬢になれないという噂も出ています。
特に温泉コンパニオンは高齢者独自の接客をしないとやっていけないという話がありますがそれは本当なのでしょうか。

温泉コンパニオンはどんな仕事をするのか?

温泉 日本温泉コンパニオンといってもどんな仕事をするの?と疑問を持たれている女性は多いのではないでしょうか。
ピンクコンパニオンと呼ばれたり、スーパーコンパニオンなどと表現されていることも多いですが、旅行主催者が温泉宿に呼ぶ接待サービスをするのが温泉コンパニオンです。

近年では一人旅で温泉地を訪れるお客さんも多くなってきていることから、個室まで訪問をしてマンツーマンで接客をする温泉コンパニオンのサービスも増えている状況です。
一緒にお酒を飲みその場を盛り上げるといったサービスから、ハードな風俗系サービスを提供するものまでさまざまなタイプの温泉コンパニオンが存在していますから、応募をする前にどんな仕事をするのかをチェックすべきでしょう。
一緒にお酒などを飲み接客するのみの温泉コンパニオンはソフトコンパニオンや宴会コンパニオンと呼ばれており、スーツや浴衣などがコスチュームです。
一方でピンクコンパニオンやスーパーコンパニオンと呼ばれるタイプは、トップレスになったり全裸になったりしますし、そもそもランジェリー姿で登場したりするアダルト色が強いものです。

女体盛りや王様ゲーム、野球拳やわかめ酒などのアダルトな宴会芸を行う必要があります。
ピンクコンパニオンはハードコンパニオンとスーパーコンパニオンに分けられ、もっとも過激なサービスをするのはスーパーコンパニオンになります。
下半身のタッチをしたり触られたり、フェラチオなどのヘルスサービスを提供する必要もでてきます。

高齢者の性欲がすごい

老人シニア層と言われる高齢者の多くが町内会や商店街などの旅行で温泉に行き、温泉コンパニオンを呼んで盛り上がっている一方で若者がこういったものを利用するケースはほとんどなくなりました。
このため温泉コンパニオンとして稼ぎたいのであれば、シニア層が喜ぶようなマッサージや扱い方を心得ておく必要があると言えるでしょう。
性感やヘルスなどの風俗店同様のサービスを提供するところもありますが基本的に本番は禁止行為になっています。
シニア層で元気な方であればセックスをしたいと個別に呼ばれることが多いですがチップは別で2万円から3万円が相場になります。

高齢者の性欲が強いとはいえ、年齢的に勃起することができず本番行為はできないケースもあります。
こういった方が相手の場合には、非本番だったり性感や高級店などで行われる特殊な前戯プレイなどを提供すると喜ばれることでしょう。
扱い方を間違えてしまうとプライドを傷つけることになり、二度と呼ばれることはなくなりますから注意しましょう。

風俗店とは違う考え方が必要

いかがでしたか?
温泉コンパニオンは利用層であるシニア層に適した接客をしないと思ったように稼ぐことが出来ません。
基本的に一般的な風俗店で働く風俗嬢とは違い、太客などリピーターをつけることは難しいということです。
基本的には一度訪れるか訪れないかという温泉旅行の時のみ利用するサービスで一見さんが多いのは当たり前のことなのです。

その場限りの短い接客時間の中でどれだけその場にいるお客さんに気に入ってもらう接客をして、チップを別途で貰うことができるかが稼ぎを左右することになってきます。
メインターゲットである高齢者の扱い方を覚え、気に入ってもらうための接客術を身に着けていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする