タトゥーがあってもデブ専風俗店なら働ける?目立たない場所なら大丈夫そう?

欧米ではタトゥーはファッション感覚で入れることが多いため、普通の会社で働いている人ですらタトゥーを入れていることがあります。
その点、日本企業の場合、タトゥーに対する偏見が強いため、たとえワンポイントのタトゥーであっても企業の面接において不採用になりやすいです。
それは風俗の世界も同様なのですが、デブ専風俗店のような容姿に囚われない風俗店ともなると、タトゥーや刺青にも寛容なため、採用される可能性が高いです。

タトゥーに対する世間での認識

タトゥータトゥーや刺青というと、海外ではファッション扱いなのかもしれませんが、日本においてはヤクザなどの反社会的な組織との繋がりを連想してしまうだけに、非常に偏見が強く、たとえワンポイントのタトゥーであってもバレると就職で不利になります。

たとえバレずに採用されたとしても、後々になってバレた時にクビになる恐れもあるため注意が必要です。
それだけに、ワンポイントのタトゥーともなると、部位によっては容易に隠せるのですが、社員旅行などをキッカケにバレる恐れがあるだけに、将来のことを考えるのであれば出来るだけタトゥーは入れない方が良いでしょう。
たとえ会社で働くことが出来たとしても、タトゥーや刺青に対する世間での評価は非常に低いだけに、社会で信頼され辛くなります。
銭湯などの公共施設も利用できなくなるなど、様々なデメリットがあります。

そして、風俗店の採用においても、タトゥーは不利に働きます。

風俗店とタトゥー

風俗業界というと、職歴や学歴のない女性であっても働ける業界です。
高級店ともなると容姿のみならず、中身までも面接の対象となるだけに採用の基準は高いのですが、高級店よりもランクの低い中級店や大衆店、格安店ともなると、多少容姿や性格に問題があっても採用されやすいです。

それだけに、普通の企業で働けない女性が高給を求めて風俗店に入店することがあります。
では、タトゥーが原因で企業から採用されない女性はどうなのでしょう?
タトゥーは企業のみならず、風俗の世界においても厳しい目で見られているため、刺青のある女性は風俗の世界においても不利です。
ただ、昔と違って現在の場合、タトゥーに寛容なお店も増えています。

流石に過度に目立つ刺青を入れている女性は難しいのですが、ワンポイントのタトゥーや、隠れやすい部位にあるタトゥーであれば、それほど問題視されないでしょう。
特にSMクラブのような特殊性のある専門店ともなると、タトゥーがあることでかえって臨場感が盛り上がるのか、昔からSMクラブではタトゥーがOKなお店が多いです。
ただ、あくまで寛容になりつつあるというだけで、必ずしもタトゥーが認められているわけではありません。
何より、風俗嬢は仕事上、プレイの最中は必ず服を脱ぎます。

それだけに、タトゥーがあるのであれば事前に申告する必要があり、もしこの申告を怠ると、後々になってバレた時にクビになる可能性があるので注意しましょう。

タトゥーOKのデブ専風俗店

Ok, Good世の中にはデブ専風俗店と呼ばれるような、太っている女性を好む男性を対象としている専門店があります。
デブ専と呼ぶくらいなため、このような専門店に在籍しているキャストというと、軒並み太っている女性ばかりとなります。

男性もあえてそのような太っている女性を求めてデブ専風俗店を利用しているだけに、容姿よりもむしろ肉の付き具合を重視するものです。
風俗店というと基本的に面接において容姿が重視されるものなのですが、デブ専風俗店の場合、特殊なお店なだけに、容姿に関して言うとあまり重要視されないです。
そのため、デブ専風俗店というと、タトゥーがOKの求人が多いため、刺青を理由に採用を断られた女性であっても、デブ専風俗店ならば採用されやすいでしょう。
ただし、デブ専風俗店は本当に太っている女性を対象としているため、体重が100キロを超えないなど、中途半端に太っている女性は不採用になる恐れがあります。

そのため、タトゥーこそ入っているものの、それほど太っていない女性は、ぽっちゃり歓迎の風俗店や、巨乳専門店のようなぽっちゃり系でも働ける風俗店を探した方が良いでしょう。

デブ専風俗店のメリットとデメリット

デブ専風俗店やぽっちゃり系の求人というと、容姿不問のため、タトゥーのある女性であっても採用されやすいというメリットがあります。
さらに、普通の女性よりも体型が太い女性ともなると、それを武器に指名率を上げることが出来るでしょう。

デブ専風俗店は容姿に自信のない女性であっても風俗嬢として活躍できる環境が揃っています。
その一方で、デブ専風俗店やぽっちゃり系の風俗店というのは、全体的に料金が安いため、普通の風俗店と比較すると給料が安いという特徴があります。
デブ専風俗店やぽっちゃり系の風俗店の女性が1時間あたりに稼げるバックというと、5000円前後で、1万円を超えることは滅多にないです。
たとえ同じデリヘル嬢で、プレイ内容も同じだったとしても、デブ専風俗店やぽっちゃり系の風俗嬢はどうしても給料が安くなるというデメリットがあるだけに、稼ごうと思うのであればプレイに力を入れるか、接客のスキルを高め、リピーターを増やす努力が求められます。

タトゥーOKで働きやすい普通の風俗店

タトゥーデブ専風俗店のような特殊性のある専門店を除き、タトゥーや刺青のある女性が風俗店で働こうと思った場合、できるだけ露出性の低い仕事を選んだ方が良いです。
風俗店といっても必ずしもプレイ中は全裸になる必要があるというわけではありません。
最近はコスプレが人気のせいか、着衣のままプレイができる風俗店は増えています。

特に、オナクラやエステ、ピンサロなどは着衣のままプレイができる風俗店として有名なため、ワンポイントのタトゥーであれば部位によっては隠しながら接客が可能です。
他にも、デリヘルやソープ、ホテヘルなどの風俗店でも、求人内容にタトゥーOKと書かれているのであれば、刺青やタトゥーが入っていたとしても働けます。
ただし、デリヘルやソープ、ホテヘルなどのハード系の風俗嬢になる場合、プレイ中は確実にヌードになるでしょうから、お客さんにタトゥーを見られる確率が極めて高いです。
いくら風俗店がタトゥーOKだとしても、お客さんによってはタトゥーのある女性に対して偏見を持っていることもあります。

場合によってはタトゥーが原因でチェンジになったり、要らぬトラブルを招くこともあるでしょう。
それだけに、できるだけタトゥーを見せたくないというのであれば、着衣のままプレイが可能なオナクラやエステ、ピンサロなどがオススメかもしれません。

タトゥーの許容範囲

いくらタトゥーOKの風俗求人や、デブ専風俗店のような容姿不問の風俗店であっても、流石に限度があります。

基本的にワンポイントの部位によっては隠れるようなタトゥーであれば問題はありませんが、流石に隠しきれないほど目立つタトゥーや、背中一面に大きな刺青を彫っているような女性ともなると、いくら容姿を気にしないデブ専風俗店でも採用を見送られる可能性が高いです。
なにより、目立つタトゥーを入れていると、風俗業に支障を来たす恐れがあります。
お客さんによっては刺青のある女性はNGだという人もいることでしょう。
それだけに、目立つほど大きなタトゥーが入っている場合は、面接時にしっかりとお店に見せ、このタトゥーがあっても問題なく接客ができるかどうか確認しておきましょう。

風俗嬢は基本的に歩合制で仕事をします。
いくら採用されたとしても、指名されず、接客ができなければ給料を稼げません。
そのため、タトゥーのある女性は採用されるかどうかよりも、お客さんを獲れるかどうかを心配した方が良いでしょう。
たとえタトゥーがあったとしても、一生懸命にサービスをし、お客さんに喜んでもらえるように尽力すれば、リピーターが付くことでしょう。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする