マットヘルスの面接で採用されるには何に気をつけておけばいいの?

風俗のお仕事は男性客に癒しの時間を提供し性的欲求を解消してあげる事になりますので、様々な業種やコンセプでニーズに応えています。
代表的な業種はソープ、デリヘル、ヘルスが3大業種と言われているため全国どこの地域でも多くのお店が登録されています。
この3大業種は他の業種に比べ稼ぎも高い事も特徴ですので、いいお店が見つかればお仕事したいなあと検討中の女性も多いでしょう。

ソープやヘルスの基本プレイにマットヘルスというサービスがありますが、ジャンルの中でも比較的ハードなサービスを伴いますので、面接に行けば誰でも採用になるとは限りません。
マットヘルスの面接では、こんな女の子なら採用したいと思う特徴や面接でよく質問される内容、さらに応募する前に確認しておきたいポイントやマットヘルスの流れなどを紹介してきますので参考にしてみて下さい。

マットヘルスとは何かを理解しておこう

質問風俗の業種の中でもマットプレイが出来るのはソープとヘルスの2つあります。

この2つの大きな違いはソープは本番有、マットヘルスは本番無しという事で、日給で見てもソープの方がやや高いのが特徴です。
それでもマットヘルスは普通のヘルスよりも稼ぎが良く60分2万円、90分3万円位が相場ですが、激しい運動を伴いますのでバック率(お店へ入金した残りのお金)も高めに設定されています。
プレイ内容は空気で膨らませたビーチマットのようなマットを使用し、全身にローションを付けて男性客を全裸で接客するサービスを行います。
マットの準備や後片付けの時間も含まれていますので、実質的なサービス時間が短いのも特徴です。

ただソープではないヘルスのマットヘルスでは本番無しですので、手コキや生フェラ、素股でフィニッシュを迎える事になります。

マットヘルスの面接でよく質問される内容を理解し採用につなげよう

マットヘルスを売りにしているお店側としても特に慎重に審査する事になるのが面接で、受け答え次第で採用基準を大きく左右する事になります。
未経験者に明日からマットヘルスお願いと言っても無理ですので、ほとんどのお店で研修や講習を設けられています。

そのためまず質問されるのが研修会に参加できるかを問われます。
全裸になって店長や面接官から実技を強要する悪質なお店も一部には存在しますが、女性からの指導やDVDでの講習が一般的になります。
次に容姿や体型、基本プレイに関する事も多く質問され、体力に自信はあるか、全裸や生フェラ、アナルや足の指舐めは可能か、標準体型であるかなどが主な質問になります。

マットヘルスの面接で採用されやすい女の子の特徴とは

質問 人間マットヘルスはプレイの中でもローションで密着度が高いため、男性客からも高い支持を受けています。
ただお相手するたびに全身ローションまみれになりますので、ローションアレルギーはないかや肌荒れや乾燥、髪へのダメージをある程度覚悟できる子はお店からも評価されます。
またマットヘルスは自分が主導権を握りサービスを行いますので、多少Sっ気があるくらいが向いているとも言えるでしょう。
男性客から触られる事に抵抗はないか、Mな男性にも対応できるかも採用される基準になります。

まとめ

マットヘルスの面接では他の風俗とプレイ内容が大きく異なるため、面接でも特に力を入れて女の子を選んでいる事がお分かり頂けたでしょう。
マットヘルスの面接ではよく質問される内容も理解しないまま、生半可な気持ちで挑んでも不採用になる確率が高くなります。
プレイ内容やマットヘルスを利用する男性客の心理を理解し、応募する前にマットヘルスの注意点を確認しておくことで採用される確率も上がりますので検討してみて下さい。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする