昼職と兼業しているぽっちゃり風俗嬢の抱えているリスクとは?

昼職と兼業しているぽっちゃり風俗嬢は、様々なリスクを抱えています。
その為、風俗バイトをしていても、将来への不安はなかなか後を絶たないのです。
そこで、今回は、昼職と兼業しているぽっちゃり風俗嬢の抱えているリスクとは?について解説していきたいと思います。
昼職と風俗バイトを兼業しているぽっちゃり風俗嬢の内、ヘルスで働く子に焦点をあててリスクをお伝えしていきます。
以下より、順番に昼職と兼業しているぽっちゃり風俗嬢の抱えているリスクを挙げていきます。
昼職と兼業しているぽっちゃり風俗嬢みなさんは、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

会社バレ

昼職と兼業しているぽっちゃり風俗嬢の抱えているリスクその①は、会社バレです。
会社勤めが終わった後、在籍しているヘルス店に行ってみたら、お客さんとして上司が来店していたという例も少なくありません。

肉体的疲労

疲労昼職と兼業しているぽっちゃり風俗嬢の抱えているリスクその②は、肉体的疲労です。
昼職は、基本的に実働8時間勤務です。
長時間にわたる勤務を終えた後で、風俗バイトをするというのは、肉体的にも精神的にもかなりタフでないといけません。
しかし、風俗嬢のみなが体力も精神力もあるわけではないのです。

また、体調不良で風俗バイトをお休みするとなると、罰金を支払わなければならないお店もあります。

転職について

昼職と兼業しているぽっちゃり風俗嬢の抱えているリスクその③は、転職についての悩みです。
昼職と兼業しているぽっちゃり風俗嬢は、昼職よりも風俗バイトの方が給料がいいことを知っています。

その為、今の会社を辞めると決めた際に、次の転職先を同じく昼職にするか、風俗バイト一本で稼ぐかで迷うのです。
手取り金額が昼職だと不十分だと感じている風俗嬢は、尚更悩むのです。
稼ぎが多い方が、貯金はたまりやすいからです。

働くエリア

日本 地図昼職と兼業しているぽっちゃり風俗嬢の抱えているリスクその④は、働くエリアです。
上司以外でも、地元付近で風俗バイトをしていると知り合いに合うケースも多いです。
その為、知人バレや家族バレをしないかという不安に駆られてしまうようです。

マイナンバー制度について

昼職と兼業しているぽっちゃり風俗嬢の抱えているリスクその⑤は、マイナンバー制度についてです。
マイナンバー制度が正式に施行されるようになれば、水商売や風俗バイトをしている女性たちは、かなりのリスクを背負うことになります。
なぜなら、ほとんどの風俗店や風俗嬢は源泉徴収や確定申告をきちんとしていないからです。
源泉徴収や確定申告をきちんとしないと、その分のツケとして過去7年分にさかのぼって追徴課税が科せられます。

それさえもやらないでいると、やがて強制的に預貯金口座の残高を引かれてしまう可能性も非常に高いのです。
こうしたリスクヘッジには、まだ明確な方法が確立されていません。
よって、追徴課税のリスクにおびえるぽっちゃり風俗嬢たちは多いのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、昼職と兼業しているぽっちゃり風俗嬢の抱えているリスクとは?というテーマについて解説してきました。
ぽっちゃり風俗嬢の抱えているリスクには、すべて金銭や肉体的な問題が絡んでいます。

心身を損なえば、ろくな稼ぎが得られなくなりますし、マイナンバー制度の確立によって追徴課税を強いられれば、健康な身体があっても、預貯金がすべてなくなってしまうリスクがあります。
こうしたリスクと常に対峙されられながら、ぽっちゃり風俗嬢たちは風俗バイトをひっそりと続けているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする