オナクラ店に高齢者の方が来た!接客はどうすればいい?

風俗業界のお仕事の中でも、最上級と言っていいほどのソフトサービスを提供していることで有名なオナクラ店のアルバイト。
一般的に風俗店のお仕事のイメージといえば、ソープランドやファッションヘルスといった、本番行為やフェラチオといったハードなサービスを提供しているというものがほとんどのため、以前まではごく一部の女性だけが従事するようなお仕事として有名でした。

しかし、オナクラ店の登場によって、風俗業界でのお仕事に対するハードルがグッと下がり、特に風俗業界で働いたことのない初心者の女性からの人気が爆発し、今では風俗業界で働く上での登竜門のような位置付けとして、多くの女性たちが殺到するようになったのです。
そんなオナクラ店では、もちろん20代や30代の若いお客様も来られることがあれば、それよりももっと年齢の高い、60代や70代といった高齢者のお客様も来店されることがあります。
しかし、どこまでサービスを提供すればいいのかという部分も曖昧で、勃起をするのかどうかも不明ですし、負担になるといけないからと、むやみやたらに気合を入れて接客をするのも、どこか気が引けます。
それでは実際に、高齢者のお客様が来店された場合、扱い方とすればどうすることがベストなのでしょうか。

今回は、オナクラ店のお仕事内容と合わせて、高齢者のお客様への対応方法について、ご紹介します。

オナクラ店って、どういったサービスを提供している店?

質問風俗業界でも、最近ではソープランドやファッションヘルスのようなハードサービス店ばかりではなく、回春マッサージや性感エステなどのソフトサービス店の界隈も、幾分盛り上がってきております。
その中でも、じわじわと熱を上げているのが、オナクラ店の存在です。

それでは実際に、オナクラ店ではどのようなサービスを提供しているのでしょうか。
オナクラ店の基本サービスというのは、「お客様が行なっている自慰行為を、風俗嬢がただジッと見つめておく」というものです。
その間、お客様は風俗嬢に触れることはできませんし、風俗嬢の方もお客様に触れることもありませんし、ましてや服を脱ぐことも一切ありません。
最近では、手コキのハンドサービスを基本サービスに含めているようなお店もございますが、ほとんどのお店では「見る」だけのサービスが基本になっております。

それでも案外、男性のお客様の中には「女性に自慰行為をしている姿を見られて興奮する」という性癖を持っている方は少なくはなく、そうしたニッチな性癖を持たれているお客様に、大変愛されております。
もちろんお客様は、オプションを追加すれば、手コキのハンドサービスであったり、フェラチオのようなヘルスまがいのサービスを受けることができます。
しかし、働く女性側の方は、面接の時に対応できないオプションを事前にお伝えすることができますので、もし対応できないものがあっても、無理やりさせられることはありません。

高齢者のお客様には、どう接すればいいの?

質問 人間そんなオナクラ店には、高齢者のお客様が来られる場合もあります。
基本的にはこうしたシニア層というのは、高級ソープランドなどを利用されることがほとんどではあるのですが、オナクラ店には若い女性がたくさん在籍していますので、来店されることもあるのです。
では実際に高齢者のお客様には、どのような対応をすればいいのでしょうか。
実際に見るだけの基本サービスであれば、他のお客様と対応は変わりません。

しかし基本的に、シニアのお客様はオプションを追加されることがほとんどですので、もし風俗嬢のほうからお客様に触れるプレイをする場合は、優しくマッサージをするように扱ってあげることが大切です。
こうしたお客様は基本的に、射精をすることを目的に来るのではなく、「若い女性と触れ合うために来る」ので、いちゃいちゃできるだけでも満足なのです。
もちろんお客様が、それ以上を求められれば別ですが、そうでない場合は、優しくいちゃいちゃすることに専念しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
オナクラ店に来られるお客様は、若いお客様と同様の目的やサービスを求めていることは少なくありません。
もし高齢者のお客様を相手にすることになりましたら、そのあたりはお客様に確認を取りつつ、対応の方向性を決めることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする