チャットレディの仕事をするには身分証が必要って本当?

風俗店の面接を受ける際や、一般企業で働く際には、身分証の提示が求められることがほとんどかと思います。
そこで、今回は、チャットレディの仕事をするには身分証が必要って本当?というテーマについて解説していきたいと思います。

身分証の一覧や使い道についても併せてお伝えしていきますので、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

身分証の一覧を教えて!

チェックリストまずは、身分証の一覧をお伝えします。
身分証の中で最も効力が高いのは、顔写真付きの身分証です。

その例として挙げられるのは、マイナンバーカード・パスポート・運転免許証などです。
これらを風俗店や一般企業の面接で提示すれば、1点で本人確認がとれるという仕組みです。
次に、本籍記載の住民票も効力の高い身分証です。
ただし、住民票1点で本人確認を済ませられることは少なく、合わせてキャッシュカードや他の身分証とセットで提示することが多いです。

風俗店に限らず、ここ最近では、ほとんどの企業で顔写真が付いていない身分証では本人確認がとれなくなってきています。
何かしらの顔写真付き身分証を取得することをおすすめします。

チャットレディのお仕事と身分証の使い道

チャットレディのお仕事は、パソコン画面を通して男性会員とライブチャットを行うという内容になっています。

チャットレディの登録時には身分証が必要で、やはり顔写真付きのものが必須です。
マイナンバーカード・パスポート・運転免許証のいずれかを事前に用意しておくと登録がスムーズに完了します。

どうしてチャットレディで身分証が必要なの?

チャットレディで身分証が必要には、大きく分けて3つあります。

1つ目は、性別の確認の為です。
当然ながら、チャットレディのお仕事が出来るのは女性のみになります。
2つ目は、年齢の確認の為です。
チャットレディのお仕事は、風営法に則っています。

その為、登録可能なのは18歳以上の女性となります。
3つ目は、本人確認の為です。
登録をする人の顔と身分証の顔が一致していることを確認する為にも、身分証は顔写真付きのもの限定なのです。
また、顔写真付きの身分証を確認することによって、国籍が日本であるか否かも判断しているのです。

チャットレディのお仕事の登録の流れは?

パソコン最後に、チャットレディのお仕事の登録の流れをご説明します。
まずは、チャットレディの登録フォームを記入し、身分証を添付ファイルとして送ります。
この時、連絡がとりやすいメールアカウントの登録作業も併せて行います。

登録したメールアカウント宛てにライブチャットのIDが届けば、チャットレディのお仕事が始められるようになります。
シンプルな流れですが、身分証の面で引っかかる女性が非常に多いのも事実です。
チャットレディのお仕事を始める前に、顔写真付きの身分証があるかどうかを今一度確認しておく必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、チャットレディの仕事をするには身分証が必要って本当?というテーマについて解説してきました。
チャットレディの仕事をするには身分証が必要になります。

身分証といっても、何でもいいわけではありません。
必ず、顔写真付きの身分証が必要になります。
身分証詐称をしようとしても、実際に働き始める際に顔バレしますから、意味がありません。
また、国籍は日本で、年齢確認も無事に終えないとチャットレディのお仕事は始めることが出来ません。

こうした条件を満たすことはさほど難しくないように思えますが、中には、いつまでたっても登録が出来ない人たちもいるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする