箱ヘルで働く際に必要な身分証について詳しく解説!

風俗店で働く際には、以前は健康保険証だけでよかったのですが、近年では顔写真付きの身分証がないと働けなくなっています。
それは、どの風俗職種でも言えることです。
そこで、今回は箱ヘルで働く際に必要な身分証について詳しく解説!というテーマについて解説していきます。

これから風俗店で働く予定のあるみなさんは、風俗店が指定する身分証を必ず事前に用意する必要があります。
本記事を参考に、写真付の身分証を1枚は持つようにしましょう。

顔写真付きの身分証には何がある?

写真 顔近年、代表的な顔写真付きの身分証と言えば、マイナンバーカードです。

マイナンバーカードは、平成28年の1月から交付開始された身分証です。
総務省より、マイナンバー制度が確立されたことを機に交付され始めたのです。
マイナンバーカードには絶大な効力があり、役所や金融機関では、マイナンバーカード1点で本人確認を済ませることが出来ます。
いずれは、マイナンバーカードの常備が必須となる日も近いかと思いますので、取得しておくと便利な身分証です。

顔写真付きの身分証として次に効力が高いのは、パスポートや運転免許証です。
上記のうち、いずれか1点をもっていれば風俗店の面接は受けられます。

もしも顔写真付きの身分証がない場合はどうなる?

もしも顔写真付きの身分証がない場合は、代わりとなる身分証が必要になります。

風俗店で重要視されているのは、身分証が詐称されていないかどうかという点です。
その為、顔写真付きの身分証の提示を求めることで、ごまかしがきかなくなるようにしているのです。
基本的には、身分証はコピーされて保管されています。
しかし、なかには、顔写真付きの身分証をもっていない人もいます。

その場合、健康保険証+本籍地記載の住民票+学生時代の卒業アルバムの写真などで対応してくれるお店もあります。
しかし、高校の卒業アルバムをわざわざ持参して風俗店まで行くのは一苦労です。
そうならない為にも、顔写真付きの身分証を発行しておきましょう。

箱ヘルで働けるのは日本人だけ?

日本 国旗本項では、箱ヘルで働けるのは日本人だけ?という少々複雑なテーマについてお話しします。
厳密に言えば、外国生まれでも住民票に記載されている本籍地が日本であれば問題ありません。
ただし、高級店など条件の厳しい箱ヘルで働くとなると、外国人である限りそのお店では採用されない可能性もあります。

身分証で住基カードは使える?

先日、総務省から発表や情報開示があったように、住基カードの発行は平成28年1月に廃止されました。
マイナンバーカードにとって代わったからです。
しかし、住基カードの有効期限内であれば、身分証として使うことが出来ます。

その為、マイナンバーカードやパスポート、運転免許証を持っていなくても、住基カードで対応することも可能です。
その代わり、住基カードの有効期限が切れる前に顔写真付きの身分証を発行しておきましょう。
そうでないと、万一、風俗店を移籍したいと思っても、そのタイミングで他店へ移れなくなってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、箱ヘルで働く際に必要な身分証について詳しく解説!というテーマについて解説してきました。
身分証については、顔写真付きの身分証を発行しておくのが最適でしょう。
箱ヘルに限らず、風俗店で働くにあたって顔写真付きの身分証の提示が必ず必要になります。

そうでないと、身分証を詐称していないという証拠が確認出来ないからです。
働きたい風俗店でスムーズに働けるようにする為にも、顔写真付きの身分証を発行しておきましょう。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする