出会い喫茶で名刺を渡す時のポイントは何?

出会い喫茶でも、自分の名刺を男性会員に渡す機会をつくると良いです。
名刺は、いわば、自己紹介の為のツールです。
自分のことをよく知ってもらい、自然な流れで男性会員に営業をかけるツールとしても、名刺は非常に有効なのです。

そこで、今回は、“出会い喫茶で名刺を渡す時のポイントは何?”というテーマについて解説していきたいと思います。

出会い喫茶で名刺を渡すメリットは?

名刺まずは、出会い喫茶で名刺を渡すメリットをご紹介していきます。

出会い喫茶で名刺を渡すメリットは、大きく分けて2つあります。
1つ目は、“男性会員により自分のことをわかりやすく知ってもらえる”という点です。
出会い喫茶における男性会員と女性会員は、トークルームで会話をした時が初の対面となります。
1回のトーク時間は、5分~10分と決められており、それ以上に話をすることは叶いません。

その為、自己紹介を長々としていると、男性会員との外出がなかなか決まらないのです。
その際に、スッと名刺を渡せば、男性会員は名刺の情報をもとに女性会員と外出をするかどうかを決めることが出来ます。
2つ目は、“リピートしやすい”というメリットがあります。
名刺を渡した男性会員と外出を終えた後、男性会員の手元には女性会員の名刺が残ります。

男性会員は、その名刺を見返し、女性会員の名前やプロフィールを段々と覚えていきます。
外出が楽しい雰囲気で終わった場合、“またあの子と遊びたいな”という気持ちになれる為、名刺はリピーターをつくるツールとしても最適です。

出会い喫茶で名刺を渡す時のポイント

出会い喫茶で名刺を渡す時のポイントは、“ひと言メッセージを付ける”ことです。

名刺が自動印刷されたものの場合、必ず手書きでメッセージを書き込みましょう。
手書きのメッセージは、男性会員からすると“気持ちを込めて書いてくれたもの”なのです。
その為、そうした心遣いの出来る子は、また指名したいと思ってもらえる確率が上がります。
メッセージの内容が思いつかない場合は、ありきたりな“ありがとう”という言葉より、その日のプレイやサービスの内容についての感想を書くと良いでしょう。

出会い喫茶でも高級なデートクラブでは名刺を渡すのは基本?

恋愛出会い喫茶のなかでもトップランクのデートクラブがあります。
男性は、所定の年収をクリアしている人のみが登録出来る高級デートクラブです。
高級デートクラブでは、男性会員と女性会員がトークをする際、女性側は名刺を渡すことがほとんどです。

稀に、男性会員のなかにも女性に名刺を渡し、自分のことを知ってもらいたいと考える人もいます。
名刺は、顔を合わせたばかりの人に素性を明かし、信頼関係を築きやすくする為にも有効なツールです。
高級デートクラブの女性会員を見習い、出会い喫茶で働く女性会員のみなさんは、ぜひ名刺を男性会員に渡してあげてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、“出会い喫茶で名刺を渡す時のポイントは何?
”というテーマについて解説してきました。
名刺は、ほとんどのものがパソコンのソフトから作成され、自動印刷されています。

その為、デザインや文体は洗練されていて見やすいものが多いですが、その一方で、受け取る側の人間に“殺風景”な印象をもたれやすいとも言えます。
それをカバーする為には、やはり手書きのメッセージをひと言でも添えるのが望ましいでしょう。
これを機に、出会い喫茶で働く女性会員のみなさんは、男性会員向けに自分の名刺を作成して渡してみてはいかがでしょうか。
きっと喜ばれますし、印象や指名率も変わってくるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする