30歳過ぎたら普通の風俗店から人妻風俗店に移籍した方が稼げる?

30歳という年齢は風俗嬢にとって1つのターニングポイントです。
このまま普通の風俗店で働き続けるか、人妻風風俗店に移籍するべきか迷うところです。

どちらが稼げるかは一概には言えません。
両方とも、向き不向きがあります。
自分のことを客観的に見つめることが大切です。

稼げているなら問題なしだけれど……

お金 稼ぐ30歳を過ぎても普通の風俗店で20代のころと同じように稼げているのならば今のままで全く問題ありません。
30歳を過ぎたらから人妻店や熟女店に移籍をしなければならないと言うことはありません。
経験に裏付けされた卓越したテクニックや長年の固定客がいるのならばそれを大切にして働き続けた方がよいでしょう。

稼げないようになったら移籍の見当も

30歳を過ぎた途端にいきなり稼げなくなることはありませんが、以下の傾向がでてきたのならば移籍を検討したほうが良いかもしれません。
あなたが今のお店のコンセプトと合わなくなってきたのかもしれません。
今はちょっと調子が悪いだけと思おうとしたり、過去の栄光しがみついていたりしてもツライ思いをするだけかもしれません。

干されている

新規のお客さんをなかなかつけてくれないようになったら風俗店がやんわりとあなたのことをお荷物扱いしているかもしれません。

稼げないようになった

固定客がだんだんと来る頻度が減ってきたり、新規のお客さんをリピートに繋げられなくなったり、そもそも新規のお客さんからの指名を受けることが減ってきたりするのならばあなたの魅力が変わってきたのかもしれません。

長期間の転々虫はツライ

在籍している風俗店で稼げなくなると移籍を検討しますが、30歳を過ぎると風俗の求人は限られてきます。
年齢を理由に面接を断られることもあります。
採用されても、20代のころのようなお給料を手にすることができず、それで満足的なくて気が付いたら転々虫になっていたということもあるかもしれません。
短期間ならば転々虫として荒稼ぎをすることも不可能ではありませんが、長期間の転々虫は辛いだけです。

そのうち、ブラックリスト入りしてどこでも働けなくなります。
早めに自分に合ったお店を見つけることで心穏やかに安定して稼ぐことができます。

人妻店も悪くはない

人妻店で働くことに抵抗を覚える女性も多いかもしれません。

風俗店は給与が安い、客層が悪い、待遇が悪い、稼げない、ハードなプレイを要求されそうといったイメージがあります。
しかし、人妻店にもいろいろあります。
30代ならば若妻として人気が出るお店も多くあります。
お給料はぴんきりです。

棒グラフしかし、普通店よりは安いことが多いです。
プレイも濃厚さを期待されることもありますが、逆に素人の人妻として売り出すこともできます。
客層は年齢が高めなのでそれほどガツガツしていないことも多いです。
人妻店ならば年齢相応の容姿や体型の崩れはそれほど気にされません。

もちろん、見た目に気を使うのは風俗嬢として常識です。

女性の魅力は変わっていきます

30歳過ぎの女性には30歳過ぎの魅力と需要があります。
しかし、それは20代の頃に働いていたお店では発揮できない種類のものであることも多いです。

どんなにバックが良くても、お客さんが付かなければ意味がありません。
多少バックが安くても人妻店で働いた方が稼げることも多いです。
年齢とともに似合うメイクや服装が変わるように、活躍できるお店も変わっていくのが現実です。

30過ぎたら移籍の検討を

30を過ぎると普通のお店よりも人妻店に移籍したほうが稼げることも多いです。
人妻店は稼げないというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、無理をして普通店にしがみ付いたり、転々虫になって、若い風俗嬢と張り合ったりするよりも人妻店のほうが効率よく稼げるかもしれません。
年と共に魅力も需要も変わってきます。
若々しいのと実際に若いのは違います。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする