風俗嬢の平均収入はあてにならない。要は自分次第です。

バブル崩壊が25年前・リーマンショックが10年前で国内・世界経済の動きによって、ビジネス社会はその都度変化していき、潰れないと言われていた老舗企業であっても、いまは簡単に倒産します。

また、企業買収でも再編が加速しているなか、雇用制度も変化しています。
正社員は固定費用になるため、できるだけ正社員は雇わず派遣社員として経費扱いにしていき、忙しいときの人員は派遣で行う・外注になっているのです。
30年前の平均年収から徐々にさがってもいます。
給料が保証されない・給料が低いので独身者が増えて、おひとり様で一生をすごす男女も増えているのも、収入が要因のひとつになります。

風俗業界もこの影響はあり、平均年収では稼ぎがたくさんあるようにも見えますが、それはあくまで平均であって、実際のところは貧困な生活をしている風俗嬢います。
風俗業界の収入のリアルな状況について見ていきましょう。

風俗嬢のネット上で流れる平均月収

風俗嬢の平均収入はあてにならない。要は自分次第です。・10年前は稼げたが、いまでは1日働いて10000円にならないときともある。
・経済的事情で風俗嬢になって20年、最初は月に50万は稼げたが、いまではコンビニのバイトと掛け持ちでも苦しい生活になっている。
・風営法改正のたびに稼ぎが悪くなってきている。
稼げたのは若い時だけの一時的のもので大変ことになった。
若い子で風俗嬢が簡単に稼げると思っている女性はいるが、普通に会社員で働いた方がまし。
・一般企業もデフレで価格が崩れているが、これは風俗業界にも同じことがいえる。
サービス料金が低価格化になることで、稼ぎようがない。
・年齢とともに価格が安くなりハードサービスでないと風俗店側も採用してくれない時代になった。
・風俗嬢が体を売る商売として稼げる時代は終わった、低賃金で生活すらできない状況になってきている。
年齢が30・40・50と段階があり、この区切りを境に収入は激減するようになる
20代で100万近く稼げても、30代ではいきなり30万、40代では20万弱になっている。
・風俗嬢が世の中からはみ出た女性の受け皿になっていた時代は終わった。
1日10000円でどのように生活ができると思っているのか

風俗業界もデフレの波にのまれている発言が多くあり、年齢とともに貧困な生活をしている状況が見えてきます。

稼ぐためにすることは?

パソコン出勤日数・客入りによって稼ぎは変わることになるのですが、年齢とともに外見が老化すれば風俗嬢としての価値はさがるので、お客さんからの指名もされなくなります。
年齢が高くなっても、身だしなみができていて女性として価値がある方は、指名されるので稼ぎの下げ幅は低くなります。
年齢とともに劣化していくことをそのままにするのではなく、きちんと管理していく必要があるのです。
お客さんの指名は外見から入るので、身だしなみ・体型のコントロールはとても重要になるのです。
つぎに重要なのが接客の内容になります。
お客さんにおもてなしする気持ちがないと、風俗嬢として指名されることにはなりません。

若い時はおもてなしがなくて多少人間としてできていない部分があったとしても、お客さんは目をつぶってくれるのですが、年齢がある程度いくとそのようなことはないのです。
超熟女・熟女などの年齢に求める者は、接客のおもてなしになるのです。
テクニックについては、お客さんの要求にできるだけ応えるようにして、何より癒しを提供できるようにしないといけません。
これらは、稼げていない風俗嬢にとって必要なことになります。

これらができないと風俗嬢として働いても貧困な状況になってしまうのです。
風俗嬢は、批判されようが生きていくためのひとつの方法で選んでいる方がたくさんいます。
しかし、そこには努力も必要なことなのです。
稼げないと嘆くのではなく、今一度あなたの風俗嬢としてプロ意識を自問自答する必要になってきているのです。

まとめ

風俗業界もデフレになって稼げない風俗嬢がいて、貧困生活をおくっている女性はたくさんいます。
風俗嬢として稼ぐためには、プロとしてもう一度自問自答が必要になります。
ご参考にしてください。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする