業種別風俗嬢の手取り相場まとめ引かれ物で大きな差がある

給料いくら貰っていると友達に聞かれることは、手元に入る手取りのことでの話しになりますが、求人に掲載されている給料は手取りのことではなく総額の給料になります。
このことを一般的には総支給額のことで、そこから控除されるものがあり最終的な金額は差し引き支給額になり、手取りと呼ばれるのです。

生活をする上では、手元に残るこの手取りがいくらかが重要になってくるのです。
控除が多いと手元に残るものが少なくなるのです。
一般企業では病院での治療に必要な健康保険・将来歳をとった時に必要な年金・会社を退職した後の失業保険など、それぞれ目的があるものになりますが、風俗嬢はどのような内訳になっているのでしょうか、見ていきましょう。

風俗の給料はどのくらいなの?

お金 木風俗嬢はタイプによって給料の計算は違いがあります。
歩合制のところは、お客さんが利用したサービス料金×バック率が基本の稼ぎになり、これにオプション料金のバックと指名料金のバックが加算されて稼ぎになります。
ここから、風俗店から支給されている衛生品・衣装代・送迎代などが引かれて、あなたの稼ぎになります。
風俗店によって、オプション料金がすべて風俗嬢にバックされる場合もあります。

もうひとつが時給制のところもあります。
これはお客さんのサービス料金・サービスした人数に関係はなく、時間×時給で基本の稼ぎが決まります。
これに、指名料金が歩合で加算されることもあります。
風俗にはソープ・SM・ヘルス・イメクラ・セクキャバ・おっパプ・ピンサロ・オナクラ・メンズエステなどがあります。

それぞれ、コンセプトにさまざまなものがあり、年齢で超熟女・熟女・人妻・若妻や、外見でスレンダー・普通・ぽっちゃり・デブ・ロリなどがあります。
ソープ・デリヘル(ヘルスの派遣型)には、客層も絞るために高級店・大衆店・格安店(激安店)など、サービス料金を分けて対応しています。
高級店は風俗嬢のスペックが高い人しか採用されなくて、保証面でも充実しているお店になります。
時給換算すると以下のようになります。

ソープは20000円・SMは10000円・ヘルスは8000円・セクキャバ(おっパプ)は4000円・ピンサロは3000円・オナクラとメンズエステは2500円が相場になります。
当然ですが、稼ぎは出勤日数により差がでることになりますが。
歩合制の風俗店では、出勤日数に稼ぎは比例しません。
時間当たりの稼ぎは、このような金額になるのですが、手取りは雑費によって変わります。

手取りはどのくらいになるのか?

雑費は風俗嬢が働くことで必要な経費と、お客さんに関係なく使用したものの2つになります。
雑費の必要経費には、ローション・タオル・イソジン・石鹸・光熱費・入浴場の水道代・衣装貸出代・衣装のクリーニング代などになります。
※派遣タイプの方が雑費は少なくなります。

風俗嬢に直接かかるものとしては寮・送迎になり、使用すれば費用が発生するようになります。
これらの雑費については風俗店によって考えが異なるので、面接で確認するようにしてください。
お金 木雑費で引かれる金額は10%前後が目安になります。
1日の稼ぎが10万だったら1万で9万が手元に入る金額になるのです。

5万だったら4万5千円になります。
このように、風俗嬢は一般の会社員のように、保険・年金・失業保険・税金のようなものは一切ありません。
あなたは、自分で国民保健・国民年金・民間保険などに入らないといけないのです。
また、源泉徴収税(所得税)がないので税務署に確定申告する必要があります。

確定申告をしないでそのままにいると、あとから追徴金が発生することもあります。
あなたは確定申告することで所得・納税証明ができることにより、社会的信用もある人になるのです。

まとめ

風俗嬢の稼ぎにかかる雑費は風俗タイプによって違いがあるので、面接時に十分確認してください。

ご参考にしてください。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする