急な出費でまとまったお金が必要なら風俗店の前借り制度を利用

CM月末ピンチになったら最短で30分とかありますが、できればそのようなところでは借りたくないです。
仕事をしていて毎月仕事をしていても、どうしてもノルマなどで収入も増えたり減ったりで、ピンチの時もあります。
会社であれば締めから支払い日までが長くてやれない場合、仕事はしているのだから、法的には前借ではなく、給料の支払いを早めることになります。
だから、お願いしてもなんら問題はありません。

しかし、風俗嬢は当日した仕事については当日支払いなので、前借りは将来働いてもらう予定のお金を先にもらうことになるのです。
風俗では前借はできるのでしょうか?
見ていきましょう。

風俗店の前借バンスは何?

バンスはどのようなもの

急な出費でまとまったお金が必要なら風俗店の前借り制度を利用風俗業界にはバンス制度という給与前借制度というものがあります。
一般企業では立替金になるのですが、このパンスは借金と同じ考えになります。
つまり民間での借り入れと同じ考えで金銭消費賃借契約書などの書面を交わして借りるようになるのです。

一点違いがあるとすれば、風俗店によっては無利息で借り入れできるところもあるということです。
※利息がある場合は、法律で定められた利息を計算することになります。

風俗嬢にとってはありがたい制度

風俗嬢のなかでも金銭問題で仕事をしている女性にとっては、大変ありがたい制度になるのがパンスになります。

離婚したばかりの専業主婦・一度も働いてことがない・金銭トラブルでお金の借り入れができないなど、借りることができない女性でも、風俗店に勤めることでパンス制度が利用できるのです。
風俗店で働きたいが、最初に必要なお金がどうしても準備できない女性にとってはありがたいものです。
風俗嬢になると言っても、メイク・髪・服・風俗店までの移動費用などお金は必要になってきますからね。

バンスでどのくらいまでお金が準備できるのか

風俗店によって利用限度額というものがありますが、最大で200万までが上限のようです。

バンスに条件はあるのか

風俗店は消費者金融ではありません。
風俗嬢にお金を貸して利息をとって利益をあげることが目的ではありません。

だったら、何が目的なのかとなりますね。
風俗嬢にバンスでお金を用立てる引き換え条件として、出勤日数・時間・契約期間が発生するようになるのです。
100万無利息で貸してあげます。
ただ、一週間の出勤日数は5日間で1日8時間以上。

1年間働いてくださいと契約を取り交わすことになります。
このような契約や、10万で2週間働いてください。
などになります。
だいたいが数百万単位ではなく、数万から数十万の範囲で1週間数か月という契約のようです。

バンスはだれでもOKなのか

バンス利用可能な風俗店で、あなたはまずは面接で合格しないことには、当然ですが利用できません。
あなたがバンスを利用したいのであれば、バンスありでそのお店に合格することになるのです。
合格したとしても週1回の出勤では、バンスの利用はできないと思います。

これではお店側のメリットがないのです。
すぐにでもバンスが利用したいのであれば、面接時にバンスの条件の確認をして対応する必要があります。

バンスには審査があります

チェックリスト銀行・民間の消費者金融のような個人の信用情報の閲覧はありませんが、あなたの自宅・昼職など場所などのチェックを行うようになります。

バンスの返済方法

毎日の稼ぎからバンスをすべて完済するまであてる・一定額をバンス返済にあてるなど、支払い方法は風俗店で決めているルールがあります。
事前に確認して返済するようにしてください。

まとめ

バンスは風俗嬢にとって非常にありがたいお金を用立てる制度になりますが、よく考えて利用しないと返済が厳しくなる点では一般のクレジットと変わらないです。
ありふれた言葉になりますが、バンス利用は計画制をもって行いましょう。
ご参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする