高齢者でシニア向け風俗店を利用する人が増えてきているらしい

日本は世界でも類を見ない高齢化社会に入っています。
シニアビジネスでは、マーケット人口が増えているのでサービスが活況していいますが、人口が多い60代が高齢者になった時には、高齢者ばかりになり日本はどうなるのかと心配ですね。
その問題は国会で議論してもらうとして、風俗業界ではシニア向けサービスはどうなっているのでしょうか?
人間の欲求のひとつ性欲を担う産業、風俗店はどのような状況か見ていきましょう。

高齢者向け風俗店は増加

線グラフ昔から、男は精子が発射できるまで男で、女は灰まで女としてセックスができると言います。
風俗嬢で働く女性は、むかしは年齢として高かったとしても40代でしたが、いまでは超熟女として働いている女性の最高齢は70代の女性もいます。
男性の場合も同じで、性欲が続く限り女性を求めているのです。

一般的な風俗店では、体調のこともあるので高齢者のお客さんへのサービスは危険が伴うのでお断りすることもあります。
理由は、セックスすることで心臓への負担が高くなり腹上死になるかもしれないからです。
ただ、いまではそのような高齢者に向けた風俗サービスも徐々に増えているようになります。
ここまで平均寿命が長くなればマーケット人口も多いのでニーズもあるのです。

シニア向けは若い人とはサービスが違う?

高級デリヘルなどでは、シニア向けのサービスを展開するところもあり、60歳未満はサービスの利用を禁止しているところもあります。
シニア向けの風俗嬢のプレイは、高齢者にあわせたプレイ内容でハードプレイはありません。
サービスは一般的なもので、キス・フェラチオ・スマタ・クンニもあるのですが、高齢者の方の体調にあわせて進めていくことになるのです。

高齢者は自宅に女性を呼んでサービスを受けることが多く、刺激的な性的サービスを求めることもありますが、勃起ができないこともあるので性行為だけではなく、性感マッサージだけの場合もあるのです。
どちらかというと高齢者の扱い方が上手で、心と体が触れあうような位置づけになるのです。

シニア向けで働く風俗嬢

高齢者を相手にすることが好きな女性でないとできない仕事になりますが、通常の風俗嬢のようなスペックを求めることはありません。

年齢が若くて・スタイルがバツグン・顔は美人か可愛いなどの採用基準のようにハードルは高くないので、面接で不合格になることは少ないでしょう。
シニアに使い年齢の女性も働くことができるようになるのです。
ズバリデリヘルではなく、介護風俗嬢になるのだと思います。
高齢者の心によりそいながら、性的サービスをやさしくゆっくりとできるような女性が好まれるのだと思います。

介護将来的には、介護士などの有資格者が風俗嬢として働く時代がやってくるのかもしれません。
年齢で無理かもしれないと思わず、このようなシニア向けの風俗店に応募して働くことはとても世の中の貢献ができる内容になりますね。
お店の環境も、高齢者のもしもの時の対応など今後改善していくようになるかもしれません。
ある一定の年齢を境にして男女の性別がなくなり、男はおじいさん・女はおばあさんとよばれる性別になり、男と女の領域から外されるような感覚になるのですが、本当のところでは、性欲は枯れないのでしょうね。

風俗業界も高齢者産業に良い意味で入り込むと、規制は少なくなるのかもしれませんね。

まとめ

日本の高齢者に向けた風俗店のサービスが徐々に増えています。
一般的な風俗店の容姿・スタイル・年齢などの採用基準ではないので、年齢が高くてもできるようになります。

高齢者へりサービスは性的サービスもあり、それもできるのですが、どちらかというと癒しのサービスに近いものになります。
ご参考にしてください。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする