風俗店によっては10位までをランカーと呼ぶのであてにならない

風俗店にはランカーあるいはナンバーと呼ばれる風俗嬢達がいます。
ランカーやナンバーに入っているということは、売り上げや指名数などがお店の上位、つまり人気があるということです。
ランカーやナンバーに入ることができれば、指名が取りやすくなります。

とはいえ、あまりあてにならないこともあるので固執し過ぎることもありません。

ランカーの扱いはお店によって違う

表彰台その風俗店において、売り上げや指名数が上位の風俗嬢をランカーと呼びます。
しかし、その扱いは風俗で統一されているわけではなく、お店によって異なります。

ランカーがいっぱいいることも

風俗店によってはランカーが何人もいることも珍しくありません。
在籍している風俗嬢の三割がランカーということもあり得ます。
ランカーを目指すことも、誇りに思うことも悪いコトではありませんが、ランカーに入ったからといって、天狗になり過ぎるのも、自慢し過ぎるのも、期待し過ぎるのもよくありません。

だた出勤日数が多いだけのことも

ランカーの決め方はお店によりけりです。
ランカーはコンビニのお菓子人気ランキングとは違います。
出勤日数や勤務時間が多ければそれだけ売り上げや指名を得るチャンスが増えます。

サービス面や容姿が優れている、お客さんからの好感度が高いといった基準で選出されているとは限りません。

風俗店が操作していることも

ランカーを決めるのは風俗店です。
もちろん、実績を考慮していますが、多少は操作していることもあり得ます。

売り出したい新人の風俗嬢に優先的にフリー客を付けていれば、自動的に売り上げが増え、ランカーになることもあり得ます。

それでもランカーは魅力

ランカーがあてにならないお店も確かにあります。
しかし、それでもランカーとは魅力のある立場です。

指名をとりやすい

お客さんが風俗嬢を選ぶ場合、自分の好みの女性を選ぶのが大前提ですが、しかし、少し好みからは外れていたとしても、ランカーの風俗嬢が気になることも多いです。
また、誰でも良いと思っているお客さんならば取りあえず、サービスが良さそうな人気のある風俗嬢と遊んでみたいと思いがちです。

バックが良いことも

お店にもよりますが、ランカーに入るとバックが良くなることもあります。

ランカーに入るためには

ランカーに入ったり、人気嬢になったりするためにはどのようなことを心がければいいのでしょうか?
自分のお店のランカーの風俗嬢はどんなことをしているのか観察してみましょう。

テクニックがある

風俗にくるお客さんが一番期待しているのはテクニックです。
お客さんがパートナーからはとてもしてもらえないようなことをしたり、気持ちよくなったりしてもらえるようにしましょう。

雰囲気作りが上手い

容姿やスタイルがそれほど良くなかったとしても、雰囲気作りが上手い風俗嬢はリピーターがつきやすいです。
疲れたり、つまらなそうだったりする顔をせず、笑顔を忘れません。

会話の引き出しが多い

引き出し話の面白い風俗嬢はまた会いたいと思ってもらいやすいです。

面白いといってもジョークのセンスに優れているというだけの意味ではありません。
風俗にはいろいろなお客さんが来ます。
流行りもの、時事問題、少しマニアックな趣味などいろんな会話に対応できるようにしましょう。
ネットニュースだけでなく、新聞を読む習慣をつけるのがおすすめです。

どうせならばランカーを目指そう!

風俗のランカーは正直、あまりあてになりません。
同じお店にゴロゴロとランカーがいることも珍しくありません。
しかし、それでも、ランカーに入れば稼ぎやすくなります。

ランカーの基準が緩いならばなおさらチャレンジするようにしましょう。
テクニックを磨いたり、サービスを良くしたり、雰囲気作りを工夫したり、会話の引き出しを増やすことがリピーターを増やし、ランカーへとつながっていきます。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする