売れる風俗嬢はお客さんを大切にできる人。そして芯の強い人です

売れる風俗嬢とはお客さんのことを大切に出来る人です。
そして、芯の強さがある人です。

風俗は究極の接客業と言われる所以はそこにあります。
もちろん、容姿やテクニックは大切です。
しかし、それだけでは売れることはできません。
ではお客さんを大切にする、芯が強いとはどのようなことなのでしょうか?

お客さんを大切にするとは?

お客さんを大切にするとはどういうことなのでしょうか?
それは身体も心も満足してもらうことです。
気持ちよく射精してもらうことは大切ですが、それだけではありません。

基本のマナー、サービスに少しプラス

女性基本的なマナーやサービスはもちろん大切です。
初心者はまず、これを身につけるようにしましょう。
もちろん、ベテラン風俗嬢も忘れてはいけません。

そして、その上でお客さんごとに少し違った気遣いができると売れます。
これには人間観察が必要です。
たとえば、恋人のようにいちゃいちゃした雰囲気を楽しみたいお客さんなのか、少し疲れていて、癒しを求めていたり、甘えたりしたいと思っているお客さんなのかということです。
最初はぎこちなかったり、的外れなこともあったりするかもしれませんが、気遣いをされて嫌な気持ちになるお客さんはいません。

人間観察や経験を重ねてノウハウを積むことによってより的確にお客さんの心をつかみ、売れることができるようになるでしょう。
風俗に来るお客さんは性的なサービスだけを求めているわけではないことお少なくないです。
時間が余ったら肩もみをしながら愚痴を聞いてあげるのもおすすめです。

一所懸命にもてなす

風俗の仕事は特殊ではありますが、おもてなしの仕事です。
容姿が良かったり、テクニックがあったりすることに越したことはありませんが、一生懸命にやっている、お客さんに少しでも楽しい時間を過ごして欲しいという姿を見せることが大切です。
自分のためにここまで頑張ってくれる女性がいるということはお客さんの感動を呼びます。

芯の強い人とは?

芯の強さとはなんでしょうか?
これは一言で言うのは難しいですが、風俗の仕事に呑まれないということです。

自己をしっかりと持つ

風俗の仕事は世間的な偏見が大きな仕事です。

さまざまな事情を抱えて風俗の世界に入っていく女性がとても多いです。
しかし、それでも自分を見失わず、目標をもって働けることが必要です。
ストレスが溜まることを言い訳に浪費をしたり、ギャンブルをしたり、生活が荒れたりするようなことにはなってはいけません。
また、必要以上に卑屈になってしまうことも良くありません。

風俗の仕事に誇りを持つことが難しかったとしても、せめて、風俗の仕事をしている自分を嫌いにならないようにしましょう。

笑顔を忘れない人間

風俗の仕事は大変なことが多いです。
嫌なこともたくさんあります。

それでも、仕事を嫌々やるのではなく、笑顔を忘れないで働きます。
お客さんは不機嫌だったり、愛想の悪かったりする風俗嬢よりもたとえ作り笑顔でも笑顔で接客してくれる風俗嬢を好みます。

やる気を出す方法を知っている

たとえ疲れていても、嫌なことがあって自らを奮い立たせ、やる気を出す方法を知っています。

お菓子好きなお菓子を食べる、趣味を楽しむ、お気に入りの音楽を聴くなどで気持ちを切り替え、モチベーションを上げて出勤をします。
多少辛いことがあっても遅刻や欠席をせずに働き続け、信頼と実績を詰める風俗嬢が売れます。

風俗で売れるために覚悟を決めましょう

風俗で売れるためにはお客さんのことを思いやること、そして、自分を強く持つことが何よりも大切です。

お客さんにどう満足してもらうか、楽しんでもらうかに心を砕きつつ、本当に自分の心を砕いてしまってはいけません。
笑顔を忘れずに、自分なりの気持ちの切り替えややる気の出し方を身につけて卒業のその日まで励みましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする