風俗で働くとどんなリスクがあるか知ってる?現役風俗嬢の教訓

風俗は短期間でお金を稼げるのが魅力ですが、それに伴い、いろいろなリスクがあることを知っておく必要があります。
風俗の世界は一般の仕事とは異なり、風俗ならではのリスクがあります。

風俗で働くことに不安を持っている女性に代表的なリスクについてお話します。

性病感染のリスク

ウイルス風俗で働く場合に必ず覚えておかなくてはいけないリスクは、性病感染のリスクです。
性病は粘膜同士の接触によって感染します。

実際に性病が発生するかは、感染した時の女性の免疫力に影響し、発症する場合と発症しない場合があります。
デリヘルの基本プレイにあるフェラチオや素股からも性病に感染する可能性はあります。
コンドームをせずに生でフェラチオをしたり、性器が接触しやすい素股を行うと、男性と粘液を通じて接する事になります。
生でフェラチオをすると、喉から性病に感染してしまいます。

また素股のプレイに慣れていない場合や苦手な女性は、どうしても性病に感染するリスクが高くなります。
風俗のお仕事は不特定多数の男性の相手をするので、性病に感染する確率は一般女性よりは高くなります。
性病の中でも完治が難しいと言われている、最も怖いリスクのエイズに感染してしまう可能性もあります。
予防法としては、性病検査を定期的に実施しているか風俗店で働く事をオススメします。

衛生面でも消毒液など性病の予防策がしっかりと用意されているかも確認しておきましょう。
どうしても性病が理由で、風俗で働くのが心配だという女性は、性病の危険度が低い業種を選ぶ方法もあります。
「オナクラ」や「性感エステ・マッサージ」は、キスやフェラチオなどは含まず、基本的にハンドサービスのみになるので、感染リスクはかなり低くなります。

接客中の盗撮や暴力、ストーカー被害のリスク

カメラホテルや自宅に出張するデリヘルの場合は、プレイを盗撮されるリスクがあります。
スマホや小型撮影機器など、かばんや部屋の隙間に仕込まれている場合、気づくのは難しいです。
盗撮のリスクを全くなくすことは出来ませんが、ソープやエステなど店舗型の風俗店ではお客さんがカメラを仕込むのは不可能に近いので、リスクは低くなります。
お客さんの中には、基本プレイだけではなく無理やり本番強要をしようとする人もいます。

断るとデリヘルの場合は近くにスタッフがいないので、お客さんも暴力をふるうなど激変してしまうリスクもあります。
そういった行為をされた場合はすぐに逃げる事を考え、部屋から出るようにしましょう。
こちらもスタッフが近くにいる店舗型の方が安全でリスクは低くなります。
風俗全般に多いのがストーカー被害のリスクです。

お客さんが一方的に恋愛感情を持ち、「外で会いたい」や「付き合いたい」という気持ちがエスカレートして行き過ぎた行動にでてしまうようです。
帰り道や自宅でお客さんを見かけたら、必ずスタッフに相談しましょう。
本名や自宅を調べて、手紙などを送ってくる場合も危険です。
スタッフからストーカー対策をしてもらっても改善しない場合は、大きな事件に発展する前に警察に相談するようにしましょう。

まとめ

以上が風俗で働くうえでの代表的なリスクです。
リスクを最小限におさえる風俗での働き方は、しっかりとした優良店の風俗で働くことをオススメします。
優良店は風俗嬢に長く働いてもらえるように、安全と健康管理をしっかりと行っています。

なかなか求人サイトで優良店を見極めるのは難しいので体験入店し、スタッフに実際会って不安な事は質問し、衛星面は自分の目でしっかり確認しましょう。
風俗でのお仕事で1番大きなリスクは稼げない事です!
自分でしっかり体調管理し、トラブルにまきこまれないように注意して下さいね!!

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする