風俗で働く際に体型は重要ですか?働けないお店もある?

男性はスタイルの良い女性を好むので、風俗で働く場合には優れた体型をしている必要があるのか気になるものです。
確かに、女性のスタイルが優れていると、指名が取れて稼ぎやすくなる可能性が高まりますが、スタイルが良くなくても風俗で働くことは可能です。
ここでは、風俗店の面接で問題とされる体型と、体型について意識しすぎることの問題点について紹介したいと思います。

風俗で体型が重視される理由

チェックリスト風俗では女性の外観が重視されます。
容姿端麗で美人な女性であれば、その女性と遊びたいという男性が多く来店するようになり、風俗店の収益性が向上します。
そこで、風俗店は美人でスタイルの良い女性を多く揃えようとしており、面接ではまず女性の外観がチェックされるのです。
逆に、女性のスタイルが悪ければ、男性客を満足させられない可能性が高くなり、お店の評判を傷つけます。
スタイルが極端に悪いデブな女性だと風俗店の面接で落とされ、採用されない可能性が生じるのです。
さらに、風俗店の中には制服やコスプレ用の衣装が用意されているお店があります。
これらのお店では、衣装が着れないデブな女性は仕事ができません。
男性客を満足させるためには女性のスタイルが良いほうが好ましく、衣装などを身につける必要もあるため、風俗の世界では女性のスタイルが重視されているのです。

スタイルが悪いと、高級店への採用が難しくなる

No女性のスタイルへの要求が特に厳しいのが高級店です。
高級店では男性の支払うサービス料が高額で、その料金に見合った女性の容姿レベルが求めれます。
その結果、高級店では採用基準が厳しくなっていて、採用されるには一定のスタイルをしている必要があります。
具体的には、高級店に所属するには7号サイズの服を身につけられる体型が必要とされています。
女性の身長が高い場合には9号サイズまで認められる場合もありますが、それ以上のサイズになると面接に通過できなくなるのです。
高級店に所属するには痩せたスレンダー美人である必要があり、求人に応募するにはデブは言うに及ばず、ぽっちゃりレベルでも難しい可能性があるのです。

どのような体型をしていても風俗で働くことは可能

スタイルが悪ければ高級店に所属することは難しくなりますが、高級店以外であれば働けます。
風俗店はサービス料の水準に応じてお店がランク分けされており、高級店の他にも大衆店や格安店などのお店があります。
お店のランクが低くなればなるほど採用基準が緩くなり、女性の体型に問題があっても採用される確率が高まります。
格安店であれば、デブな女性でも大丈夫な場合が多いのです。
ただ、格安店は高級店に比べて女性の手取りとなるバック水準が低くなるので、稼ぐためには仕事数をこなさなければなりません。
デブな女性でも痩せれば、所属できるお店のランクを上げられる可能性も高まります。
体型の問題を抱えているのであれば、ダイエットや運動に励んで痩せる方が望ましいのです。

体型を意識しすぎるのも問題

女性は男性に比べ体型について意識しすぎる傾向があります。
実際、男性から見て問題のない体型をしていても、太っていると過剰に考えて萎縮している場合が多いのです。
風俗の世界で働く女性のうち、優れたスタイルの持ち主は高級店に所属している少数の風俗嬢に限られています。
風俗嬢の多くが標準的な体型をしていて、優れたスタイルをしていなくても十分に風俗で働くことはできるのです。
また、極端に痩せているのも問題です。
胸 女性痩せればそれだけ胸のサイズが小さくなり、貧乳になってしまいます。
貧乳とぽっちゃりを比べるとぽっちゃり女性の方が接客時に気持ち良いため、ぽっちゃり体型の方が好みだという男性も多くいます。
極端に痩せるくらいなら、少々太ったままでも問題ありません。
風俗求人に申込む場合、デブについては問題視される可能性がありますが、そうでなければ過剰に体型について意識する必要はないのです。

まとめ

男性はスタイルの良い女性を好むため、女性のスタイルが良ければ風俗で働く場合には有利になります。
ただ、必ずしもスタイルの良さが風俗で働く場合の条件とはなりません。
たしかに、高級店に所属するためにはスリムな体型をしている必要がありますが、大衆店や格安店ならスタイルの良さは求められません。
よほど酷いデブじゃない限り問題視されないのです。
女性は体型について意識しすぎる傾向がありますが、風俗嬢の多くが標準的な体型で、優れたスタイルの持ち主ではありません。
よほどのデブじゃない限り、体型について意識する必要はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする