風俗店ではサービス料が安いほど客層も悪くなるのでしょうか?

風俗で働く場合、気になるのが客層です。
上品で教養のあるお客さんなら大きなトラブルも少なく、楽に働けるように思えます。
そこで、多くの女性が客層が良い高級店で働きたいと思う傾向にあります。
しかし、客層が良いからといって、働きやすく稼ぎやすいとは限りません。
ここでは、風俗店のランクやジャンルと客層との関係を分析し、女性にとって稼ぎやすいお店の特徴を紹介したいと思います。

風俗店のランクと客層は連動する

棒グラフ風俗店は、サービス料金に応じてランク分けされています。
一般的に、料金の高い順に高級店大衆店格安店激安店と分類でき、当然ながらサービス料金が高くなるほど、プレイ時間も長時間になり、風俗嬢が提供するサービスも濃厚なものとなります。
ここで、サービス料が高額な高級店を利用できるのは、富裕層の男性たちが中心となります。
富裕層は学歴も高く、教養豊かな資産家や会社経営者たちから構成されています。
一方、格安店や激安店を利用するのは肉体労働などに従事する低所得者の男性たちです。

富裕層と低所得者を比較すると、客層が良いのは当然富裕層の方です。
高級店を利用するのは、態度が落ち着いていて上品な、紳士的な男性が中心となっているのです。

特殊店を利用する客層は独特

風俗店は、業種別にジャンル分けすることも可能です。
風俗を代表するのはソープやデリヘル、ファッションヘルスなどのお店で、これらの風俗店は男女間の肉体関係を普通に楽しむためのお店です。
これら標準的な風俗店を利用するのはノーマルな性癖を持った男性たちです。
一方、風俗店には特殊なジャンルもあります。
SmSM店やM性感、オナクラ、手コキ店などで、通常とは異なるプレイが楽しめるのが大きな特徴となっています。
このような風俗店を利用する男性は普通の男性とは異なった性癖の持ち主が多く、これらのお店の客層は独特なものとなっています。
いわゆる変態気質な男性が客の多くを占める可能性があるのです。

特殊店については客層も特殊なものとなっているのです。

風俗嬢の年齢に応じて客層の年代も変化する

風俗店は、所属する風俗嬢の年齢別にも分類することもできます。
デリヘルやホテヘルでは、若い女性が多く揃えられた都市型のお店から、30代、40代の女性が所属する人妻系、熟女系のお店まで多岐に分かれています。
ここで、男性は同年代か年下の女性を好むので、人妻系、熟女系のお店を利用する客層は中高年齢層の男性が中心となります。
一般に、男性客は年齢が上昇するほど気難しくなり、細かなことにクレームを入れたり文句を言い出したりして接客が難しくなります。
人妻系、熟女系の風俗店での接客は難しくなる場合が多いのです。

客層の良さと働き易さは別問題

一般に、高級店では客層が良くなり、大衆店や格安店では客層は悪くなります。
しかし、それと働き易さは別問題です。
高級レストランや高級ホテルを利用する金持ち客のクレームは激しく執拗なものです。
同じことが高級風俗店を利用する富裕層のお客さんに言えます。
高級風俗店、特に、吉原の高級ソープを利用する富裕層はプレイ内容だけではなく接客態度にも厳しいので、マナーや立ち居振る舞いがしっかりしていないと、怒りを買う危険性もあります。
そして、そのような富裕層のお客さんに対応するために、高級店の採用基準は厳しくなっています。
面接では、容姿やスタイルなどの外見的要素についてチェックされるだけではなく、話し方やマナーなどの接客態度についても確認されます。
高級店の求人は誰でも申し込めるものではなく、万人向けではないのです。

サービス料の高低と稼ぎ易さは関係ない

Sm風俗求人を探す場合、サービス料の高いお店に所属できればバックも高くなるので楽に稼げると思われがちです。
しかし、必ずしもそうとは限りません。
高級店を利用する富裕層は絶対数が少ないので、高級店は客数で劣っています。
風俗で客入りの良いお店は大衆店や格安店なのです。
業種別に見ると、大衆ソープや格安ソープが最大の客入りを誇っています。

大衆店や格安店に所属すればフリーの客を多くつけてもらえます。
一方、高級店では常連客にリピートしてもらうために、キャバクラ嬢のようにお客さんに電話やメールで営業活動しなければならない場合もあります。
そこで、風俗嬢の中には高級店に所属できる器量の持ち主でありながら、あえて大衆店や格安店に所属している女性もいるくらいです。
稼ぎ易さとトータルでの給料を考えると、第一の選択肢は大衆店や格安店となるからです。
確かに客層は高級店に比べれば劣ることになりますが、稼ぎやすさで比べると、大衆店や格安店の方が上なのです。

まとめ

風俗店ではお店のランクやジャンルによって客層が異なり、サービス料の高低に応じて客層も変化します。

サービス料が高いお店であれば客層も良くなり、サービス料が低いお店では客層も悪くなります。
ただ、客層の良い高級店に所属できれば楽に稼げるようになるわけではありません。
会社経営者など高位の役職にある富裕層の男性客は、命令することに慣れていて、自分の思い通りにならないと猛烈に怒る傾向があります。
また、高級店では客入りに問題があるので、お客が引けずに稼げない可能性もあります。
風俗で客入りが良いのは大衆店や格安店です。
稼ぎやすさを重視するのであれば、客層にこだわるのではなく、これらのお店を選択すべきなのです。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする