違法風俗店の見分け方!働く前に必ずチェックしましょう!

風俗店で働きたいと思った時、もし面接したお店が違法店だったら困りますよね。
そこで風俗営業法の内容をおさえ、違法店に引っ掛からないためにどんなお店を選んだらよいのか考えてみましょう。

風俗営業法とは?

質問違法かどうかを考える前に、何が違法で何が合法か知らなくてはいけません。
風俗嬢に一番身近となる風俗営業法という法律を知っておきましょう。
まず風俗店は風俗営業法に基づいて運営されています。
風俗店を開業する時は公安委員会に出店を届け出て、風俗営業法に則って定められた時間や方法で運営するよう義務付けられています。
出店できる地域も限られていますし、営業時間も自由ではないのですね。

これに違反していると「違法店」となりお店だけでなくスタッフも風俗嬢もお客さんも警察に摘発されたりします。
また風俗営業法では18歳未満の出入りを認めていません。
年齢を偽って風俗嬢を働かせていた場合は摘発の対象となりますし、18歳未満の風俗嬢も補導されます。
違法はもちろん犯罪です。
違法と分かって入店するのも犯罪となりますので十分に気を付けなくてはいけません。

違法店の見分け方

虫眼鏡この風俗営業法を元に考えると、入店直後でもチェックできる項目がいくつかあります。
まず入店する前に身分証明書や住民票のチェックをされたでしょうか。
この二つは提出義務がありますので、提出できなければそれでも働けるお店、つまり違法店に回されてしまいます。
面接ではきちんと年齢や証明書類の確認を行わなければいけませんので、憶えておきましょう。

風俗営業法では18歳未満が禁止なので、18歳未満の少女がいないかどうかをチェックしてみましょう。
と言っても本人もバレないように年齢を偽ってはいるのですが、20代後半~30代の風俗嬢が多い人妻専門店なら完全に問題ないでしょう。

そしてお店がネット広告や雑誌広告を出しているかどうかも、違法店を見分けるポイントとなります。
ネット上や雑誌に広告を掲載する時は、お店は警察にその複製を提出することが義務づけられています。
提出できないから広告を出さないというお店は違法店の可能性があるので、大手で広告の多いお店を選ぶのも手ですね。
風俗求人サイトも安全なお店と言えます。

援デリという言葉を知っていますか?援助交際とデリヘルを組み合わせた言葉ですが、これはデリヘルで本番行為をすることを指します。
デリヘルはお店がなくてもPCだけで開業出来るため、実体がなく摘発難いのが現状です。
さらに身分証のコピーなどで脅され休みなく働かされます。
感染症のリスクも高く、とにかくメリットはありません。
もしデリヘルを希望するなら、求人に店名や電話番号、URLが掲載されているかを確認しましょう。
上記と同じように警察に提出していなかったり摘発を恐れているお店はこのような情報を載せずに求人を出します。
特にSNSでの求人は十分に気を付けましょう。

それと関連して、裏メニューとして本番行為を強要するような風俗店や「した方が指名が取れる」などと言ってくる風俗店は、遅かれ早かれ警察から摘発されるのですぐに辞めましょう。
稼げるので店側が黙認している場合もありますが、違法行為なので絶対にやめましょう。

手錠そして外国人に不法労働させているお店もあります。
これも違法ですので、外国人女性がいないお店であればこの点もクリアです。
外国人が働くためには就労ビザが必要です。
このビザがないのに働かせている場合は当然摘発されますので、可能な限りチェックしておきましょう。

まとめ

初めて風俗店で働く時は、そんな人がいるかどんなお店なのか不安でいっぱいですね。
しかし何より大事なのは、違法店ではない店を選ぶ事です。
ここで挙げた最低限の法律を知り、優良店で働くようにしてください。
違法行為に巻き込まれないように、日頃から充分に注意しておいて下さい。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする