風俗バイトの中で一番ソフトサービスの業種はなんですか?

風俗で働くのが初めての女性なら、なるべく最初はソフトサービスで、と思うことでしょう。
初めてのナイトワークでヘルスでソープランドといったハードな業種には抵抗があるのは当然のことです。
ですがソフトサービスにも様々な業種があり、お店ごとにサービスも違います。
どの業種が一番ソフトサービスなのか風俗求人からでは読み解けないことも多いはずです。
そこで今回はソフトサービスの内容についてランキングをつけて解説してみましょう。

ソフトサービスの中で最もソフトな業種とは!?

チェックリストまずソフトサービスにもいろいろありますが、代表的なソフトサービスは脱がない、舐めない、触られないを満たしてる業種でしょう。

その中でどれが一番ソフトか、おおまかにランク付けしてみました。
1 オナクラ
2 エステ・ライブチャット
3 ヘルス・ホテルヘルス・デリヘル・セクキャバ
おおむねこのようにランク付けできるでしょう。

オナクラ

オナクラは男性のオナニーを見るだけなので、ソフトサービス界のキングともいえる業種でしょう。
セクシーポーズで下着をみせたり、言葉責めをすることで射精を手伝うだけなのです。
店によっては手コキやフェラオプションもありますが、NGにできるので触らなくても稼ぐことが可能です。
唯一のデメリットは店舗数が少ないので採用率が高くなってしまう点です。
年齢や容姿がお店の基準を満たしてない女の子は面接の狭き門をくぐりぬけることができず、出稼ぎをしないと働き先を探すのは難しいでしょう。

エステ・ライブチャット

Webカメラつづいてのサービスはこちらの3業種です。
手コキをする必要がありますが、男性と絡む必要はありません。
エステはアロママッサージをしたり、回春エステという肛門や前立腺を刺激して射精の手伝いをする業種です。
こちらは手コキでお客さんの性器を触れなければならなかったり、ランジェリーで仕事をする必要などもあり、ソフト度合いは下がりますが、お店がたくさんあるためオナクラよりは働きやすいソフトサービスです。

ライブチャット

ライブチャットは最近流行りのアダルトサービスです。
ウェブカメラで視聴者と繋がり、チャットなどでコミュニケーションをとりながらエッチな姿を見せて視聴者からお金をポイント経由でもらいます。
この業種のいいところは男性と直接会う必要がない点です。
在宅でマスク付きで裸を見せるだけで良いので、性病や身バレリスクがなく、現在若い女性や主婦の間でアルバイト感覚で広まっている旬な業種です。

ヘルス・ホテルヘルス・デリヘル・セクキャバ

ホテル 部屋ヘルスやホテヘルはハード側の風俗なので本来ランキングには入りませんが、お店が素人型コンセプトの場合は話が別です。
素人型の店舗は初心者主体で接客するので、できないプレイにはNGオプションを出すことができ、お客さんも風俗なれしてない女の子とのエッチを楽しみたいので、それでもお店にやってきてくれます。
そのため自分でやれる範囲内のサービスで働くことができ、コンドーム着用を義務付ける店舗では性病リスクもなく、ソフトサービスに終始することが可能です。
また、セクキャバはキャバクラをすこしハードにした業種です。
胸を触られたり、お客さんにキスをする必要はありますが、それ以上のことはしなくて大丈夫なのでアルバイト感覚で働くことができます。

これらの業種はオナクラなどよりはハードルは上がりますが、ハードな業種に比べたら仕事内容は緩いので、「多少は触られても大丈夫」という女の子にオススメです。
ハードなお店はいつでも合格できるので、風俗慣れしてない時はまず採用率の高い業種で雇ってもらえるか面接行ってみるのがオススメです。

まとめ

いかがでしょうか。
一例ですがソフトサービスの格付けについてまとめました。
もちろんオナクラでもオプションをつければハードな業種にかわります。
おなじソフトサービスでも店舗により仕事内容が異なるので、きちんと風俗求人を確認し、体験入店でサービス内容を確認してから入店を決めましょう。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする