風俗店を辞める時にどんな理由を伝える?無理に引き止められない?

風俗嬢は理由があって働いています。
もちろん好きで風俗をやっている女の子もいますが、大多数がお金で割り切って働いています。
しかし、いずれ辞める時は必ず訪れます。
それは借金を完済したときかもしれませんし、性病にかかった時かもしれませんし、彼と結婚をするときかもしれません。
とはいえ戦力を手放したくない風俗店はそうやすやすとやめさせてくれないでしょう。
場合によってはお店とトラブルになり、ちゃんと退店させてもらえないケースもあります。
今回は風俗嬢が店を辞める理由について解説していきます。

風俗は辞めることができるのか

もちろん風俗店はきちんと申告すれば退店することができます。
お店に借金をしていたりするとややこしいのですが、2週間前に申告すればどの仕事も辞めることができるのです。
法律これは法律で定められていますので、辞めさせてくれない店舗であれば違法なので弁護士に相談してみましょう。

こんな理由でオーケー!?風俗店を退店するベストな理由

とはいえ「辞めます」とつたえたところでお店側はあらゆる理由をつけて説得してきます。
これは風俗だけではなく、忙しい飲食店やブラック企業など、昼職であっても同じことです。
そこでスパっと辞められるオススメな理由いくつか紹介します。

目標の〇万円貯まったので辞めます

これはよく使われる理由です。
あらかじめ面接などで目標金額を店長につたえておき、例え到達していなくても目標達成したと伝えるのです。
こうすると店長は続けさせる説得をしづらいのです。
ただしあまり高い金額にすると嘘くさくなってしまうので注意が必要です。
「借金の完済」も悪くないのですが「じゃ次は貯金するまで頑張ればいいじゃないか」と説得の口実を与えてしまうので貯金のほうがいいでしょう

年内いっぱいで辞めます

これはあらかじめ辞める期限を設定しておくことで時期がきたらスパっと辞める方法です。
明確な期限を設定しておくことで、決意の固さを相手に理解させることができるので、中途半端な説得ができなくなります。
また、「やっぱ続けさせてください」と言っても普通に続けさせてもらえるので、保険をかけながら働くことが可能です。
辞める期限を設定すると、その日まで「〇万円貯めておく」など目標が作りやすいので、ダラダラ働いて無駄遣いをしがちな女の子に有効な手段のひとつでしょう。

親・彼氏にバレたから辞めます

これも有効な方法の一つです。
身バレは女の子ならだれもが嫌がるので、店長も察してスパっとやめさせてもらえます。
ただし、これを理由にしてしまうと、他の風俗店に勤務するとバレてしまったり、出戻りしたくなってもできなくなるデメリットもあります。
もう戻るつもりがない時にだけ使いましょう。

オススメできない辞め方

拒否つづいてはあまりオススメできない辞め方を紹介しましょう。

仕事がつらいから

これはあまりオススメできません。
「じゃ、もっと楽な時間帯に変えてあげるよ」
とほだされてしまうのです。
漠然とした理由だと相手に本当にやめたい意思があるのか疑われてしまいますので、説得をさせづらいキッパリとした理由で辞める方がいいでしょう。

昼職をすることが決まった

これもオススメできません。
店長は長年風俗嬢が昼職をしても続かず店に出戻りしてくる現状を知っています。
「どうせ続かないから空いてる週末だけ店にでなよ、しばらく二足のわらじでいいじゃないか」
とうまく丸め込まれてしまうのです。

店の条件が悪い、店に嫌いなやつがいる

チェックリストこれは最悪な辞め方の一つです。
お店や中の人間を悪者にする辞め方をすると、掲示板で叩かれたり、お店によってはHPにずっと写真を掲載されたり、嫌がらせをされることがあります。
本当に嫌だったとしても立つ鳥跡を濁さず、引き際は美しく、後腐れなく退店しましょう。

まとめ

いかがでしょうか。
辞めたいのに無理やり働きつづけるのは心にも身体にもよくありません。
ダラダラ働いてるといつまでもやめられませんし、貴重な人生を無駄に消費してしまいます。
明確な目標を定めて働いて、目標に到達したらスパっと辞めることが理想です。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする