風俗店の移籍を考える前に自分自身を振り返ってみよう

風俗業界ではお店の移籍を繰り返したり転々とする女性を称して「転々虫」と呼ばれます。
稼ぎたい女性からすれば店の条件が低かったり、お客さんが少なくて稼げない状況が続くとお店にとどまる意味がありません。
そこでどんどんお店を辞めては移籍を繰り返すというわけです。
確かにお店をかえれば状況が好転する場合があります。
馴染めないお店に長くいると心身ともに病んでしまうこともあるでしょう。
ですがあまりお店を転々とするのも考えものです。

固定客がいつまでもつかず、ずっとその場しのぎの生活を強いられてしまうのです。
もしいまの職場を辞めたくなったら、ツライ状況を作り出しているのは店か自分か考えてみましょう。
今回は風俗嬢と移籍について考えてみます。

移籍することのメリットデメリット

Ok, Noお店を移籍するメリットは、移籍先で新人期間が割り当てられることです。
通常風俗では新しくはいった女の子には新人サービスとして値段を割引しており、経験があったとしても0からのスタートをサポートしてくれるのです。
風俗慣れしてない素人好きのお客さんは多く、新人期間中は指名が増えたり、店側もフリーの客を回してくれます。
この制度を悪用して、新人期間が終わったら別の店に移籍してまた新人を装う、そんな転々虫がいるのです。

転々虫は嫌われる!?

ですがこのような働き方は一時しのぎにしかすぎません。
お店に定着する意思がない女の子はサービスに身を入れず、地雷接客を繰り返します。
そうなるとフリーのお客さんは店に返ってこないばかりか、ネットにお店の悪口を書いたりと、結果的に店全体の客足を落としてしまいます。
これがあるので転々虫は他の風俗嬢に嫌われます。
「嫌われたってまた店辞めればいいじゃん」と思いがちですが、狭い業界なので同じエリアで働いているとすぐ噂は広まるものです。
当人はその意識を持たず、場を荒らすだけ荒らしてあとはお店をやめてしまうので、お店にとっていいことはなく、やがて働ける店はなくなってしまうのです。

辞める前に自問自答してみよう

疑問たしかにお店に原因があって辞めざるを得ないこともあります。
ですがこのようなことで不満があったとき、ちょっと自問自答してみましょう。
・求人広告でみた条件と全然違う
・フリーを回してくれない
・干されている
求人広告はおよその目安にすぎず、面接をしてあなたの容姿やスタイルを確認したあと変動します。

お店も利益を出さなければいけないため、「このコはお客を返してくれそうだな」と思った女の子はバックをあげたり、逆の場合は低くなります。
また、フリーのお客さんが回ってこないのは、あなたが指名を返す接客をしていないという理由も考えられます。
風俗嬢の中にはお客さんを選んで地雷接客をする女の子がいます。
やはりお店も指名を返してくれる女の子を優遇するので、リピート率の悪い女の子は次第にお客さんの数が減っていきます。
風俗嬢は常連客、太客を掴んでなんぼの世界です。
あなたが指名を返すように努力していれば、フリーの客も増え、条件もあがっていきますので見返してあげましょう。

移籍をするにしても、太客を沢山抱えている状態ですることで、求人以上の条件で優遇してくれるので、気持ちがいいはずです。
もし指名を返そうとせず、新人期間だけの恩恵目的でお店を転々としているのなら、先細りするだけなのでやめたほうがいいでしょう。
あなたが店側へ募らせている干されるような不信感は、もしかしたら指名を返せないあなた自身に原因があるのかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。
厳しい言い方になりますが、指名を返せない風俗嬢はどこに逃げ出してもたどり着く先に天国はありません。
稼げないからといって移籍を繰り返してしまうとクセになってしまいます。
辞める前に自分自身を振り返ってみましょう。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする