風俗の業種別仕事内容と給料を比較!楽に稼げる夜職を紹介

風俗には様々な業種があります。
性風俗には女の子が責められる業種もあれば、攻めるだけでいい業種もあります。
店舗で待っているだけでいい業種もあれば、直接お客さんの家に行かなければいけない業種もあります。
今回は性風俗の給料や仕事内容などを比較し、どれが楽に稼げそうか考えていきましょう。

※参考記事

ソープランド

石鹸 風呂
まず世間で最も風俗のイメージが強いのがソープ嬢でしょう。
ソープの仕事内容は洗体サービスやマットプレイなどをしてお客さんを綺麗にしながら気持ちよくさせます。
収入面は業界内でトップクラスに高く、平均的ソープ嬢のバックは15000~25000円くらいで、ナンバー嬢ともなれば月収で数百万を稼いでしまう風俗嬢もいるほどです。
ゴム無し本番サービスをする場合、性病リスクだけが難点ですが条件的には破格の業種です。

デリヘル嬢

デリヘルは最近メジャーになった業種ですが、現在では最も求人の多い風俗の一つです。
お客さんの家やホテルまで女の子が訪問し、そこで接客をします。
自宅待機して呼ばれたときだけ出勤する派遣型デリヘルもあり、周囲に風俗で働いてることがバレないように働くことができます。
平均的な時給相場は9000円~12000円程度で、指名が一日3人あれば4万円程度持って帰れます。
ただし、移動面で時間的コストがかかるので店舗型の風俗よりやや時間給は悪くなります。

イメクラ・ファッションヘルス

イメクラやファッションヘルスはデリヘル登場前一番人気の風俗でした。
店舗型の風俗店で、仕事内容自体はデリヘルとほぼ同じ、イメクラの場合ならイメージプレイ込みで接客します。
待合室でお客さんはスタッフと顔を合わせるため、厄介なお客さんはその場でNGにすることができ、待合室で顔をチェックできるので身バレの観点からも安全です。
給料面もデリヘルと同じ10000円前後となっていますが、回転率が高い店舗の場合、接客数も増えるので大きく稼ぐことができます。
ただデリヘルと違い、待機所で他に在籍する女の子同士の人間関係が煩わしいデメリットもあります。

オナクラ嬢

オナクラ嬢の仕事内容は上記2つのようにお客さんから触れられることはありません。(オプションでお触りOKの場合もありますが)
基本的にオナニーを見るだけで、自慰行為をするお客さんを気持ちよく射精まで導くことが主な仕事です。
場合によっては手コキをしたり、言葉責めをしたり、乳首を責めてあげたり、コスプレをしたり、様々なオプションをつけて射精を手伝います。
お触りナシのソフトサービスのため、給料面ではやや劣り、平均時給相場は5000円程度で、稼ぐ女の子はオプションサービスで給料を増やします。
気軽にできる風俗なので応募する女の子も多く、ある程度容姿・スタイルのいい女の子以外は採用されにくいのが難点です。

チャットレディ

Webカメラ
チャットレディはそもそもお客さんと会うことすらないサービスです。

仕事内容はWebカメラで自慰行為などを男性に配信し、チャットから送られるリクエストを通じて興奮したお客さんにポイントをつかわせるコミュニケーションサービスです。
給料相場はピンキリで、稼ぐ女の子は月収100万以上稼いでしまいますが、稼げない女の子は全く稼ぐことができません。
うまく男性を惚れさせて、自分のファンにさせることができるかが稼ぐコツです。
ライブ録画を違法アップロードされたりすることがあるのでその面で注意が必要ですが、元手もかからないので最も楽に稼げる業種といえるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。
給料相場はおおよその目安です。
どの業種も共通して人気になれば青天井であがりますし、容姿やテクニックが無い場合は悪い条件で働かされてしまいます。
風俗で稼ぐ場合、いかに常連客、太客を獲得できるかが鍵ですので、まずはお客さんを満足するサービスをすることが大切です。

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする