SMクラブってバイトするには敷居が高そうだけど、給料いいの?

風俗や水商売のバイト募集や求人広告の中で、ひと際異彩を放っているのが「SMクラブ」の求人です。
中でどんなことをするのか、怖くないのか、自分でも知らなかった素質が引き出されてしまうのか?など、未体験だと妄想が膨らんでしまいます。
しかも結構お給料が良さそうです。
SMクラブのバイト内容や給料体系などについて色々調べてみましょう。

SM(エスエム)倶楽部(クラブ)とは

女王入りボンテージ

SMクラブとは、通常のヘルス系の内容にSM的な要素が加わったサービスを提供する風俗店のことです。
SMはそれぞれSがサド(サディズム)、Mがマゾ(マゾヒズム)のことを指していて、Sを担当する女の子はS嬢、M担当の子はM嬢と呼ばれます。
S嬢は「女王様」とも呼ばれます。
SMクラブといっても、SM風味を味わいたいだけの人を対象にしたソフトSMと、本格的なプレイを希望する人向けのハードSMの2タイプがあり、ソフトSMのお店が大半を占めています。
ソフトSMの中にも、3Pコースやコスプレコース、M性感など、様々なコースが選べるようになっています。
最近はS専門店やM専門店、ハードのみなどお店も多様化しています。
通常のソープやデリヘルでは物足りない、と考えているSっ気、Mっ気のある男性が多く来店します。
通常の風俗にオプションでSMプレイがついている感覚なので、料金設定も少し高めです。
店舗を構えるお店もありますが、デリヘルのような無店舗型のSMクラブも増えてきています。

※関連記事
SM性癖の人なら一度試したい!S女王とM女のバイト内容

SMクラブと他の風俗との違い

SMと聞くと、よくイメージするのはムチやろうそくといった小道具を使ったプレイですが、SMクラブに来店する男性客にとって、小道具も確かに必要ですが、それよりも大切なのは精神的な要素です。
普通のエロでは物足りない、と感じるのはSM的な気持ちのプレイが足りないからで、それを満たすために男性はSMクラブに来店します。
精神的なプレイ、言葉や雰囲気作りによって、頭の中で行われる妄想で興奮を高めるSMは、社会的地位の高い紳士に愛好者が多く、SMクラブに通う人も医者や弁護士、大手企業の会社員といった客層が多いのが特徴です。
SMクラブでは性的サービスの他に、男性を精神的に満足させられるかどうかも重要になってきます。
もちろん容姿も良いにこしたことはありませんが、責めたり責められたりといった、SMプレイの空気感をどこまで演出できるかが問われるところが、他の風俗との大きな違いになります。
演出する、という意味ではイメクラと少し似ているかもしれませんが、責めたり受けたりといった要素が入る分、SMクラブの方がハードです。
空気感だけでなく、小道具の使い方にも練習が必要です。
特にS嬢ならアザにならないムチの当て方や縄を使った縛り方、熱くないろうそくの垂らし方、といった方法は初心者ではなかなかできるものではなく、女王様のバイトは未経験者にとってハードルが高めになっています。
風俗で働くことを選ぶ女の子の目的は、多くの場合お金を稼ぎたい、貯めたいといった理由ですが、SMクラブで働く女の子の中には、お金を稼ぎたい子に混ざって純粋に「SMプレイをしてみたい」という理由で働いている女の子もいます。
自分の中にあるS心やM心を満たしてみたい、という興味からバイト先に選ばれるあたりも、他の風俗とSMクラブの違うところでしょう。

SMクラブでのお仕事の流れ

SM部屋の様子

SMクラブで働く場合も、他の風俗店と同じように求人から問い合わせして、面接や体験入店後に働き始めることになります。
入店時にSかMどちらが希望か、どのプレイがOKでどれはNGか、といったことを質問されます。
ハードプレイが可能な方がバック率は高くなりますが、無理をせず、ちょっとでもNGだと思うことはお断りするようにしましょう。
プレイの種類にはムチやろうそく、緊縛、言葉責めのほか、S嬢なら聖水、顔面騎乗、唾液、足コキ、M嬢ならイラマチオ、バイブ責め、浣腸など、様々なオプションがあります。
いくつかのオプションが込みになったコースもあります。
接客時間は60分以上のところが多く、お店によっては3時間や6時間、24時間といったロングコースを設けているお店もあります。
M嬢は基本受け身ですが、お客様を責めるS嬢はある程度経験がないと難しいため、クラブ未経験の女の子はたとえS嬢希望でも、最初はM嬢からスタートすることになります。
SMについて全く知識のない状態で入店する嬢は少なく、恋人や知人にSやMの人がいて、クラブについてある程度の知識を持って面接に来る子が多いようです。
縛り方やムチの当て方など、店内の先輩女王様が教えてくれることが多いです。
女王様はピンヒールブーツにボンテージなどを着用しますが、私服や他のコスチュームでプレイすることもあります。
SとMどちらのコースもあるクラブでは、状況に応じて女王様がM嬢になることもあったり、その逆もあったりします。

待機中の過ごし方

プレイする場所は店舗を構えているところはプレイルームで、それ以外はホテルや自宅など、お客様の指定した宿泊施設に直接向かうか、待ち合わせをして一緒に食事などしてから部屋に入る場合もあります。
一般的に自宅よりもホテルなどへ呼ばれることが多いです。
お客様から呼ばれるまでは、待機の時間になります。
店舗へ出勤して待機ルームで待つ場合と、自宅待機できる場合があります。
待機中はメールやゲームをしたり、食事をしたりウトウトしたりと、自由に過ごすことができます。
お店からいつ連絡があっても外出できるように準備さえしておけば、休憩時間と同じように過ごして大丈夫です。
店内の待機ルームには、個室タイプと相部屋タイプがあります。
相部屋タイプは広めのフロアになっていて、待っている間はそこで働いている他の女の子とお喋りしたりすることもできます。
他の風俗と違い、興味や自分自身の性癖もあって勤めている女の子もいるので、色々なお話が聞けるかもしれません。

SMクラブの時給・日給・月給

SMクラブのお給料は、時給の相場が大体5,000円~15,000円、日給35,000円~70,000円、月給60~80万円と高めです。
これは顧客が支払う料金設定が高めなことと、SMプレイが他の風俗に比べて気軽に簡単にできるものではないことによります。
月給は週に何日出勤するかによっても変わってきますが、ハードなプレイや長時間プレイがあった時は、連続勤務は肉体的にも精神的にもキツいことがあります。
SMクラブの1回の接客時間は、ソフトSMコースなら1時間を切るものもありますが、通常は70分、90分と長めなことが多いので、1度お客様がつけば高収入になります。
また聖水、バイブ責め、拘束具といった多様なオプションがあるので、他の風俗店よりバック率も良くなっています。
浣腸や黄金プレイ、アナル開発など、ハードなオプションになるほど料金は上がり、お給料に反映されます。
S嬢とM嬢ではお給料が若干違い、ワンセットの料金はM嬢が5,000円~10,000円、S嬢が7,000円~15,000円と、女王様プレイは未経験では難しいため、S嬢の方がお給料は高めです。
ただ、選択されるオプションの数によっては、M嬢の方が稼げることもあります。

S嬢(女王様)に向いている人

容姿は可愛いというよりも綺麗なタイプで、背が高く細身の人が女王様向きです。
性格は気位が高く、わがまま気ままな人が女王様に向いているか、というと意外とそうでもなく、男性客の性癖や嗜好を読み取り、快感を感じるように言葉で虐めたり、性感帯を責めたりするサービス精神旺盛な人が向いています。
SM業界では「SMのSはサービスのS」と言われるくらいです。
プレイ中は女王様が主導権を握り、支配して緊張感を保ちつつ罵倒したり、限界まで焦らして一気に責めたり、といった「女王様」として君臨する演技をし続ける必要があります。
途中で我に返ったり、ひるんでしまうと場が白けてしまうので、とことんお客様に付き合い「虐める」という奉仕をするのがS嬢、女王様のお仕事になります。
上手な精神プレイができる人は、30代や40代を越えても女王様として働くことができます。
小道具の扱いや言葉の言い回しなど、しっかりと身に付ければバイトを超えて立派な手に職といえるお仕事です。
未経験ではなかなかできない代わりに、女王様経験者はどこのSMクラブでもニーズがあり、M嬢はやれても女王様にはなれないM嬢が多いのに対し、M嬢もやれる女王様が多いのも特徴です。

M嬢(M女)に向いている人

S嬢とは反対に、未経験や体験バイトでもできるのがM嬢のお仕事です。
M嬢として、初心者には難しい技術もあることはありますが、基本的にお客様からの責めを受ける受け身のお仕事なので、SMクラブで勤めたことのない女の子でもプレイすることが可能です。
M嬢の仕事は初心者でもできるから楽、というわけではありません。
M嬢は一般的に、S嬢よりも肉体的にも精神的にもタフさが要求されます。
Sの男性やご主人様からの責めをどこまで喜んで受け止められるか、「SMのMは満足のM」と言われるように、受け入れられる器を持っている人はM嬢に向いています。
M嬢のプレイ内容には限界がなく、軽い縛りやスパンキングといったソフトな内容から、長時間に及ぶイラマチオや浣腸、2穴責めなど、どこまでもハードを追求することもできます。
肉体的な責めだけでなく、言葉による罵倒など、プレイ中にエスカレートするお客様もいるので、精神的に耐えられる強い人や、喜びに感じられる人がM嬢に向いています。
傷つきやすい人、感受性の強い人、S気の強い人にはツラいバイトになるので、お勧めしません。
ちなみに、勤めている内に女王様がいつの間にかM嬢に、M嬢がいつの間にか女王様にと、お仕事内容が変わってくる人も多く見られます。
人間は必ずSとMの二面性を持っている、とよく言われますが、M男性をずっと虐めていたら、気持ちよさそうで羨ましくなった、またはふだん虐められているから、どう虐めたらM男に気に入ってもらえるプレイになるかがわかる、というせいかもしれません。

※関連記事
M嬢でケガをしないポイントと責められ方が2種類ある

M性感について

土下座(男性)

SMクラブの中には「M性感」というサービスを行っているお店があります。
SMの中の「痴女プレイ」とされるもので、淫乱女性を演じて男性を言葉責めしたり、乳首舐めや前立腺刺激などを行い射精まで導きます。
マンツーマンで行うものもあれば複数プレイもありますが、男性は虐められたり罵倒されるというよりも、淫乱な性奴隷に責められ、王様感覚で快感を味わうというところがSMプレイとは少し異なります。
局部に触らずに射精へ導いたり、限界まで我慢を強制してからヌイたり、といった焦らしプレイも多く、ソフトな女王様プレイの延長といった感じですが、SMとはまた違った技術が必要になるプレイです。
罵倒したり肉体的に痛めつけたり、ということがないので、SMプレイに比べると精神的な負担は軽いです。

※関連記事
性癖が活かせ、触られづらい!M性感嬢の仕事内容と収入

コスプレ、イメプレについて

SMクラブでは、M性感の他にも様々なコースを設けているお店があります。
ナースの制服を着て緊縛したりするナースコースや和服で羽によるくすぐり、亀甲縛りといったコスプレコース、本当にレイプしているような演技をするレイプコースなどもあります。
イメクラとSMクラブがミックスしたような内容で、SMの要素にプラス職業やシチュエーションといったプレイ内容が加わるのが特徴です。
イメクラで働いたことがあればとっつきやすいかもしれませんが、SMプレイをしたくて入店した子には「ちょっと違う?」となるかもしれません。
いずれにしてもSMクラブで働く嬢にとっては、趣味ではなくあくまでも「お仕事」なので、純粋に自分の楽しみだけで働くことは難しいです。
S嬢M嬢のどちらにも、お金を払って来店されるお客様の希望をできるだけ叶えてあげよう、という奉仕の気持ちが大切になります。

お店選びで気をつけること

SMクラブに興味が出てきて働いてみたいと思ったら、お店を選ぶ際に、どのようなことに気をつけるべきでしょうか。
SMクラブに絞って求人を探し始めると、結構たくさんのクラブがあることに気が付きます。
普通のSMクラブからS専門、M専門、ハード専門、ソフト専門など、その道に特化したお店が増えてきています。
ソフトとハードの両方のコースがあるお店もありますが、あまりハードなプレイはできそうにない、と思った時は、ソフト専門のお店を選んだ方が良いかもしれません。
面接の際にどんなプレイはOKかを丁寧にヒアリングしてくれるお店がおすすめです。
男性向けのホームページに「初めてご来店の方は事前にどんなプレイがご希望かお伺いさせていただきます」「女の子によっては対応できないプレイもございます」といった注意書きがしてあるお店も、女の子を大事にしてくれる可能性が高いです。
きちんとしたお店なら、実際のプレイでハードなことを求めてきたお客様がいた場合も、後で報告すれば次回から接客NGといった配慮をしてもらえます。
お店によっては、浣腸やアナル開発など、スカトロ寄りのプレイをしているところもあります。
ハード系のプレイをしているお店では、コンドーム装着や器具の消毒、クリニック提携など、衛生面に気を遣っているお店を選ぶようにしましょう。
女王様の衣装や小道具など、モノによっては自分で準備をしなければならないお店もあります。
時給が高くても備品代がかさんでしばらくは割に合わなかった、ということがないよう、システムについてはしっかり確認することをお勧めします。

合わないと思ったら無理をしないこと

✕マークを出す女性

SMクラブでのお仕事は、誰にでもできる内容ではないぶん、働く人を選びます。
気軽なバイト感覚でもできるソフトSMもありますが、精神的なプレイが多いので、人によっては気持ちが不安定になってしまったり、落ち込んでしまうこともあります。
特にM嬢は言葉の暴力を受けたり、想像できないような性癖を持ったお客様に当たり、しばらくトラウマになる恐れもあります。
お仕事として割り切れる、またはどんな責めも喜んで受けることのできる真性M嬢でないかぎり、無理な要望に付き合い過ぎると心が壊れてしまいます。
S嬢についても、お客様とプレイしているうちに、自分の内面にあるサディスティックな一面が引き出されてしまってショックを受けることがあります。
他の風俗よりも対話やコミュニケーションが大事なSMプレイが精神面に及ぼす影響は大きいです。
どこかで客観的な視点を持って、冷静にプレイすることが大切です。
また、逆にSMプレイにハマってしまい、普通の性生活で満足できなくなってしまったり、変な性癖ができてしまったりする恐れもあります。
普通のお付き合いや結婚に支障がでてしまったり、日常生活でもM 的要素が出てしまうこともあるので、やはり無理は禁物です。
肉体的にハードなだけでなく、精神的な要素も強いSMの世界ですが、ソフトコースや自分の向き不向きによっては、楽しく高収入を得られるバイトでもあります。
ここまで読んでみて興味がある人は、一度求人に応募してみてはいかがでしょうか。

続けて読みたい記事

イチオシ高収入求人サイト

Qプリ

当サイトがイチオシのスカウト型求人サイトは「Qプリ」です。独自の保証システム「Qプリ保証」で体験入店をすると祝い金(1万円)面接交通費(2千円)を確実にゲット! これから高収入求人を探す人も、Qプリ保証を知らなかった人も一度使ってみよう!

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする