風俗エステのバイトは抜き有・無で給料に差がでますか?

風俗エステの求人を見ていると「脱がない・舐めない・触らせない」と書いてあるものをよく見かけます。
風俗なのに本当にそれで稼げるの?と不思議に思う人も多いことでしょう。
「脱がない」ではなく「抜かない」エステもあると聞きます。
風俗エステのバイト内容や抜き有り・抜きなしの給料の違い、相場などについて、詳しく調べてみました。

風俗エステとは

風俗エステとは、女の子が男性へローションやアロマオイル等を使ってマッサージをするサービスのことです。
そのサービス内容によって、メンズエステ、性感エステ、回春エステなど呼び方は様々です。
ハンドフィニッシュ、いわゆる手コキまでがサービスに含まれるお店と、ヌキなしの純粋なマッサージのみのお店があります。
いずれもお触りやフェラといったヘルス系のサービスはNGにしているお店が多いです。
風俗の中ではオナクラなどソフト系に分類される業種ですが、マッサージの時間があるので、見るだけでよいオナクラのバイトより、肉体的な負担は多くなります。
フェラと本番、タッチ以外は全て行う濃厚なサービスが売りのお店から、本格的なアロママッサージの研修を行う性的サービスNGのお店まで、様々な種類があります。
若くて可愛い女の子が、露出の高いコスチュームや下着を着けて、男性にマッサージを行う、といった感じです。

風俗系エステの仕事内容

風俗系エステの多くは無店舗型のデリヘル形式で、宿泊先へ向かったり、待ち合わせてホテルへ入ってサービスを行うスタイルです。
性的サービスのないメンズエステや洗体エステでは、店舗を構えているところもあります。
最初はアロマオイルやローションなどを使って、お客様の体をマッサージします。
オイルの代わりにパウダーやクリームを使うお店もあります。
体のマッサージは背中だけ、仰向けだけ、または両方など、コースによって様々で、抜きなしの本格的なエステでは、フェイシャルやかかとの角質取りといった、通常のエステのようなコースを設けているお店もあります。
性感エステや回春エステと呼ばれるお店では、前立腺マッサージや睾丸マッサージ、乳首、耳たぶ、首筋といった性感帯を刺激して、最近元気がなくなってきた男性に強い快感から勃起、射精まで導きます。
女の子の服装もトップレスやオールヌードなど際どいものになり、ディープキスや局部以外へのリップサービス、密着しての手コキや3点責め、向かい合わせでM字開脚してのハンドサービスなど、かなり濃厚なサービスを行います。

風俗エステの時給・日給・月給

気になる風俗系エステのバイトで得られるお給料は、大体時給で3,000円~8,000円、日給で35,000円前後になるようです。
日給35,000円で週4日働いた場合、月給は560,000円ほどになります。
他の風俗業と同じく、風俗系エステのバイトはそのほとんどが完全歩合制の日払です。
写真指名や本指名からのバック、男性客が支払うセット料金に対して、大体40%~60 %が女の子の取り分になるようです。
オールヌードやソフトタッチあり、手コキありといった濃厚サービスができる方が料金は高くなりますが、そういったサービスを行っても安い大衆店もあれば、ヌキなしでも高額な高級店もあります。
男性側が支払う料金の目安は、ヌキありの風俗系エステで60分16,000円~25,000、健全なメンズエステや洗体エステで10,000円~15,000円となります。
指名料も1,000円~5,000円と、お店によって開きがあります。

風俗系エステのメリット

風俗系エステのメリットは、何といってもソフト系のサービスでヘルス並みのお給料がもらえるところでしょう。
濃厚な性的サービスありのエステでもヘルスよりはソフトなので、がっつりの風俗が苦手な女の子でも入店しやすいというメリットがあります。
健全なエステの場合は、マッサージ研修などを受けて手に職をつけることもできますし、生理休暇を取る必要がないので、出勤日数も増やせます。
普段はデリヘルのバイトをして、生理の時は性感エステへ出勤している女の子もいるほどです。
王様気分で日々の疲れから解放され、癒しと快感を味わうためにエステを利用する男性がほとんどです。
裕福な人々やお店によっては有名人の利用も多く、気に入ってもらえるとリピーターになる確率も高くなります。
ソフトなサービスなので性感染症や病気のリスクが比較的低いところも、風俗系エステの小さなメリットかもしれません。

風俗系エステのデメリット

エステのデメリットとしては、本格的なお店の場合にマッサージの技術を学ぶため、研修に費やす時間が多くなるかもしれないところでしょうか。
研修や講習にかかる時間が大きいと、その間は1,000円前後の時給しかつかないことがあり、風俗系バイトの美味しさがなくなってしまいます。
オナクラにも言えることですが、ソフト系の風俗は面接で容姿を重要視されることが多いです。
エステレディも、年齢の若さや容姿の良さに対する基準は高くなります。
マッサージ経験者などで、技術の高さで指名してもらえることもありますが、未経験者にはハードルの高いものとなります。
マッサージや洗体は、初心者には意外と肉体労働です。
中には両腕が筋肉痛になって、毎日の出勤が難しくなる場合もあるほどで、その為1日に接客できる人数やバイトに入れる出勤日数が限られ、結果的にあまり稼げない、ということもあります。

エステのバイトで稼ぐコツを知りたい

エステのバイトでお給料をたくさんもらうためには、マッサージに耐えられる体力をつけておくことをお勧めします。
1日に接客できる人数が増えれば、必然的にお給料も増えていくし、それに加えて見た目に気を遣い、高級エステで働くことができれば、ヘルス並みの高収入を稼ぎ出すことも可能です。
お店によっては、オプション料金を多数設定しているところもあります。
オールヌードやトップレス、複数マッサージなど、NGプレイが少ない方がバック率も高くなるので、高収入に繋がります。
マッサージの際に「痛くないですか?」「くすぐったくないですか?」といった気遣いができることも大切です。
メンズエステには癒しを求めて来店するお客様が多いです。
添い寝や密着している間も、癒しのある会話や雰囲気づくりを心掛けることで、次の指名に繋がります。
手コキがなかったとしても、多くのお客様は鼠径部ぎりぎりまでのマッサージや事故的な接触、密着を期待しています。
あまり局部に触れないことに敏感にならず、かといって過剰なサービスにもならない、バランス感覚のようなものが大切です。
風俗エステにはスポーツ系や人妻系、女子大生系など、様々なコンセプトのお店があります、それぞれに主力の女の子キャラが違うので、もしも頑張っている割にあまり指名が増えない、と感じる場合は、思い切ってお店を変えてみるのもアリかもしれません。
指名が増えて人気が出れば、お店側も優先してお客様へ勧めてくれるので更に予約がつく、という良い循環が生まれます。

風俗系エステで気をつけること

風俗系エステの中には「非風俗です」「性的サービスは行っていません」とうたっていながら、実際にはヌキのサービスを行っているお店が多数存在します。
風俗の求人に掲載しているエステのバイトは、まず手コキありだと思っていた方が良いかもしれません。
また、知らずに入店してトラブルにならないよう、入店前に必ずそういったサービスがないかを確認するようにしましょう。
現在店舗型の風俗店は新規オープンすることができません。
そのため、性的サービスを提供する新規のお店はデリヘルのような無店舗型でオープンするしかなく、性感エステや回春エステが無店舗ではない場合、摘発を受ける恐れがあります。
もし店舗を構えているエステサロンで「風俗届出済」と説明があったら、そこではヘルスやソープと同等のサービスを行っていると考えた方が良いでしょう。
これは店舗型の風俗で、わざわざ客単価の低いソフト系の風俗をやっても、お店にとってメリットが少ないためです。
逆に、性的サービスを行わない健全なマッサージサロンであれば、新規オープンすることができます。
性的サービスとは、男性客を射精に導くサービスを提供しているかどうかがポイントになります。
「非風俗です」といいながらヌキありのサービスを行っている店舗型のエステは摘発のリスクがある、ということを覚えておきましょう。
無店舗型のエステなら性的サービスを行っても摘発を受けることはありませんが、エステといいながら実際はデリヘルとほとんど変わらないサービスを提供させているお店もあります。
「脱がない・舐めない・触らせない」で女の子の入店までのハードルを低く設定しておいて、うまくヘルスへ誘導するようなけしからんお店もあるようです。

エステのバイトに向いている人

風俗エステの中には怪しいお店もありますが、しっかりしたところならマッサージの技術を身に付けることができます。
意外とちゃんとした接客も身につくので、リラクゼーション系の業界で働くことを考えている女の子は、メンズエステや洗体セラピストに向いています。
男性は女の子にタッチできないので、視覚の楽しみを期待しています。
特にスタイルに自信のある人、肌のキレイな人もエステ向きです。
マッサージにある程度体力も使うので、適度に筋肉のあるメリハリボディの人はバリバリ稼ぐことができるでしょう。
メンズエステも性感エステも、来店客へ王様気分や癒しを与えるため、接客に気を遣っているお店が多いです。
人当たりよくにこやかに接するのはもちろん、敬語がしっかり使えることや一般常識、マナーを知っていることも必要になります。
人の喜ぶ顔を見るのが好きな、サービス精神旺盛な女の子もエステ向きです。

エリアで見るエステ料金の違い

メンズエステや性感エステなど、それぞれのジャンルで関東・関西の代表的なエステ店の料金をいくつかピックアップしてみました。

まず大阪の店舗型洗体エステA店は、基本コースが60分9,800円、80分13,800円、90分15,800円、以降10分刻みで2,000円ずつアップしていきます。
本指名料は1,000円、オプションメニューはコースに込みとなっています。

東京のメンズエステB店は基本コースが60分11,000円、90分は4,000円アップ、120分,は7,000円アップ、基本よりも密着度の高いロイヤルコースが90分19,000円120分は3,000円アップとなっています。
本指名料は1,000円、延長は30分ごとに5,000円です。

東京の人妻系リンパエステC店はハンドフィニッシュありのエステサロンで、料金は基本コースが60分12,000円、90分コース4,000円アップ、120分コース8,000円アップで、ソフトタッチもアリ、オプションでオールヌードが3,000円となっていました。
延長は30分5,000円、本指名料は1,000円です。

大阪の回春マッサージエステD店は、ハンドサービスと性感マッサージありで本指名料が2,000円、基本コースは60分11,000円、80分13,000円、100分16,000円、80分17,000円からの密着度の高いコースや、60分18,000円の手錠&目隠しイメプレコースなどもあり、他にも各種オプションを1,000~3,000円で揃えています。

ここで紹介したお店は東京も大阪もあまり価格に差はないようですが、東京都内にある回春エステでは70分28,000円、延長が30分ごとに15,000円という高級店もあります。
高級エステで働くためには、ヌキありサービスができることはもちろん、顔・スタイルも良く接客マナーにも優れている必要がありそうです。
ここまでの情報で、エステのバイトは抜きありか抜きなしかによって金額に差があるか、というと、あるにはあるが、そこまで大きな違いではないように見えます。
人妻など年代が上がれば濃厚サービスを安価で提供しているお店もあったり、健全なメンズエステでも、若くて容姿の良い女の子を集めていれば人妻系性感エステと同程度の価格だったりします。
同じレベルの女の子なら、ヌキなしよりもありの方がバックが多い、とはいえそうです。

風俗のバイトの中でもソフトなサービスで、お給料もしっかりもらえるエステのお仕事は、フェラや受け身が苦手な風俗初心者の女の子向けのバイトだといえます。
ただ、お仕事自体はマッサージの技術や、お客様に失礼がないよう気配りする姿勢など、まったくの未経験ではなかなかハードルの高い内容でもあります。
また、ソフトなサービス内容に比例して、若さや容姿が良いことも、高収入で採用される上で重要になってくるようです。
見た目にはそこそこ自信があるけど、風俗で働く勇気はなくて、キャバクラよりもまったりマンツーマンで働けるお給料の良いバイトを探している、という女の子にメンズエステはぴったりかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする