個人撮影のバイトは稼げるの?ギャラとエロ系のリスク高くない?

素人モデル」や「個人撮影」というお仕事をご存知でしょうか。
求人を見ると個人撮影会のモデル募集広告も増えているようです。
個人撮影のバイトって稼げるんでしょうか。
普通のモデルとどう違うのか?エロ系はどんなことをしてるのか、ギャラの違いなどについてみてみましょう。

個人撮影の仕事って?

個人撮影とは「個人撮影会」という、モデルとカメラマンがマンツーマンで行う撮影会に出演するモデルのお仕事のことで、「個撮」とも呼ばれます。
個人撮影は撮影用にレンタルしたスタジオや個室を利用して、基本は1対1で行いますが、モデル1名に複数、多い時は数十名のカメラマンが集まるケースもあります。
撮影会では、カメラマンのリクエストに応じて様々なポージングをします。
衣装についても事前にリクエストされる場合があります。
個人撮影の現場で詳細な指示が出るときもあれば、初心者との個人撮影だと、モデルの方からコミュニケーションを取りつつ進めていく場合もあります。
個人撮影会のモデルといっても、全身を撮影するものから手や足などのパーツモデルなど様々です。
衣装もコスプレや制服系から、水着など露出多めのものもあります。
全身撮影で露出が多くなるほど、ギャラは上がっていきます。

個人撮影の報酬相場

個人撮影の報酬ですが、相場があってないようなものも多く、素人モデルで事務所に所属していない場合、ほとんどギャラが発生しないようなものもあります。
モデルの方から撮影を依頼した場合、スタジオ代などの出費が出ることもあります。
カメラマンからの依頼なら、通常の衣装やパーツの撮影なら、大体時給1,000円~3,000円程度になります。
バイトとして個人撮影のモデルをしたい場合、事務所に所属して仕事をもらうか、優良な主催者の運営する撮影会に参加することでギャラが発生します。
このギャラについても、女の子のルックスや撮影内容によって金額は変わってきます。
例えば、水着での個人撮影で1回12,000円を参加者から取る場合、スタジオ代が2,000円ならそれを差し引いた10,000円を主催者とモデルで半分ずつの取り分、というシステムのバイトの場合、女の子が1回の撮影でもらえるギャラは5,000円、ということになります。
主催者のホームページ上に写真を掲載して、撮影希望の予約がつけば撮影に入る形なら、容姿が良く予約がたくさんつけばそれだけ稼げる可能性もありますし、露出の多い衣装での撮影なら、カメラマンから徴収する料金も高額になる分ギャラもアップしていきます。

エロ系の個人撮影とは

水着や下着など露出の多い衣装に加え、「エロ系」「着エロ」と呼ばれる、アダルトな要素の含まれるポーズや小道具、シチュエーションでの撮影になれば、金額は更に跳ね上がります。
エロ系は手ブラ、Tバッグなど過激な衣装やオナニーやフェラ、本番を連想させるようなポージングを要求されたりします。


エロ系の個人撮影会であっても、カメラマンがモデルに触ることはありません。
服装を直したり、小道具の位置を直したりするのに少し触れることはあるかもしれませんが、「お触り」的な行為は原則として禁止されています。
ポージングについても、どこまではOKでどこからがNGか、といったリクエストも聞いてもらえるので、どうしても嫌なポーズはしなくても大丈夫です。
人気モデルともなれば、時給換算で10,000円以上を稼ぐ人もいます。
また、カメラの静止画だけでなく、動画による撮影もOKにすれば、更にギャラはアップします。
静止画より動画、パーツより全身、露出少な目より多め、通常よりアダルト、といった感じでギャラは上がっていきます。
容姿が良い方が更にギャラが高くなるのは言うまでもありません。

フリーモデルのメリットとデメリット

個人撮影会に参加するモデルは「素人モデル」とされていますが、撮影会にモデルを派遣する事務所、いわゆるプロダクションに所属しているモデルもいれば、全くの個人で、フリーでモデルをしている女の子もいます。
通常は、フリーでモデルをしている女の子の事を「素人モデル」と呼びます。
素人モデルの女の子は、ネットの掲示板やSNSのコミュニティなどから撮影会のバイトを探すことになります。


自分のホームページやブログ、アカウントのプロフィールに写真を掲載していれば、主催者の方から依頼が舞い込むこともあります。
コスプレイヤーの場合は、この方法で撮影会のオファーが来ることも多いです。
事務所に所属しない分、仲介料を抜かれることがないのでギャラの割が良いというメリットがありますが、怪しい依頼者や悪徳な主催者に当たった場合、ギャラがもらえなかったり、悪くすると身の危険を感じるリスクもあります。
特に個室やスタジオでマンツーマンで撮影する場合は暴行事件に発展する場合もあるので注意が必要です。
個室での撮影会ではなく、屋外で複数人による撮影会であれば比較的安全ですが、その場合時給や日給は1,000円~2,000円やノーギャラの場合もあり、あまり高収入のバイトとはいえなくなってしまいます。

事務所所属モデルのメリットとデメリット

事務所所属のモデルは、フリーのモデルに比べると報酬は割安になりますが、危険な依頼者から守ってもらえるし、事務所が持っているパイプやコネを利用して、様々なバイトをコンスタントに紹介してもらえるというメリットもあります。
事務所がしっかりしていれば、そこでお仕事の実績を積み重ねていくことでTV番組のアシスタントや雑誌のグラビアといったお仕事をもらえる可能性もありますし、AV女優やセクシーモデルの道へ進むことも可能です。
ただ、しっかりした事務所に所属できれば良いですが、悪徳な事務所に関わってしまった場合、やりたくない仕事を強引にやらされたり、登録料や衣装代といった名目でお金を請求され、違法な契約書にサインして辞められないように脅されたりすることもあるので注意が必要です。

個人撮影モデルに向いている人

個人撮影のモデルに向いている人は、当然ながら容姿に自信がある人になります。
撮影に絶え得る程度のスタイルの良さや顔の美しさは大切ですが、実は本当のモデルのように完璧に美しくなくても大丈夫です。


個人撮影モデルには、男性カメラマンとのコミュニケーション能力がある人が向いています。
そこまで容姿に自信がなくても、人当たりが良かったり、優しく話しかけ、リクエストのポージングにも気前よく応えてあげられるサービス精神豊富な女の子が向いています。
明るい照明の下で様々なポーズを要求されるため、恥ずかしがらずに堂々と撮られる度胸は必要です。
撮影に使った写真や動画は個人で楽しむために使用するものとされていますが、ネット上で拡散するリスクが高いので、その辺の覚悟ができているかどうかもモデルのバイトをする上で重要なポイントです。
それ以外は、モデル経験の有無や学歴も不問なので、基本的には誰でもできるお仕事です。

個人撮影モデルに向いていない人

に個人撮影モデルに向いていない人は、自分の容姿に自信がなく、撮影されることが苦痛だったり、ストレスに感じたりする人です。
向いていないお仕事をバイトに選ぶと、その苦労からお給料に見合わないと感じてしまうでしょう。
楽しく働いて高収入を得られることが一番ですから、無理せず自分に合った仕事を見つけることも大切です。
前述のように、個人撮影会で撮影した静止画や動画は個人で楽しむためのものであっても、カメラマンが自分のホームページに掲載したり、知人にメールで送ったり、SNSで友達限定公開したつもりが全員公開になってしまったり、といったリスクはつきものです。
顔バレがどうしても嫌な人はモデルのバイトに応募するのは控えた方が良いでしょう。
また、将来モデルとして本格的に活動したいと考えている人にとって、個人撮影会は勉強と宣伝を兼ねた良いアルバイトになりますが、もし自分が今後有名になった時、過去の仕事が「お宝映像」として出回ってしまうこともあります。
未来で自分の足を引っ張ることのないように、参加する撮影会はそのお仕事が経歴として残っても構わないかどうか、慎重に選ぶことをお勧めします。

個人撮影会のリスク

個人撮影会のバイトは、モデルに向いている人には撮影されるだけで高収入になる割の良いバイトです。
その分女の子を狙う罠や悪徳業者も多く、犯罪に巻き込まれる危険性と隣り合わせでもあります。
具体的にどのような危険があるのかみてみましょう。
フリーの素人モデルは、募集掲示板などに掲載されている個人撮影会の募集案内から連絡を取ったり、主催団体が運営するコミュニティからコンタクトを取ったりしてお仕事を取ることが多くなります。
当日は初対面の男性と2人で個室に入り、指定されたコスチュームで撮影が開始されます。
撮影しているうちに、カメラマンからのリクエストが徐々にエスカレートして、着衣での撮影のはずがヌードを要求されたり、かなり際どい衣装を着るように指示されたりすることがあります。


しかも断ると逆ギレや、ギャラを払わないといって脅されることもあります。
そればかりか、契約違反だからスタジオ代を払え、と言われることもあります。
1度目の撮影では優しく大人しかった男性が、2回3回と個人撮影の回を重ねるごとに強引になってきたり、「〇〇ちゃんはいい仕事するから次回はギャラを上げさせてください」と言って呼び出しヌードを要求する、なんてケースもあります。
個室でのやり取りなので、女の子は男性を怒らせたくなくて要求に応じてしまい後で後悔する、というパターンは結構あります。
他に「素人ハメ撮り撮影会募集」といった求人を時々見かけます。
ホテルなどの個室で、個人で楽しむためにハメ撮りをさせてくれるモデルを募集する内容ものが多いです。
ギャラが5万~8万など破格の事が多く、1度だけならとつい手が出そうになりますが、酷い場合ハメ撮りされた上代金も支払われず、その際に撮影した動画をネタに延々と脅迫される、といった犯罪に巻き込まれる可能性もないとはいえません。

個人撮影のリスクを回避するには

フリーでモデルをしている場合、相談や仲介に入ってくれるところがなく、相手の素性がわからなければ警察に相談しても真剣に捜査してくれない場合もあります。
モデルの仕事を続けるなら、しっかりした事務所へ所属するのがお勧めですが、素人モデルとして個人撮影のバイトを探す際に、どんなことに気をつけたらよいでしょうか。
まずコンタクトを取る段階で、自分はタッチや際どい衣装は着られない、ヌードには応じられない、ということを明確に伝えておくことが大切です。
カメコ(カメラマン)の中には、過去の素人モデルとの撮影会でタッチやヌードがOKだった経験があり、「どの子でも大丈夫なのか」と勘違いしているケースもあるからです。
最初に「私ヌードやタッチはNGなんですよ。
それでも大丈夫ですか?」と断っておくことで、よほど悪質でなければトラブルを回避しやすくなります。
可能ならカメコの身分証明書などを見せてもらうなど、いざという時に身元がたどれる情報を入手しておくことも、トラブル回避に役立ちます。
男性の中には、撮影と関係ない用事で何度もしつこく連絡してきたり、デートに誘って来るする人もいます。
できれば個人撮影で連絡を取る際のスマートフォンは私用で使うものとは分け、いざとなったらアカウントを削除したり、解約できるようにしておいた方が良いでしょう。
こういった対策が難しいなら、モデル事務所に所属するのが一番手っ取り早いです。
事務所が仲介に入り、事務所が紹介したバイトへ行けば済むので、男性から身を守ることに対してそこまで神経質にならなくて済みます。
事務所が抜く仲介手数料は、そういった仕事を選ぶための手間賃だと考えれば、案外安いものかもしれません。

信用できる事務所を選ぶために

個人撮影会のバイトを安全に行うためには、モデル事務所へ所属するのがおすすめです。
ただ、事務所の中にも登録料を請求したり、仕事内容を偽って紹介したりするような悪質な事務所が存在します。
そういった事務所へうっかり登録することのないように、信用できる事務所かどうか見極める方法もみていきましょう。
まず、そこのモデル事務所のホームページを見てしっかりしているか、所属モデルに有名な人がいるかどうかをチェックしましょう。
ちゃんとした事務所なら会社概要を掲載していますから、設立年月日や事務所所在地なども確認します。
次に、そこの事務所の評判や口コミについて、悪い情報が出ていないかも確認しましょう。
悪い情報がなくても、そこの事務所の名前が一切情報として出てこない場合や、良い情報しか出てこない場合も要注意です。
対応が悪くあまり仕事を紹介してくれない」「ギャラは少ないけど仕事は常にある」など、良いことも悪いことも書いてある口コミを探しましょう。

悪徳事務所の例

実際に面接に行った際も「おかしい」と感じたら、個人情報を残さずに帰る勇気も必要です。
悪徳事務所の中には、法外な登録料や入会料を請求するところもあります。
まず最初に支払いが発生する、といわれるプロダクションには絶対に入らないようにしましょう。
また「このアイテムを購入すると高収入のCMに出られる」「この仕事をするためにこの衣装を買う必要がある」などといって、高価な商品や着物、毛皮などを購入させようとする事務所もあります。
こういった場合も毅然と断ることが大切です。
また、事務所へ登録する際に無料であっても、契約書の内容が違法だったりします。
撮影モデルとしての契約のはずが、AV出演やアダルトな内容の仕事を承諾する旨の記載が入っていたりして、記名捺印させた後にそういった仕事を強要し、断ると契約違反だと言って違約金を請求したりする手口もあります。
18歳未満や高校生、中学生だと知っていてアダルトな仕事を紹介しようとする事務所もお勧めしません。


しっかりした事務所は摘発を恐れるため、法律に違反する行為を厳しく禁止しています。
違法行為をOKにしている事務所は、それだけで健全ではない証拠です。
そういった悪徳事務所は、LINEやtwitterなどのアカウントからメッセージで呼びかけてきて、自撮り画像を誉めてモデルに勧誘してきたりします。
明らかに自分が学生だとわかるアカウントに勧誘のメッセージを送ってくる事務所にも、安易に入らないようにしましょう。
個人撮影会のモデルは上手に利用すれば高収入のバイトにもなり、今後モデルとして活動していくにあたり、ポージングなどの勉強にもなるおいしいバイトですが、事件や犯罪と隣り合わせの少し危険なバイトでもあり、自分の画像や動画がネットで世界中に拡散する可能性について、ある程度の覚悟も必要です。
それをふまえて、素人モデルとして好きな衣装でカメラを向けられる楽しみのために働くか、事務所に所属して高収入のお仕事として割り切ってこなしていくかを決めると良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする