ライブチャットで待機が多くなった場合に見直すべきポイント

ライブチャットと言うのは稼げる仕事として紹介されていることが多いです。

実際、一度お客さんを掴むことが出来れば1ヶ月にたくさんの収入を得ることが出来るのは間違いありません。

ですが、時にライブチャットで待機が多くなったなと感じる瞬間も訪れるはずです。

この場合にはどのような点を見直すべきなのでしょう。

ライブチャットのシステムを知る

まずは、ライブチャットについて知ることから始めましょう。

チャットレディとして働けるライブチャットは、カメラつきのスマホがあれば出来るバイトとして人気があります。

ライブチャットは2004年頃から始まったものなのですが、当初はネット上のキャバクラと呼ばれることも多かったのです。

そして、次第に名前が知れてくると男性客が増えて、アダルトチャットも盛り上がるようになったのです。

ライブチャット

参加資格は?

ライブチャットに参加したいというのならば、まずはパソコン、Webカメラ、そしてマイクとネット環境があればOKです。

チャットレディとして働くのであれば、Webカメラを貸し出ししてくれるところもあります。

ちなみに、ネットの回線速度ですがそこまで速くなくても大丈夫です。

早ければそれだけパフォーマンスが上がると思っておくといいでしょう。

パソコンについても性能が高ければいい映像を見せることもできます。

これは完全に好みの世界ですが、予算が許すのならば、後々の稼ぎを考えて、良い環境を作ってあげるというのも一つの手です。

ライブチャットで待機が多くなった

ライブチャットをしていて、最初のうちは好評だったのに、今では待機ばかりだとなったとき、どのような点を見直すことが求められるのでしょうか。

待機画面そのもの

待機が増えてしまう理由には色々な要因があると思いますが、そもそも待機中ばかりである理由としては、待機画面そのものに問題があると考えられる場合もあります。

待機中の画面を見て男性はチャットをしようかどうかを決めるわけです。

もしもその待機中の女の子が明らかにだるそう、適当っぽいとしたらどうでしょうか。

適当な女の子と会話をしたいと思う男性は少ないかと思われます。

それよりも、待機しているときでもちゃんとした服装にすることで、印象を良くすることが出来るというわけです。

ちなみに、注意しておきたいことは、禁止行為をしないということです。

禁止行為をしてしまうと、せっかく稼いだ報酬が減らされてしまうこともありますし、没収や強制的に退会させられてしまうこともありますから絶対的な注意は必要となります。

こうなると再登録が出来なくなる可能性が大きくなりますから注意しなければなりません。

色合いは適切か

チャットをしている画面ですが、色合いはどうなっているでしょうか。

もしも薄暗いようであれば、すぐにでも調整してあげる必要があるかと思われます。

ライブチャットをする画面についてですが、男性からしたら、薄暗い画面で女の子の顔が良く見えない、表情も分かりにくいと、せっかくのカメラの画像が意味を成さないと思ってしまうのです。

そうなると、別にライブチャットでなくてもいいですし、それよりも安いサービスに行かれてしまうかもしれません

もちろん、アダルトな演出をしているという方もいるかもしれませんが、そっちの方から見ても逆効果です。

女の子のエッチなところを期待しているのに、それが見えない、まるでAVのモザイクのようだとなると、それこそ安価なAVの方がマシだと思われてしまうのです。

ごみや脱いだままの服が無いか

大事なポイントとして、ごみや脱いだままの服が無いかどうかという点があります。

明らかにこれは汚い女性を演出してしまいますよね。

ありのままの姿を出す!と言いたいのかもしれませんが、だらしない女の子だなというのが前に来てしまい、どんなに魅力的だとしてもお客さんは減ってしまいます。

きれいにするだけでもお客さんが倍増する可能性があったとしてもです。

少なくとも待機時間が少しは増えてしまう要因になります。

やはり男性は女性に対して清潔感を求めるものなのです。

生活感が出すぎていないか

ライブチャットは、ライブという名が付くだけあって、生活感があることが大事だとも言われます。

お客さんから見たときに、少しでもリアルさを感じることが出来るというのは大事な要因でもあるのです。

しかし、あまりにもリアルさが出すぎてしまっていると反対に引かれてしまうこともあります。

例えば、食べたばかりの食事の食器が残っていたりするのもNGです。

そもそも部屋そのものが物で溢れている、そしてごちゃごちゃとしているというのは圧倒的にまずいです。

待機画面を見たとき、もしもそのような状況としたとき、仮に自分が男性だとしたら、そんな女性と話しをしてみたいかと思うかどうかです。

恐らく思わないでしょう。

どこかしら圧迫感は無いか

これは割と大事なところです。

壁がすぐ後ろにあったりするような待機画面の場合、どこかしら圧迫感を感じることもあるでしょう。

圧迫感を感じる人と会話をしていて果たして楽しいでしょうか。

恐らくは楽しくは無いかと思います。

ですから、部屋の後ろは広々としたスペースを取るようにしたいものです。

大体、ライブチャットをする部屋のスペースは出来るだけ広い方が印象的にも良いのです。

あまりにも広いと反対に殺風景過ぎてしまいますから、適度な広さを取ることを心がけましょう。

パソコンは常に軽く

パソコンは常に軽くしておきましょう。

そもそも、パソコンのスペック自体はそこまで重要ではありませんが、最低限使えるスペック、そして使用中には動作に余裕を持たせることを考えることは大切となるのです。

というのも、パソコンが重たいと、チャットをすることにも影響が出てきます。

急に画面が止まることもあり得ますし、せっかくのお客さんとのトークも途中で切断されてしまうことだってあり得るのです。

そうなると、お金を払ってきてくれているお客さんからしたら印象は最悪になってしまいますし、またきてくれる可能性も低くなってしまいます。

これは回線速度に対しても同じことは言えますが、他が出来ていてもこれだけで無意味になってしまうことがありますから、とても勿体無いわけです。

ライブチャットで見直しをしたい項目

カメラや環境以外にももちろんライブチャットにおいて待機画面が多くなったことに対する見直しをすべき項目というのはあります。

化粧や衣装

化粧や衣装についてはどのようになっているでしょう。

最初の方はそれはもう気合も入っていたことだと思いますが、常連客が増えると共に適当になってしまっていたということは無いでしょうか。

カメラの向こうにいるのは、本当に存在している男性たちです。

そして、女性と話をするためにお金を払っているのです。

つまり、そのお金に対して価値を見出そうとするわけです。

でも、それだけの価値が見た目からは感じることが出来ないとなったらどうでしょう。

一気にお客さんが減ることも十分に考えられるわけです。

女性としての身だしなみをサボっていないか、一度チェックしてみるといいでしょう。

化粧効果

プロフィール作り

ライブチャットをする前には、男性は待機画面以外にもプロフィールを見ることが多いです。

どんな女性かを知っておきたいものですから。

出会い系サイトを利用するときでもそうなのですが、このプロフィールというのは本当に大事です。

何も知らない相手を知ることが出来る唯一のものですから。

新規のお客さんなんかは、これを見て選ぶことも多いわけです。

お客さんを増やすことに対して苦労をした後、待機時間が増えてしまったという場合は早急にプロフィールを見直したほうがいいでしょう。

会話やパフォーマンス力

お客さんが減ってしまうことの理由として、面白くないことが考えられます。

これは、会話に加えてパフォーマンス力が足りないと言うことです。

ライブチャットをするチャットガールというのは、ある意味ではお金を払っている男性から見たときには、お客さんを満足させることが出来るだけのトーク、そしてパフォーマンスが求められるのです。

通常のライブチャットであれば、会話の面白さがまず求められると思いますし、アダルトの方面であれば、徐々に脱いでいく、エッチなことをするなどのパフォーマンス面などが絶対に求められると思います。

しかし、払っているお金の割に全く刺激的でもないし面白くも無いとなったら、やはりお客さんは減ってしまうと思います。

企画力

良くあるパターンですが、せっかくライブチャットをしているのに、とにかく話にも何に対しても企画性が感じられない女性がいます。

普通に話をするだけでもいい女性というもの確かにいるのですが、根本的に男性が求めるのは癒しです。

また、楽しさも当然求めるわけですが、全く意味の無い話をされたり、口数も少ない、何をしているのか分からないというのであればどうでしょうか。

仮にめちゃくちゃかわいい子だったとしても、ライブチャットをしてお金を払うまでは行かないと思われます。

お金を払ってきてくれているお客さんを楽しませる、癒すと言ったことを真剣に考えるべきです。

まとめ

ライブチャットにおいて、待機が増えてしまったこと、それを他の女性が増えてきたからということにする方もいるかもしれません。

ですが、それは周りのせいではなくて明らかに自分に問題があるのです。

この問題についてはこのサイトにまとめたものからチェックをしてみるといいかと思われます。

もちろん、他にも問題はあるかもしれませんが、最低限これらの項目を見直してみるだけでも変わるところはあるかと思われます。

もしもどうしようもないと思ったときは、同じようにライブチャットをやっている人、あるいは自分が所属しているところのサポートに相談をしてみるのも一つの手です。

待機時間というのは、本当に収入にならないものですから、できる限りは稼げるようになったおきたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする