メンヘラすらも持ち味にできる!ライブチャットの女性バイト

ライブチャットをしている女の子と言うのは、意外とメンヘラと呼ばれる女の子の割合が高いといわれています。

では、そもそも、メンヘラとはどういった意味があるのか、メンヘラと呼ばれる女の子の割合が高いのはどうしてなのかということについて紹介していきます。

メンヘラって何だろう

メンヘラというのは、そもそもはネットスラングです。

2ちゃんねると呼ばれる掲示板にいるような心の病気をわずらっている人のことを指しています。

メンヘラの起源としては、2ちゃんねるのメンタルヘルス板にいるような人間のことをメンヘラーと呼ぶようになり、それがメンヘラと呼ばれるようになったということです。

しばしばヤンデレと比較されることがありますが、愛情の向き方や相手への依存の仕方などの違いがあるとされています。

ライブチャット

ヤンデレとの比較について

メンヘラとヤンデレの違いというのは、少し触れましたが、相手への愛情の向き方、そして依存の仕方について違いがあると言われています。

メンヘラの場合は、誰かに愛情を向けて欲しい、そんな自分が大好きだと言いますが、ヤンデレの場合は特定の誰かが好きだ、他はどうだっていいとなります。

メンヘラは誰かに振り向いて欲しいがために、かまってちゃんになる行為があり、ヤンデレは愛している特定の人に対して尽くすという行為がベースにはあります。

メンヘラは自分の存在が否定されるのは怖いけども、自分以外の存在はどうでもいい、ヤンデレは愛している人にそっぽは向かれたくないけども、それ以外の人に対してはどうでもいいという感じです。

まとめると、メンヘラは愛してくれないなら死んでやる、ヤンデレは愛してくれないなら邪魔する人を殺すという感じです。

精神的な部分からの視点

そもそもメンヘラというのは医学用語ではありません。

それでも、この言葉が世の中に浸透したことによって、自称メンヘラと呼ばれる精神科外来の人が増えていると言われています。

このメンヘラというのは、言ってみれば医学的な観点から見るとパーソナリティ障害と呼ばれるものとされています。

言ってみれば人格障害と呼ばれるものなのです。

ただ、人格と言う部分があり、メンヘラと呼ばれる人たちの特徴が一般概念とは少しずれているだけなのです。

そもそも、精神的な観点で見たときにパーソナリティ障害と呼ばれているだけであり、それ以外の中身とは普通であることが多いのです。

メンヘラは個性?

メンヘラは病気だと言われる側面がある中で、別の方面では個性と捉えることも出来ます。

パーソナリティ障害というのがメンヘラということですが、そもそもこれを障害と決め付けるのはいささか早いと思われます。

このメンヘラの人の持っているパーソナリティが、他の人と少しだけ違っているだけとも取れます。

とにかく最初から否定するようなものではないのです。

メンヘラというのは、しばしば否定的な言葉として使われることが多いですが、それをちょっとした個性として捉えることが出来るならば、それは素晴らしいことだと思います。

ライブチャットにはメンヘラが多い?

メンヘラについて紹介しましたが、それではライブチャットにメンヘラが多いのか。

もしもそうであれば理由というものについて考えてみましょう。

女の子がライブチャットをする理由

女の子はどうしてライブチャットをするのでしょうか。

この理由についてまず考えてみましょう。

ずばり多くの女の子はお金が欲しいからやっているというところがあると思います。

何せ歩合制ではありますが、いったん軌道に乗りさえすれば大きく稼ぐことが出来る可能性があるのがライブチャットです。

固定客を掴むことが出来さえすれば、ライブチャットを続けることが出来る期間中はそれなりに安定が期待出来ます。

また、初期投資の費用もかかりませんし、パソコンやスマホがあれば簡単に登録をして始めることが出来る手軽さもあります。

自分で好きな時に好きなだけ働くというスタイルも魅力の一つなのです。

月の収入はそれこそ副業としては十分な額を稼ぐことが出来ますし、頑張れば本業以上に稼ぐ事だって夢ではないでしょう。

こうした金銭的な魅力があるからこそ、女の子はライブチャットをしているわけです。

目立ちたいという願望

ライブチャットというのは、2ショットでのチャット、あるいは多人数と話すスタイルのチャットの2種類があります。

いずれにしても、不特定多数の男性とのコミュニケーションを取ることになります。

これは、メンヘラの子の特徴でもある誰かの愛情が欲しいという願望を満たすのには最適なのです。

もちろん、モニターの向こうの文字を見てということにはなりますが、一人でも多くの人に自分を見てもらいたい、そんな自分が大好きという部分での願望を満たすことが出来るわけです。

性格的に引っ込み思案で、人前に出ることなんてとても出来ないけど、ライブチャットならば知らない人ばかりだから気軽に人と触れ合うことが出来るというのもメンヘラの女の子がライブチャットに多い一つの理由だと言えるでしょう。

メンヘラの子はかまってちゃん

メンヘラの子の特徴として、かまってちゃんの行動がベースになるというのがあります。

ライブチャットは、女の子と話をしたいという男性が集まるという部分もありますが、働いている女の子の特徴としても、お金を稼ぎたいというところ以外にもかまって欲しいという気持ちが心理に働いていると思われるところがあります。

しかも、特定の誰かというわけではなく、誰でもいいという部分にしても、メンヘラの特徴と合致しているところがあります。

見て欲しいから自分をかわいく演じる、時にはエッチなことだってする、というのは稼ぐため以外にもこのような心理が働いている部分も少なからずあると言えるのです。

かまってちゃん

そっぽを向かれたくない

ライブチャットをすることによって、余程のことが無ければ毎日待機中ということもありませんし、少なくとも誰かの注目を集めることは難しいことではありません。

要するに、自分の存在が常に肯定されるということになります。

メンヘラの子の特徴として、自分の存在は絶対に否定されたくないというものがあります。

例えば実生活では嫌われていたとしても、ライブチャットの中ならば、皆から注目されることにより、そっぽを向かれることもありませんから、否定されることもありません。

そう言った意味での欲求を満たすことが出来るわけです。

相手にされないというのは普通に考えてみても辛いものですが、メンヘラの子はその感情が特に強い傾向があるのです。

だからこそ、人々に注目されるようなライブチャットを選ぶわけです。

全部の女の子がメンヘラではない

ちなみに、勘違いしてはいけないのが、ライブチャットにいる女の子が全てメンヘラなのかということです。

当然ですが、これは全てがそうではありません。

もちろん、メンヘラの女の子が駄目ということはありませんし、個性という面では否定することも出来ません。

中身としては本当に普通の女の子ばかりだと言えるのです。

ちょっと変わったところがあるかもしれませんが、それ以外は別に普通の女の子と何も変わりません。

楽しく利用しよう

ライブチャットにはメンヘラの女の子が多いというのは事実だと思います。

誰かに見られたい、認められたい、かまって欲しいという願望はもちろんあるため、それに近い行動をするのは当然のことです。

ただ、これはライブチャットと言う空間において、自分を満たしたいという気持ちが現れているだけであり、特別何かに対して害を及ぼすというものではありません。

ですから、もしもそう言った感じの女の子とライブチャットをする機会があったなら、その辺はあまり意識せずに楽しく利用するといいでしょう。

実はヤンデレも多い?

メンヘラの女の子もそうなのですが、何気にライブチャットにはヤンデレの女の子も多いのではないでしょうか。

そもそも、ヤンデレとメンヘラは異なる特徴を持っていますが、全く異なるものというわけではありません。

どこかしら似ているところがありますから、否定は出来ないと言えます。

特定の誰かを愛する

ライブチャットと言えども、出会いの場所であることに何ら変わりはありません。

そういう意味で、特定の愛する誰かを見つけたい、そしてそんな自分を好きでいたい、という欲求を満たすことが出来るところだと言えるのです。

お金目的というのは当然あるというのは紹介していますが、やはりこうした精神的な心理欲求を満たしたいという気持ちを持ってライブチャットを利用する女の子は珍しくは無いといえるかもしれません。

特定の誰かに尽くしたい

ライブチャットをやっていると、当然誰かお気に入りの人、あるいは気に入ってくれる人が出てくるはずです。

こうなったとき、ヤンデレの子の場合はその特定の人に尽くしたいという欲求が出てきます。

もしもリアルな世界において、そういう人が居ない場合には、それを求めてライブチャットを利用するということになるわけです。

チャットで誰かと話をして満足してもらう、エッチなことをして喜んでもらうというのは、ヤンデレの精神的な欲求を満たすことにおいて最適な行為というわけです。

自分を見て欲しい

メンヘラの女の子と少し似ている部分ですが、こちらは愛している人にそっぽを向かれたくないという感じになります。

愛している人に対して常に注目され続けたい、ライブチャットではそういう人が一度見つかれば、常に注目してもらうことが出来る可能性もあるわけです。

そういう意味でやはり最適な場所だと言えそうです。

まとめ

メンヘラとライブチャットとの関連はこのような感じとなっています。

ひとつ理解しておいて欲しいのは、メンヘラというのは決して悪い意味ということではないというものです。

あくまでもネットスラングであり、病気という意味ではありません。

ですから、ライブチャットが危険ということもありませんから、気軽に楽しんで欲しいと思いますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする